So-net無料ブログ作成
検索選択

新潟出張で約700km走行したあとに、釣りに行く?!(苦笑) [ナマズ釣行記]

昨日の昼前から今日にかけて、仕事で一泊二日の新潟出張へ行ってきた。移動の手段はちょっと迷ったが、別口の用事もあったので結局新幹線ではなく車で行くことに。

まず一日目の往きは関越道の始点から一路いっきに約4時間をかけて新潟へ北上。新潟西ICで降りて目的のとあるスーパーの店舗へ向かい、改装のための商品撤去作業(というものがある)を17時から20時半過ぎまで実施。

そしてこの日はある人の送別会も予定されていたので、宿泊先のホテルにチェックイン後再び会場の居酒屋へ向かい、総勢30人ほどで楽しく23時過ぎまで飲食。

その後、各自めいめいに散会したが、小腹がすいていたのでホテルに戻る前にラーメン屋で野菜たっぷりのタンメンとぎょうざ一皿を注文して食べる。(メタボなのに・・・笑)

二日目の今日は朝8時に再び昨日と同じ店舗に集合し、今日は商品の陳列作業(というものもある)を実施。次から次へといろいろな作業がまわりまわってくるのでこなし、そしてやっとお昼の12時過ぎに終了。

そして再び高速道路を使っての帰路へ。

せっかくなので(!)帰りは福島県経由の磐越道&東北道の別ルートで埼玉へ向かう。

帰路はやや距離が長く約350kmほど。さすがに二日間にわたる肉体労働(プラス送別会の酒も!)の疲れもあって、帰りは往きほどに一気には走り続けられず途中途中のSAやPAなどで休憩を取りながらの走行に。結構時間もかかり、結局帰路はなんだかんだと6時間弱ほどかかってやっと自宅に到着して、今日の仕事は終了に。

こんな感じの今回の新潟出張。とにかく車で行ったので、実際の総走行距離は約700km、運転に要した時間は約10時間プラスαで、本当は疲れもある筈なんだからあとは風呂にでも入って自宅でゆっくりとすればいいものなのに、夜、ほんの一時間ほど、ナマズ釣りに行ってしまいました(苦笑)。

それでこの日の釣果。

1尾目。

P1040515.JPG

そして、小さいけれど2尾目。

P1040517.JPG

今日はこの2尾で終わり。

平日は行かないんだけれどね、ましてや出張のあったこんな日には。でも、行ってきてしまった今回。そんなにもナマズ釣りって行きたいものなのか?、って、我ながら自問自答やら苦笑やら・・・。

のめり込む奥深さ(!?)、深遠さ(!?)、魅惑・誘惑(!?)、そして、訳のわからなさ(!!!)。そんな!?やら!!!などをまた感じてしまった“今日のナマズ”でありました。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スーパーへ買い物行く感覚でナマズ釣り [ナマズ釣行記]

三連休の〆はちょっと近所のスーパーへ買い物行く感覚でナマズ釣り。車ですこし走ればすぐにナマズが釣れる環境なので、ついついそんな感覚で行けちゃうところがなんともいい。

台風の大増水もこの夕方にはすっかり納まり、この時期ならではの減水期の川の様相に。

落ち着いた雰囲気の川にはそこかしこにナマズの気配。そして、ここぞというポイントをルアーでトレースすると、けっこうな割合で確実にバイトが。

まあ今回は週末〆の、近所のスーパーへの買い物感覚のショートフィッシング。明日からまた仕事なのでほどほどに・・・。

そんなこんなで今日の一尾。63cmの元気な本流筋のナマズが釣れました。

さてさて明日からもまた仕事ガンバっていきますか。

P1040486.JPG

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あと2cmが・・・。 [ナマズ釣行記]

とりあえずの今週末9/23(金)のナイトゲームでの、先ほどキャッチした釣果。

2cm足りない68cmサイズ。

P1040477.JPG

別な角度から。

P1040481.JPG

まだまだ大増水中のいつもの川に勢いよく流れ込んでいる幅50cmほどの小さな流れ込みの合流ポイントにて。一投目は何事もなく、そして同じコースをトレースした二投目にガボッと一気に喰らいついてきた一尾。

暗闇から釣り上げてみてビックリ。頭がかなり大きく、胴回りもハンパじゃあない!。今度こそナナマル再来か!!、とまたまた期待に胸も鼻孔も膨らみかけたが、だがしかし、ちゃんと測ってみたらわずかに2cm足りない・・・。うぅぅぅ、悔しい(笑)。

もう少しなんだが、足りないものは足りない。やはりナナマルサイズのビッグワンはそう簡単には釣れないものだ。

でも、なんだかまたここにきてナマズの活性も上がってきているようだ。それに釣れるサイズも大きくなってきている気がする。夏の猛暑の過酷な条件下から、今まさに秋口へと移行している中で諸条件がいい感じでナマズの活性を上げているようだ。

チャンスだね!。

(では来春、あと12cmほど大きくなってからまたぜひ会おう!、元気でな!)

