So-net無料ブログ作成
-| 2011年08月 |2011年09月 ブログトップ

ラバーチューンアップ、早くも企画倒れか!? [ナマズ釣行記]

P1040289.JPG

少し早くに帰宅できた先ほど、夜の9時30分に塾帰りの娘を駅まで迎えに行くことになったのをいいことに、ちょうど駅方向の途中にあるいつもの川へ寄り道して、先日試作してみた“ラバーチューンアップ”のキャタピーを試してきてみた。

塾帰りの娘を駅まで迎えに行ったのがそもそもの目的だったので、あくまでも時間にしてみればほんの30分ほどの“ついで釣り”。(って、なんか言い訳めいてきたぞ!)

結局、期待の“チューンアップルアー”はその真価を発揮してくれることもなく、その秘めた可能性を感じさせてくれることもなく、一度だけ子ナマズらしきバイトがあっただけで、お約束の時間までにはゼッタイに駅まで向かわなければならない事情(!)もあり時間切れ終了。

でも短い時間だったとはいえ、なんだかんだ言ってルアーを引いてカバーした距離はしめて200mくらいはあったと思うのだが、しかしその水面下の範囲には今日はナマズはお留守だったというのか。(そ、そんな訳ある?!)

ま、まさか、親愛なるナマズを想ってこその“ラバーチューンアップ”だったはずなのに、実際は“完全逆効果”のもしかして暗闇の水面下では一目散に逃げ散るナマズたちだったのか?、あるいは完全無関心、ピクリともしなかったナマズたちだったのか?。

うーん、なにやら複雑な人間社会の現実・厳しさをも感じさせるような、この日のファーストアタックの手ごたえの無さ。

ラバーチューンアップ・コンセプト”、早くも企画倒れか!?(笑)。

 にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ラバーチューンアップの効果はいかに? [ナマズに関連]

ワンキャストで暗闇に潜むナマズたちの本能に火をつけるようなメソッドの発見。今シーズン、ナマズ釣りをしていくなかで意識している目的のひとつ。いろいろと試していって、これだというものをひとつでも見出したい・・・。

今使っているルアーでのアプローチでもナマズが居ればなにかしらのアタックがあり、うまくいけばフッキングできてキャッチまでもっていくことは少しはできるようになってきたと思えるけれど、それはそれで楽しくなってきた一つの要素ではあるけれど、さらにぜひ追求したいと思っていることは、ナマズの本能に火がついて猛然とアタックしてくるように仕向けられるそんなメソッドの発見・創造。

なぜこんなことを意識しているかというと、ナマズにハマる直前までのめり込んでやっていたWF6Sラインを使ったウエットフライ高速リトリーブでのサクラマスフィッシング(懐かしいなぁ~)。

それこそワンキャストの高速リトリーブごとに、40cm前後のサイズの銀白色に光り輝くサクラマスが2尾、3尾と、あるカラーのマテリアルで作ったオリジナルウエットフライに猛然とアタックしてきてガツンとした衝撃とともにヒットしたり、リトリーブの途中で一瞬のストップ&ゴーをかけた瞬間にいきなり加速して喰いついてきたりと、そんな魚の“本能”と直接対峙するようなカタチの釣りをやっていて、そのための試行錯誤と実際の釣り場での実証がけっこう楽しかった。

たぶんナマズにもこのサクラマスと同様(サクラマスのような“スピード”への要素はあまり必要ないかも知れないけれどね)に、ナマズにとっての何かしらの“スイッチ”があって、それを見いだして押すことができればナマズも我を忘れて(!)ルアーに飛びついてくるシーンに結び付けられるに違いない、と・・・。

それをなんとか見つけたいけれど、さてなにがあるのか?。またどういった具体的な対処法が考えられるか?。

今のところ“ナマズのひげセンサー攻略”と“ナマズの側線器官攻略のふたつの方向性かな。

 昨夜ちょっと作ってみた試作品1がこちら。結構あちこちで見られる材料とカタチですけれど・・・。もう少しふわっとした感じが出せた方がよさそうかな。

(マテリアル)

P1040266.JPG

とりあえず、こんな感じでつくって、このルアーに装着してみました。

P1040273.JPG

2種類の異なったラバーの感触が、ナマズの敏感なひげセンサーをビンビンに刺激する!?(笑)

とりあえず試し釣りに行ってみようかな。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 

待ちに待った金曜日の夜は雨にも負けず。 [ナマズ釣行記]

いやー、やっとめぐってきました週末、金曜日の夜、ゴールデンタイム。

人によっては金曜日の夜なんて、それはそれはいろいろな過ごし方、楽しみってあるでしょうけれど、わたしは迷うことなく“ナマズ”。以前はともかく今は“ナマズ”。これでゼンゼン問題ありませんです、はい(笑)。

大好きなお酒は前々日の予定は仕事が終わらず泣く泣くキャンセルでしたが、前日木曜日の夜には職場の仲間たちと終電の時間まで楽しく飲んできましたので、これも問題なし。

そんなこんなでやっと迎えた今週金曜日の夜、にもかかわらず、さあこれからゴールデンタイムとなるはずの夜なのに、迎えたこの夜は無情にもしとしと降り続く雨、雨、雨・・・。

