So-net無料ブログ作成

プチ・ウナギチャレンジ 其の一 1時間もしないで撤収! [ウナギ釣り編]

土曜日の夕方、女房とふたりでイトーヨーカドーの久喜店に用事があって行ってきて、その帰り、女房から、上州屋あったら寄って。抽選券あるからやってくる!。と、以前買い物した際にもらってきていた上州屋の抽選券を女房が持っててくれていて、今から抽選だけやってくるから寄ってと言われ、

それで、すぐ近くに店舗があったからそこに立ち寄り、駐車場の車の中で待っていたら、なんと、あっという間に500円券当てて戻ってきてくれて、ハイ、と手渡されて、、、

おお!、やるじゃん!、って。(笑)

で、すぐにピン!、と思いついて、さっそく女房から手渡されたばかりの上州屋500円券を手にして、今度は自分が上州屋の店内に入って行って、さっそく、プラス166円を加えて、

IMGP2004.JPG

これをひと箱買ってきて!。(笑)


で、そんなひと幕、いちシーンがあって、ひょんなことから予てからのウナギ釣りに行ける状況、機会と急きょなったので、ならばと、いったん家に戻り、ウナギ釣り用の竿やら仕掛けやらをさっそく車に放り込み、いつもMチューンフロッグでのナマズ釣りやっている近くの小河川のとあるポイントに向かい、人生初のウナギ釣りチャレンジへ!。(笑)


すぐ現地に着き、とりあえず、ドバミミズ(15cmほどのサイズのやつ)の1匹掛けで、ぶっこみ仕掛けで小川の流れの真ん中にアンダーキャストで投げ入れて、こんな感じで置き竿にして、竿先に鈴もつけてセットしてみて、釣りを始めてみてね、

IMGP1994.JPG

まあ、初めてのウナギ釣り、まったく感じが分からないので100%手探り状態、とりあえず、薄暗くなり始めた小川に向かって始めてみたって感じだったんだけれど、

なんと、投げ入れたドバミミズの一点掛けのぶっこみ仕掛け、すぐさま一投目からなにやら鈴がチリンチリンと鳴って、水中で何かがドバミミズに反応している様子で、そのうち、タイミングを計っているうちに竿先がグイッと持っていかれたので、ここぞとばかりにすかさずあわせを入れてみたら、

次の瞬間、投げ竿がバットから弧を描いてギュン!っと曲がり、

えっ?、えっ??、これが、うなぎ??、まさか一投目からかば焼きサイズのごん太うなぎがかかったの??、でも、これ、いくらなんでも、うなぎじゃあないよね????!!、うなぎってこんなに引くかい????、って感じで、いきなりの超大物の魚の引きが!。

とにかく、リールを巻いて、ゆっくりゆっくり、流れも結構強いところなので、慎重に寄せてみて、、、


IMGP1997.JPG

IMGP1998.JPG

ようやく足もとまで引っ張ってきて、かかった得体のしれない魚を水面にまで上げてきて、ヘッドライトで照らして、その正体を確認しようと試みてみてみたら、

お!、ナマズか??、マナマズか?、いきなりマナマズ釣れて来たのか?、まあ、ふだん、Mチューンフロッグでナマズ釣っているところだから、ドバミミズでもそりゃあ、釣れてくることもあるよなぁ、って、

そんな思考もめぐらしながら、なお、寄せに入って、針に喰らいついている魚、50cmは優に超えているサイズのサカナをさらに目を凝らして見てみたんだけれど、

IMGP1999.JPG


げげっ!!、シルエットが違うじゃん!!!、こいつ、マナマズじゃあないじゃん、アメリカナマズじゃん!!!!、って。


とりあえず、タモも持っていなかったので、ゆっくりと約2mの高さを抜きあげて、取り込み、

IMGP2001.JPG

やっぱりどこをどう見てみても、アメリカナマズ・・・、おまえたちはここにまでも侵出してたのか、なんてこった、って、速攻の結末に。

IMGP2003.JPG


ウナギチャレンジ、初チャレンジ釣行は、こうして、まったく想定もしていなかった魚が一発目から釣れて来てしまって、強制的にチャレンジ終了&撤収となったのでありました。

ウナギの釣れる、ウナギの狙えるポイントは、いったいどこであれば、平穏無事に、ゆったりと、穏やかな雰囲気のなかでチャレンジできるのか、または臨むことができるのか、

ウナギ釣りをこれからもチャレンジしていこうとする中で、このアメリカナマズたちとの遭遇をしないで済むポイント、河川、水路はいったいどこであればいいのかと、いきなりとてつもなく大きく、またきわめて困難が予想される“超現実的課題・難題”に直面してしまった感の、ウナギ初チャレンジとなってしまったのでありました!。(泣)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(追記) ウナギチャレンジ、次への課題。

●エサのドバミミズの入手方法の検討。いちいち666円も払って買っていたのではゼンゼン機能的、経済的ではないので。ネットでいろいろ情報アップされているのを参考に、入手方法を早急に検討しないとね。

●もう一つは、アメリカナマズのいないポイント、河川、水路の選定、そこでのウナギ釣り。まあ、これはいろいろと自らでの実践検証あるのみかな、ってね。

それにしても、アメリカナマズの生息域の急拡大、これはホントに脅威だと思うよ、生態系にとっても、釣り人にとってもね。





にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。