P1040483.JPG

追記

実は最近使っているルアーは、すべてスケルトン仕様でクリアータイプのカラーのものばかり。それも七色(!?)に輝いて見える反射板をボディーの内部に配置させたタイプ。そのルアーにケミホタル25を装着して使っている。

ゼンゼン科学的根拠があるわけでも、調べてみているわけでもないけれど、なんとなくね、釣れる気がするから信頼して使っている。まあ、よく使っているからそれなりに釣果に結びついているだけ、との見方もあるかもしれないけれど、直感だね。なんか釣れる気がするんだよね。

本当にそこに何かしらの必然性やら、機能、効果やらがあるのかどうなのか、ちょっといろいろと調べてみようかな。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

沖縄のもずくが届く [日々のいろいろ]

沖縄に暮らす妹から、沖縄産もずく『塩本もずく与那城』が届いた。

P1040468.JPG

 ちょうど半年ほど前に一度送ってもらって食べていたのだが、この沖縄産のもずくはしっかりとした食べごたえでとても美味しく、いろいろな食べ方で味わえるとても重宝な食材であり、そして何よりもからだにいいので、また送ってと頼んでおいたものだ。

塩蔵品になっていてある程度日持ちもするので、毎日食べたい時に食べたい量を塩抜きして使えばいつでも食べられる。

最初の頃は三杯酢であえて酢の物でよく食べていたが、そのうち味噌汁にドサッと入れて、彩りに浅葱や長葱の細かく切ったものを添えて食べるスタイルが我が家の定番になった。

もずくと味噌汁の組み合わせは、とても美味しく、そして食べやすく、毎食毎食飽きずに食べられる。

今回、またたくさん送ってくれた。一斗缶で約19kgほど(笑)。

 P1040469.JPG

感謝、感謝である。

それにしても、19kgのもずくなんてここ関東ではフツーは考えもしないほどの量だよね。スーパーでだって、そんな量を一度になんて買ったりしないし・・・。

よし、元気のみなもと沖縄のもずくを毎日食べて、丈夫で元気なからだになろう!。

 

追記

実はこの沖縄産のもずくを食べ続けたい理由がもう一つ。

なんだか気のせいかも知れないけれど前回もずーっと食べていて、それで髪の毛が結構元気にしっかりとしてきた感じがあったんだよね。たしかにもずくは海藻なので、髪の毛にもよかったのかな!(笑)。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ナマズの神様情報 その2 [ナマズに関連]

またまた見つけました。というよりは、先駆者の方々に教えてもらいました。

全国のナマズの神様情報 その2です。

こちらから ↓ 

http://www.k4.dion.ne.jp/~daturyok/sizu/sonota1/oonamazu/oonamazu.html

http://rabico.cocolog-tnc.com/gmt/2011/04/post-d45c.html

ひっそりと息づいて大事にされている“ナマズの神様”、たぶんまだまだ日本の各地にはきっとあるのだろうと思う。

そんな情報をゆっくりと集めていきたいと思う。

そして、いつかゆっくりとひとつひとつ訪ねていけたらいいね。(笑)

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今年もナマズを飼おうかな [ナマズに関連]

 P1040452.JPG

実は昨年の12月に釣れたちびナマズ(約30cmサイズ)を一尾、バケツに入れて持ち帰り、しばらく小型の水槽で飼っていた。

昨シーズンの夏からはじめたナマズ釣りで、そんななか12月の冬場に30㎝前後のちびナマズが少し釣れ続いていたら、そのあまりにもの愛くるしい様になんだか急に飼ってみたくなってしまったんだね・・・。

でも結局12月から飼いはじめて、そして翌年の3月まで。わずか4か月間の飼育で突然中断に。

夜の間に水槽から飛び出してしまっていて、朝起きて見に行ってみたら死んでしまっていた。

水槽にはガラス板の蓋をしていたんだけれどね、そうとうなチカラで飛び出して蓋を弾いてしまったんだね。本当に可哀そうなことをしてしまった・・・。

そんな経験があるのに、でもなぜかまた今、再びナマズの飼育欲(!?)が。

できればもし今年も再チャレンジするのならば、釣ってくるナマズは今年生まれた当歳魚にしようと考えている。エサの問題があるんだよね。

昨年の30㎝サイズのナマズは、結局“生餌”しか口にしなかったからエサは熱帯魚ショップで仕入れていた生餌(金魚)や、近くの川や池で釣ってきた小魚、はては惣菜用として売っている店を発見(!)してたまに買いにいったクチボソ(生きたクチボソ)などを与えていたんだけれど、確かにナマズなんで、いくら30㎝サイズのちびナマズとはいえ、その食べる量はハンパないくらいだったんだよね。