そういえば昼間、仕事で都内の日本橋界隈にいて、そして突然襲ってきた局所的集中豪雨。商談を終えて近くの青空パーキングへ向かっていたその時、まさにそのシーンの真っただ中にこの身を置かれて、バケツの水を横殴りにひっくりかえしたような集中豪雨になすすべもなかった自分。傘持ってたけどほとんど関係なかったから、あの雨には・・・。まあ、昼間にこんな目にあっていれば、その夜もこんな感じでしれたもの

でもやっぱり、一週間の疲れがたまったこのからだでも昼間ずぶ濡れになったこの身でも、しっかりナマズ釣りに行ってきました。

もちろん雨降る夜の川の恐ろしさは身に染みて分かっているので、今回は安全最優先のポイントへ。最初はカッパに身をつつんでやっていたけれど、そのうち蒸れてきて表も裏も訳わからなくなってきたので途中から思い切ってカッパを脱いじゃいました。

そばにある人家の住人もみな寝静まっているだろうとはいえ、雨降る漆黒の闇夜の川岸で、ときどき、・・・・“よっしゃっー!、やっぱりいるじゃん!”、・・・・・“あああっ、クソっ!!、なんでだよぉ~”の声とともに、時間のたつのも忘れて一途にナマズと遊んでいる釣り人に、はたからみたらヘンな人に映ってしまうかもしれないそんな姿の人に、まさになっていた自分でした。

P1040256.JPG

1尾目。かわいいサイズが最初に来てしまいました。おなかパンパン!。

いくつかバラシて、川を変えて、

P1040263.JPG

P1040261.JPG

同じ魚です。2尾目のナマズ。

結構フッキング失敗ばかりのこの日でした。まだまだだなぁ~。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 

そうだ、今週末の釣りから、フックを強化しよう! [ナマズに関連]

いつも通りの時間に目が覚めた朝、いつも通りのコーヒー(そういえば今朝からホットコーヒーを飲んでる!。やっぱり無意識にからだも“秋”を感じているんだなぁ、きっと。)を傍らに飲み始めて急にあたまに考えが浮かんだ。

そうだ、今週末からアシストフックの軸をもう一段太いサイズに変えて強化しよう!。

ナマズ釣り、はじめたばかりなのでゼンゼン戦術にバリエーションも深みもまだまだ持ち合わせていないけれど、これは今の自分自身の手段のなかでの一種の直感。

最近絶対的(まだそこまでは?!)な信頼と安心感から、ルアーのリアにつけるフックを“Gamakatu ASSIST59LIGHT size1 (ケプラーノット8号)DOUBLE”にしていて、それで結構フッキング率のアップにつながってきているんだけれど、今シーズン前半をあらためて思い返してみると、確かに、確かに何回かはその姿も見ることもなくいきなり前述のフックをのばされてすっぽ抜けたシーンがあった。

暗闇のファイトで、それも一瞬のやり取りの中でのいきなりの結末なので、何がルアーにかかっていたのか確信があるわけではなく、ひょっとしたらナマズではない魚の可能性もあるかもしれないけれど、しかし、でもあれは確かに直前まではナマズ特有の捕食音をともなったバイトシーンそのものだった・・・・。うん、そんな暗闇のモンスター(!?)を相手にしたシーンが確かにあった。

そこで、前述のヒラメキ。直感。

単純だけれどこれからの季節のタイミングを考えると、ひょっとして〇〇cmアップのビッグサイズのナマズがアタックしてくる可能性がそれなりにあるかも知れない。確実に春先よりはナマズたちもひとまわり大きく成長しているだろうし、これからの活性のアップが期待できるのであれば、直接視認できない暗闇の水面下ではあっても“遭遇チャンスの確率”も高くなってくるに違いない。・・・であるならば“対策強化”はしておいた方がいい。

さっそく今晩にでも釣具屋に太軸のアシストフックを探しに行こう。

P1040253.JPG

今使っているフック。吸い込みやすいだろうしなやかさと貫通性、そして相性で選択してきたアイテム。使っていると、まだまだ感じる改良点あるんだけれどね。

P1040250.JPG

ルアーにはこんな感じで装着。


nice!(1)  トラックバック(0) 

気がつけばもうすぐ9月・・・ [ナマズに関連]

週末になればナマズを求めていそいそと闇夜(満月の月明かりの夜もありますが)に溶け込んでいく釣りを気合をいれて始めた今シーズン。でもちょっと気がついてみれば季節はもうすぐ9月。

そういえば先日の日曜日にはいつもの川(灌漑用水路?)も堰が“収納”されていて減水状態になっていて、傍らに広がる田んぼには実入り豊かになった稲穂が一面に目に飛び込んでくる光景が。

じとっと汗が噴き出る蒸し暑さ、うっとうしいまでの蚊の来襲、田舎のせいか川面に張り巡らされた恐ろしいまでの強靭さと粘着力にキャストしたルアーがからめとられるとリールのバックラッシュよりも何倍も手を焼くクモの糸。ああ、このクソ暑いのに・・・。

