So-net無料ブログ作成

片道2時間通勤での、ひとつの恩恵、かな! [日々のいろいろ]

005.JPG


ってね、タイトルに掲げたようなことがなーんにも無かったりしたら、たぶん耐えられないだろうけれどね、

スタートする前、ひそかに期待していたとおりに、片道2時間の毎日の通勤時に、その大部分を占める東京上野ラインでの電車内で、イイ意味での活字中毒症状の復活!、

この4月からスタートしたこの通勤の時間を利用して、読書の習慣が完全復活、自身の日常にふたたび蘇ってきてくれて、

とりあえず、読みやすいこの作者の本ばかりの現状ではありますが、今7冊目、めくったページ数で言えば2,682ページ分、もう通勤時の電車内で、活字がないと耐えられないヒトになっておりますです、ハイ。(笑)


ただ、すべてを脳天気に良かったよかった!、って言っていられるような場合でないときも一瞬今までにあったりもしてね、

ちょうど朝の通勤時に、椅子に座れてこの本、『人魚の眠る家』を読んでいたときにね、430ページから440ページあたり、東京駅を過ぎて新橋駅に向かうあたり、目の前に大勢の人たちが立っているそのところで、にわかに涙腺が緩みかけ、目に涙をうっすら溜めかけて、へたをすればそのうちの一滴を落としかけそうになったのを必死で堪えて、人の目につかないようにして、そしてこれ以上、今、感情移入しないように四苦八苦したときもあったりもしてね、

へたをすれば、通勤時に無心になって本を読むのも、読み進むうちにこんな事態になりかねないリスクもあるということをこの時あらためて悟り、こりゃあ、時と場合によっては醜態をきたすわ、って、思ったりしたりもして。これは要注意だなってね。(笑)


まあ、いろいろと、これからもなにかしらありそうだけれども、

でも、ひとつ、通勤時での読書の習慣がまたこの身に戻ってくれて、戻ることができて、毎日片道2時間の通勤はかったるいといえばかったるいけれど、ひとつ恩恵といえるものも早々にあったから、これはこれで良かったかなって、そう思うのでありました。(笑)





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。