可愛さあまりに、たくさんエサをあげすぎていた、って感じもあったかも知れないけれど、でも生餌だったのでお金もそれなりにかかってしまっていたんだよね。

その点もあって、今回はもっと小さいサイズから飼育していけば、金魚のエサとかビタシュリンプとかの人工飼料なんかにも慣れて食べてくれるのでは、と見ているんだよね。

そんなこんなのいろいろな思いも馳せながら、今またナマズを飼おうかなと考えている今日この頃。

あっ、当歳魚のナマズ、実は近所の小川でミミズエサにたくさん釣れるよ、うちの孫たちが夏休みにはいつも釣っているよ、って教えてくれたおばあさんの情報も今年はまたあったりするので、その方法でチャレンジもしてみようかと。10cm前後くらいにまで育っているのかな、今年生まれたナマズって?。なんか、こんな楽しみもナマズ釣りにはあるんだよね。

(補足)

ナマズを飼っていた水槽に、その直前までエサとして入れていた金魚たち。その金魚さんたちです、最初に上に掲載した写真。今さっき、パチリと撮ってきた写真です。

3月からだから、今までの約6か月間、その日を境に主役が入れ替わり、すくすくと成長して、今ではエサを一心不乱になってねだってくる可愛い姿に愛おしい情も芽生え・・・。

この金魚たちはもうナマズの〇〇なんかには、ゼッタイにできないです、本当に(笑)。

追記/20110923

今年生まれの子ナマズを釣りに、上州屋でミミズエサを買って、お目当ての小川のポイントへ昼間行ってきた。一時間ほどエサ釣りでやってみたけれど結局一尾も釣れなかった。鯉やニゴイの当歳魚、それにモツゴ(?)なんかは釣れたんだけれどね、お目当てのナマズは釣れなかった。ちょっと時期がすぎちゃったのかなぁ・・・ザンネン。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ナマズがあふれる!(否、川があふれる?!) [ナマズに関連]

たった今、仕事で出張していた群馬の伊勢崎市から埼玉の家に帰ってきたが、台風15号、今まさにすぐ近くにまで急接近中であり、表の風雨もどんどん激しくなってきている。

伊勢崎市から帰ってくるのに北関東自動車道の高速道路が通行止めになってしまうんじゃあないかと気が気ではなかったが、なんとか帰宅のタイミングは大丈夫だったので、すこし速い時間に帰ってこれて良かった。

家のすぐそばを流れるいつもの川のひとつを、車で走りながら橋の上から見てみた今の状況がこれ ↓ 。

P1040442.JPG

前後に車がいなかったので橋の上で一瞬止まって、下流側の窓をあけてパチリと撮った一枚。あっという間にあけた窓から暴風雨が車内になだれ込み、助手席に置いていたカバンがびしょ濡れになってしまったが、そんなことよりも川の水位がちょっとやばい状態じゃあないか??。

いつもよりどれくらいだろう、1.5mから下手をすると2mほど増しているかもしれない。土手の上部までだって、それほど残っていないんじゃあないか・・・。

この状況を見てしまうと今度の週末、あさってからまた連休で休みになるが、ナマズ釣りはこの辺の川ではちょっと無理っぽいかな、とモチベーション下がってきてしまいそう。

だが、たしかにこんな時だからこそ釣れるポイントもあるかも知れないと考えてみると、台風一過の落ち着いた安全が確保できる頃合いで、そんなポイント探しをテーマとした今週末(タイミング的に日曜日ごろになってしまうのかなぁ~)のナマズ釣りというのもちょっといいかも知れない・・・。

(し、しかし、台風はやっぱり怖いなぁ。やっぱり今週末はおとなしくしていようか、なぁ・・・。)

追記

今、時刻は20:20現在。外はなんだか静かな夜になっているじゃあないか。コオロギの鳴き声も聞こえてきたぞ。あっという間に駆け抜けていったみたいだね、台風15号クンは。この分だと今週末、金曜日の夜からナマズ釣り楽しめるんじゃあないのかい?!。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

狩野川水系はナマズの宝庫!? [ナマズ釣行記]