そんなともすればナマズ釣りにフラストレーションをも感じていたりしたこの夏も、ここにきていっせいに収束しようとしている今、ハタと今年はいったいあと何回釣りにいけるのか、との思いが頭によぎる。

とりあえず今は週末だけのナマズ釣り。そうするとトップでナマズが釣れるのは12月の第3週目くらいまでだから(→昨シーズンのご近所ポイントではまさにそうだった)、残りはあと(3か月×4W+3W分)×土日の2日間として約30回。

今年はあと30回分しかナマズ釣りに行けない。

まあ、今年のシーズンの終わりが見えてくるとちょっと焦りと寂しさを感じたりしてきてしまうけれど、あとはアプローチの“中身”かな。

できれば来シーズンもっとのめり込めるようなナマズ釣りの魅力の発見と、ワンキャストで暗闇に潜むナマズたちの本能に火をつけるようなメソッドの発見、この二つの要素の発見につながるような残りの釣りにしていきたいもの。

(・・・でもあと30回も行ければ、行けただけでも大満足だよね、きっと!(笑)。)


nice!(0)  トラックバック(0) 

今シーズンのいままでの釣果データ(3-8月)です。 [釣果進捗状況]

先日ブログを始めてみましたのであらためて今年3月からの釣果データまとめてみました。3月から今月8月までに計31回釣りに行って計86尾のナマズと出会えました。

結構身近なところにナマズはひそんでいるなぁ!、ってことと、結構おもしろいよなナマズ釣りって!、という2つの視点をあらためて認識しています。

そんななかで、でもまだゼンゼン情報もありませんので傾向と対策、戦術なんかもゼンゼンないのですが、ナマズへのアプローチの仕方、とくにTWルアーでのアプローチ(これがいちばん面白い)でなにかあたらしい方法(機能?)を見出したくていま一番の関心ごとになっています。

釣具メーカーさんがすごく魅力的なナマズ専用の新タイプのルアーを開発して発売してくれるのを待っているのですが、なにか面白い着想を自分でも持てたらいろいろと自分でもハンドメイドのルアー作って試行錯誤してみたいなぁとも思っています。

ナマズ釣り、なかなか奥が深いぞ!、って、ここにも魅力を感じている部分です。(笑)

3-8.gif 

             (8月22日現在の釣果)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 

それにしても渋すぎ・・・ [ナマズ釣行記]

ナマズ釣りは週末ごとに訪れる自分にとっての貴重な機会。

平日心身ともに仕事でヘロヘロになりながらも、週末になればまたナマズを釣りに行けると思えるとこれが何とか乗り切っていけるから不思議。結構この構図が今の自分のいろいろな支えになっていたりしているところもあるから思わず苦笑してしまう。

神経を集中させ張りつめた暗闇の静寂のなか、とつぜん水面を割って躍動するあの衝撃とスリル。そして驚くほど大きなサイズのナマズにまた驚き、歓喜。

おいおい、こんな刺激的な釣りの世界がこんな身近なところにあったのかよ!?、って・・・。
この感覚もナマズ釣りの魅力のひとつ。

でもまだまだ悲しいかな、毎週末、夜な夜なナマズを求めて釣りに行っていると、ときどき“不安”も胸によぎったりするから困ってしまう。夜のナマズ釣り=得体のしれない迷宮に入り込んで戻れなくなってしまうのでは、って・・・。

ちっぽけな不安だよねこんなの。
そんな不安、微塵にも感じなくてもすむようなナマズの魅力をもっともっと知りたいね。まあこれからかな(笑)。
ポイント移動して5か所目でやっと来た一尾。でもちっちゃ!
ポイント移動して5か所目でやっと来た一尾。でもちっちゃ!

さらにナマズを求めて移動してもう一尾。でもちっちゃ!。渋すぎる・・・。
さらにナマズを求めて移動してもう一尾。でもちっちゃ!。渋すぎる・・・。

 にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(0)  トラックバック(0) 

Today'sナマズ!のまずは一発目!! [初めましてのご挨拶]

はじめまして。
埼玉でナマズ釣りにはまっている釣り人です。

はまっているといっても昨年(2010年)の8月に人生で最初のナマズを流れ込みの着水バイト一発で釣ったのがはじまりなのでまだ2年目。ゼンゼンかけだし、ビギナーもいいところです!!。

それに昨年はなにも情報もなく、どこにナマズがいるのかもゼンゼン分からず、タックルもありあわせのモノでとりあえずいそうなポイントにルアーを投げ込んでみたら釣れちゃった、って感じなので、どちらかというと昨シーズンはエントリー期間でした。

今年(2011年)の3月初旬のタイミングからが、“ナマズにはまって・・・・”っていう感じで現在に至っています。

とりあえず今の釣りは週末の夜間に行くスタイルです。
もちろん今晩も夜になったら行こうかなぁ~、って今から思いはナマズ釣りに・・・。

少しずついろいろなことをこれから書き綴っていこうと思っています。

最近釣っているアベレージサイズです。<br><br><br>
(最近釣っているアベレージサイズです)

 にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(0)  トラックバック(1) 

-|2011年08月 |2011年09月 ブログトップ