この連休、お盆休みに帰れなかった地元静岡に暮らす親父の顔を見に、ふるさとの実家に久しぶりに帰省。離れて一人暮らしをしている親父がいろいろと心配だったが、とにかく顔を見ることができて、またいろいろと近況も直に聞くことができて、まずはひと安心。

今回はナマズ釣りをする予定はなかったのだけれど、いろいろと安心できたことも手伝って、実家の近く、里山に挟まれた立地の小さな田園地にちょっとした小川が流れていたので、夕暮れ時に軽い気持ちでちょっとだけ探りをいれてみることに。

この小川、一級河川で鮎釣りや河口でのメーター級のシーバスフィッシングでは名の知れた“狩野川”という名の本流に直接流れ込んでいる細流で、合流点からほんの1kmもさかのぼれば田んぼの脇の用水路になりそのうち山懐に入っていってしまう、そんな川幅2mほどの小川なんだが、しかし、“ナマズという魚はいるところにはいるものだ!”ということをまさに初めて実感した川となった。

ほんの短時間、ナマズがいるかいないかを探ってみるといった程度の試し釣りのつもりだったのだが、蓋をあけてみれば結果として65㎝ナマズ1尾に、50㎝台を4尾、それ以下の小さいのも含めて計13尾のナマズをキャッチ。

その他に60cm台級2尾のバラシを含めて(って、やれやれ、釣って写真に収めていないからにわかには信じられないよね、ホント・・・(苦笑))、他にも相変わらずの多くのバラシもあったから、相当密度濃くナマズが生息している小川だった。

釣りをした距離はだいたい200m区間ほど。きっと水中をのぞき見ることができたなら、そこかしこにナマズが!の状態だったに違いない。

たぶん、この小川ではナマズのルアー釣りを楽しんでいるような釣り人は、ひょっとしたらいないんじゃあないかと思えてきてしまったほどだった。

それにしても、いつもの埼玉のフィールドではこんなに釣れたことなんてなかったから、それがここ静岡の実家の近くでこんな素敵な場所(!)があったなんて、まさにうれしい驚きだった。

いままでの子供時代、狩野川では上流域のアマゴ釣りにはじまり、フナや鯉、オイカワやハヤ、そして河口域のシーバス釣りまでと、いろいろな魚を対象に釣りを楽しんで過ごしてきた川だったんだけれど、なぜかこのナマズとはまったくの“縁”がなかった、不思議なくらいに。

こんなにも身近に生息していながら、この自身の釣りの対象魚として今まで一度も関与をもたずに、また持たせずに、この年になるまで完璧にその存在を秘めていたナマズ。今さらながらに“出会いの縁”の不思議さというものを感じる(笑)。

この狩野川、きっとナマズの宝庫(注:あくまでも今回ふるさとの川で自身が感じた直感だが)に違いない。いろいろな流れ込みの支流や細流に絶えずナマズを送り込む“母なる供給源”となっているだろうから、地図をみたり、グーグルアースで広範囲にリサーチしてみたりしてあらたなポイント探しというものも楽しそうだ。

これから静岡の実家に帰るときには、当然のようにナマズ釣りも“必須”になるね、きっと。(笑)(ちょっと距離があるのがたまにきずだけれどね。体力と気力、大丈夫か!!?。(涙))

まずは50cm未満のオチビナマズたち。このサイズも結構いるポイントだったのでやっぱり豊かな環境なんだね。ミニサイズのジッターバグ買ってきてULタックルでやってみたらこれはこれで面白そう!。

プレゼンテーション2.gif

ついで50cm台のナマズたち4尾連発!。 このサイズが出ればまずは「今日のナマズ」としては満足だね!。

P1040406.JPG

P1040420.JPG

P1040423.JPG

P1040432.JPG

そして65cm級のナマズ1尾。落ち込みへの着水バイト一発で。もしや先日釣ったナナマルの再来か!と一瞬思っちゃったんだけれどね5cm足りなかった。期待感大きすぎだよ、全く。そうそう釣れる訳がない・・・(笑)。

(前述したが同じサイズの2尾のバラシ、やっぱり悔しいな。足場の高いところでナマズと対峙するんだったら玉網は必須なんだなぁ。)

P1040427.JPG

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

まだまだ未熟者・・・ (立て続けにルアー無くす) [ナマズ釣行記]

水位がガクンと減ったこの時期からの川でのトップウォーターで狙うナイトゲームのナマズ釣りは、ナマズの付いていそうなポイントが至る所に現れてくるために釣りやすくなる半面、今まで水中に没していて影響のなかった木の棒やらビニール袋、ズタ袋などのさまざまなゴミの類が水面に顔を出したり水面スレスレのところに存在したりと、結構やっかいなフィールドの要素も併せもつようになる。

とにかくちょっと油断していたり、注意力散漫なままに(眠かったりしてしようがない時もあるんだけれどね)ルアーを引いていたりすると、とたんにフックを引っかけてしまい、結局ロストしてしまう。

また、あまりにもタイトに狙ってキャストしたりしすぎていても、結局何回かやっているうちに引っかかってしまい、これまたロストしてしまう始末。

今使っているナイロンラインを止めてPEラインに替えれば、たとえ引っかかっても回収できる率はそれなりに高まるかなと思わない訳でもないのだが、いかんせんまだナマズ釣り二年目のビギナー。

ベイトリールを使い始めたのもこのナマズ釣りからとあって、最初の頃に釣具屋の店員さんに“暗闇でPEラインのバックラッシュをおこしちゃったら、まず直せないよ”と脅かされた(!)記憶もまだあるなかで、まだPEラインへの踏ん切りがつかずに相変わらずナイロンラインでの釣りを続けている。

まあ、ラインがどうのこうのというよりも、それ以前にまず暗闇のナイトゲームであろうともいかにルアーを障害物などに引っ掛けないで釣りをするかが一番の肝心なところなんだろうけれどね。

できれば颯爽と、スマートに週末のナイトゲームでのナマズ釣りを楽しみたいんだけれど、ときには今日みたいに暗闇の川辺でいろいろなゴミやら樹木やら、はては護岸用によく使われている金網のフェンスなどに一瞬にしてガチっとフックを取られたルアーの回収に、週末なのに余計に体力を消耗して汗だくになって悪戦苦闘している姿の自分・・・。

今週末の今日のナマズ釣り、2時間ほど川でやっていてナマズを3尾までゲットできたんだけれど、立て続けにルアーを3個もロストしてしまいこころが折れてしまって、後ろ髪ひかれる思いもあったけれど結局中途半端なままに今日のナマズ釣りは終了。

なんともまだまだ未熟者だよね。

P1040381.JPG 

とりあえず一尾目。川岸すれすれに立つコンクリ杭のすぐ脇をトレースした瞬間に、小気味よくバッフッと出てくれた一尾。

P1040387.JPG

そして二尾目。なかなか出なかったポイントで、ちょっと範囲を広げて扇状にキャストを繰り返し、イメージではルアーの発する音と振動で広範からやる気のあるナマズを引っ張り出してきて食わせた、って感じでヒットした一尾。

P1040393.JPG

そして今日はそれなりに釣れそうだと思い始めた頃に、びっくりするような大きな捕食音を発して釣れた三尾目。捕食音を耳にした瞬間、お!でかいか!?って思ったんだけれど、あらわれたのはオチビさんでした。

そしてこのあとすぐに3個目のルアーもロストしてしまい、なんとかスレスレで保てていたココロだったけれど、ポキっと折れちゃいました。もう少しやっていたかったんだけれどね今日は。やれやれ、だったなぁ。(苦笑)

(もう少し広々としたフィールドでナマズ釣りできるところがあればいいんだけれど。このあたりではまだ自分自身で開拓できていないので、次のステップでのテーマだね。)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

仕事に、ナマズ釣りに、そして“疲れ”対策に・・・ [ナマズに関連]

あははは、って、思わず苦笑してしまうことなんだけれど、なんだかんだ言って近頃この“疲れ”がなかなか取れない、というか無くならない自身のからだ。

平日の仕事に、そして週末のナマズ釣り。

極端なことを言ってしまえば今年の自分はこのふたつの要素に集中(!)してこの人生を楽しんでいるところがある(笑)。

平日の仕事に週末の主にナイトゲームでのナマズ釣り、このパターンの見事(!)なまでの繰り返しによる最近の行動 (傍からみればいい加減にしてよっ!、ってうつっているみたいなところもあるようだけれど・・・)。

これでは疲れが取れないで蓄積していくのは当たり前か?!。

そんなこんなで、今愛用しているのがこれ ↓ 。

P1040376.JPG

人からのもらいものなんだけれど、まあ試してみればということで最近毎日飲んでいる錠剤。一応ビタミンCって肉体疲労時にも効能・効果があるような。

まあ、一種の気休めかもしれないけれどね。

ささやかな楽しみとなっているナイトゲームのナマズ釣りは、気持ち的には気合を入れて続けていきたい自分だが、その気持ちとは別にどうしても課せられる肉体的な疲れの問題・・・。

やれやれ、45歳も年下の奥さんをもらって最近TVで目を見張ってしまうほどに艶やかな肌をした顔を見せてくれている、若い❤を存分に注入して元気いっぱい!といった感じの某K俳優さんがちょっと羨ましい・・・。

ああ、そうか!。

ビタミンCなんかの錠剤に頼ってたりしているのが、そもそもちょっと違うんだなきっと。

仕事に、ナマズ釣りに、そして“疲れ”対策に・・・、やっぱり共通するKWはそこにあるかぁ!。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今シーズンの残りをどうするか ~9/11現在のデータより~ [釣果進捗状況]

 (毎日忙しくて、なかなか楽ができない“仕事”の話、ではありません。人生のもうひとつの大きなウエイトを占めるプライベートの面での“楽しみ”の部分の話、です(笑)。)

図1.png

気がつけば今シーズンも残すところあと3か月とちょっと。

あらためてここ埼玉のフィールドでの今期の自身の“軌跡”を確認してみると、グラフのカタチから、なんとなくこのまま終わっていってしまいそうな雰囲気が・・・。

このままだとナマズ釣りって上期の“前半集中型のお楽しみパターン”となってしまいそうだけれど、ほんとうにそうなのか??、って感じ

水温低下によってナマズの活性が完全に落ちると分かっている本格的な冬の季節の到来の前に、自分自身の2011年度2年目のナマズ釣りにできればもう一山のカタチで “ナマズにアプローチして得た結果” というものをつくっておきたいもの。

たぶんこの9月、そして10月のタイミングで、まだまだナマズもゼンゼン元気だろうから、もう一山釣果のカタチを実際はつくれるのではないかと思えるのだけれどね。

よし、機会はいつものことながら週末、現場でアプローチできる残された時間は少ないけれど、今期2011年をそれなりに納得して終えたいから、ちょっと気合いをいれてやっていってみることにしよう!!。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ナマズが釣れるということは [ナマズに関連]

P1040374.JPG

写真を一枚。

つい先日、自身初の70.5㎝のナマズが釣れた水路の川への合流点付近の写真。

結構その雰囲気が好きな場所のひとつ。

別になんてことのないフツーの川の、周囲に田んぼのある土地であればどこにでも見られる川の光景。

野生のカモが群れ、ときおりサギも飛来する。

今の時期であれば川藻もそこかしこに繁茂し、大型の鯉が単独あるいは群れとなって泳いでもいる。

水はいわゆる“清流”ではないが、いかにも栄養源を必要な量だけ溶け込ませたさまを思わせるようなひとつの自然な色合い。

こんななんてことのないフツーの川なんだけれど、いかにも日本の田園地帯を昔ながらに流れているという感じの川で、ここで、毎年毎年、そこそこの数で、そこそこのサイズにまで育まれるナマズたちがいて、その水面下の世界に食物連鎖の上位の位置の存在として潜む。

そのナマズをこんな身近な場所で、比較的安全に、そして手軽に、それでいて結構ゲーム性と魅力度の高いアプローチの釣り方で釣りができて、楽しめる。

農薬に起因するいろいろな負の問題もまだあるようだけれど、“ナマズ釣り”というひとつの成立する世界を通して、あらためて地球環境の観点からもこれはこれで結構大事なことの結果のひとつなんだと思えてくる。

ナマズが釣れる(釣れ続ける)ということは、その構成している要素の全体に思いをはせてみればきっと貴重なことなのであり、そのひとつの守るべき世界を身近なところで体感できているのが、普段、熱くなってのめり込んでいるこの“ナマズ釣り”なのかな。

そんな気もすこしするね。

まあ、もう少しシンプルに言えば “ナマズが釣れるということ=継承すべき環境が継承されている結果のひとコマ” ということなのかな。

うーん、もうひとつの側面もあるかな、“ナマズが釣れるということ=日々の生活を楽しく過ごせること(QOL(クオリティー・オブ・ライフ)が高められること)”。

身近な本質はこっちの方かな。(笑)

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

なまず神社の神様に感謝!!。 初の70.5cm。 [ナマズ釣行記]

つ、ついに、初の70アップナマズ・ゲット!!。

記録 70.5cm

今朝6時過ぎに起きて、何の気なしにPCでグーグルアースを起動して、先日のブログで記した“なまず神社”への“衛星写真詣り”。

ああ、やっぱりあまりはっきりとは見れないなぁ~、なんてことを想いながら、おもてはすっかり明るくなっていたけれど今週末会社の社内旅行で金曜日のナイトゲームに行けなかったこともあり、とりあえず軽い気持ちで近所の川へ行ってみることに。

今まで満水状態の流れで竿も出せなかったポイント。今朝はなぜか自然とこのポイントに足が向き、車を停めたところから釣りを始めて、すぐ先の流れ込んでいる分岐水路へ向きを変えて上流を目指す。

すっかり減水状態。明るいので底も丸見え。ところどころに鯉がいるのが見えるだけで、ナマズはいるんだかいないんだか・・・。

水路でからだをのんびりと水に浮かべている野生のカモが数羽。流れのところどころに見える20cmほどのハヤのような小魚の群れ。

始めたばかりなのに、“暗くなってから来てみようかなぁ”なんて、すぐにそんなことも脳裏に浮かんでくるようなそんな状況だったけれど、とりあえず前方にぽっかりと空いた水路のトンネル部分が見えてきたので(そこまでは今までも行ったこともなかったこともあり)、とりあえず明るいうちの途中途中のポイントチェックの目的もあり、さらにさかのぼって行ってみることに。

P1040343.JPG

トンネル部分にたどり着いて、その上から何気なく入り口のところの流れをのぞき込んでみると60cmほどの鯉が流れをゆらりと下っていく姿が。

その一瞬の後(!)、すぐななめ左側に何気なく視線がいった先におおきな頭を上流に向けて定位している一尾のナマズの姿・・・。

いきなり目に飛び込んできた出会い。こんなところにこんなサイズのナマズが潜んでいようとは、まったくのノーマーク、予想すらしていなかった。

 

一気に高まる心臓の鼓動を感じつつも、すかさずキャタピーKARAバージョン(勝手に命名!)をナマズの口のすぐ前方めがけて上から投入。

瞬時の着水バイト。し、しかし、次の瞬間、驚愕のすっぽ抜け(!!)。

おぉ、そ、そんなぁぁ・・・・・・・・。一瞬すべてまっしろになる頭の中。

しかし目を凝らすとまだその場にいる!。

すかさずもう一撃。目の前に着水したルアーにもう一度口を使い、吸い込んだ。 そして今度はガッチリフッキング。

弓なりのロッド全体にかかるナマズの荷重。 で、でかい!。

P1040352.JPG

高い足場、両岸鋭角の護岸、取り込みを考えずに一気にルアーを送り込んで勝負に行ってしまったことに一瞬後悔の念が浮かぶ。タモがあれば・・・・。

思わずまわりに目をやり誰かいないかとグルリと見渡すが、ただ現実は厳しく孤独の世界に置かれるだけのこのわが身。

ええい、こうなれば!と、意を決して右岸の斜面を下まで降りて、なんとかハンドランディングに成功!。念願の70cmアップのナマズを初めて手にすることができ、思わず出てしまったガッツポーズの一発でした。(けれど、もしつい先日までの満水状態だったなら、とてもとても危なくて下まで降りてのハンドランディングなんてできなかったね、きっと・・・。)

P1040362 (1).JPG

P1040366.JPG

やっぱり、70cmアップはスケールが違う。ひとまわり“大きい”よね。

 

それにしても日頃はあまり思いもしない釣りの釣果への“神様”の位置づけ、関連づけ。でも今回ばかりはつくづくと“なまず神社の神様のおかげかな”、ってね、やっぱり自然とそう思えてきたよ(笑)。

感謝、感謝の今朝の約1時間ほどのナマズ釣りのできごとでした!。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

全国の“ナマズの里”情報! [ナマズに関連]

ナマズに興味を持つようになって、ナマズのルアー釣りを始めるようになって、そして以前から一度は尋ねてみたいと思っている場所がある。

地図でみると今住んでいるところから意外と近いところ。行こうと思えばすぐに行けそうな、その場所がココ ↓ 。

http://www.city.yoshikawa.saitama.jp/12,8773,78.html

なにやらちゃんとした歴史やら文化やらの位置づけがあって、それを今も様々なカタチで人々に提供しているらしい。

巨大なモニュメントがあったり、キャラクター事業もやっていたり、公園もあるのかな?、それにマラソン大会もやっていたり、おまけに町の養殖場で育てたナマズを使ってナマズ料理を提供する飲食店もいくつかあるらしい。

ひょっとしたらナマズ釣りにハマっちゃっているような釣り人には垂涎のオリジナルグッズなんかも多数取り揃えていて町の店で売っていたりもしているのかな?。キラリと個性&価値のあるグッズなら、多少値が張ろうとも、マニアな自分にはまさに衝動買いしてもいい心の準備だってすぐできる。

そんな“ナマズの里”を標榜するくらい気合の入った町。

ナマズのルアー釣人たるものナマズ料理だって一度は食べてみたいし、グッズだって幾つか買ってもいいし、それ以上にひょっとしたら町にはナマズの生態に関する専門知識をもった担当の方がいて来訪者に親切にあたってくれたり、もしくは市の図書館に行けばここでしか得られない最新ナマズ情報がいともたやすく得られるかも知れない・・・。

正に自身にとってのシンクタンク。ナマズに関する最新の科学的情報に基づいたナマズ攻略メソッド&ツールの研究・開発、そして世に先駆けての実践展開、釣果アップへ・・・・。こりゃあ、一日も早く、一度は吉川市のなまずの里に足を運ばなければ。

 

と、そんなことを考えて(妄想して?)いたら、なんと、なんと、“ナマズの里(郷)”が日本にはもう一か所あるらしい!!。

http://oftree.co.jp/fukutsu-parks/namazu/index.html

さらにすごいことに、

http://www.yado.co.jp/tiiki/munakan/namazu/index.htm

までも!!。

日頃のナマズ釣り、ここだけの話だけど正直言ってやっぱりもう少しサイズアップとヒット数を望みたい・・・。

とすると、埼玉の吉川市のなまずの里の“シンクタンク”や“ナマズ料理”もいいけれど、やっぱり頼りにしたいのは“神様”の方、かな。

これはいつか一度は福岡に足を運ぶしかないネ。 でもちょっと遠いからGoogle使っての“衛星写真詣り”でガマンかな。(笑)

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今週末は嬉しさ半分、悲しさ半分?! [ナマズに関連]

できれば週末だけでなく、平日だって時間が取れればナマズ釣りに行きたいもの。会社帰りのついで釣りで、5分間だって、いえいえ、ここぞといった狙った超スポットへのワンキャストチャンスだっていい!!(笑)。

でも現状はどう考えたって無理。

毎日、毎日仕事終わらない、きりがない。イエイエ、仕事のススメカタがマダマダ効率ワルクッテ、という側面もありますが、当然ね・・・。

(まあ、仕事のことはとりあえず置いておいて。)

そんな平日の毎日をなんとかやりくりして、そして待望の毎週末を迎えている自分なんだけれど、なんと今週末、金曜日の夜から土曜日のお昼過ぎまでのスケジュールで、年一回の職場の社内旅行。

山梨県の石和温泉。

うーん、4月からの新しい職場でのあたらしい仲間たちとの温泉付きの社内旅行。酒あり、酒あり、酒あり・・・、翌日のプチ観光&グルメツアーのオプションもあるみたいだけれど、まあ宴会旅行かな、きっと。

これはこれで楽しみなんだけれどね、でも貴重な貴重な今週末金曜日のナイトゲームのナマズ釣りに行けない・・・。

楽しさ半分、悲しさ半分。

なんともまあ、子供みたいなこと言っているよね、ホント。(笑)

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今日の一日の疲れから瞬時に救ってくれたもの [日々のいろいろ]

今日はまだ火曜日だというのに一日の仕事から帰ってくるなり猛烈な疲れに全身覆い尽くされ、夕飯もそこそこに、倒れこむようにそのまま床の上に横になり寝てしまった。

かれこれ2時間くらい寝ていただろうか。

いったん目が覚めたので、最近飲み始めたビタミンCの錠剤3錠を口に含み、そのまま風呂場へとフラフラとした足取りで向かい、少しでも疲れを取ろうといつもよりも多めのバスクリンの森林の香り(だったかな?!)を溶かした湯船に浸かって・・・・・。

と、ここでまた記憶が途切れていたので、湯船に浸かったまま、また寝てしまっていたらしい。

ふと目が覚めて前方に何気なく視線がいった時、思わず目をみはって吸い込まれるように見入ってしまったものが、これ。

P1040338.JPG

お、おおおっ!!。

これって、息子たちがなにやら近頃使っているボディーソープ AXE のパッケージの裏面に印刷されているバーコード。

表からみるとこの商品。    (一応、ナマズ釣りでいつも使っている相棒のベイトリールを添えて)

P1040335.JPG

さっきの図柄、バーコードなんで、フツーはこんなデザインにはしたりしないだろうに、この発想、このユーモア、そして実際に商品に使ってしまうというこの会社のセンス、強烈に素晴らしいよね!。

さっきまでの疲れたからだが一瞬に癒され、元気をもらったような気になった瞬間。こういうのは大好きだよ!(笑)。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夏から秋へ ポイントの切り替え [ナマズ釣行記]

ちょっとした新しいポイントにて今週末ナマズをキャッチ。夏から秋への環境の変化にあわせようとポイントを少し切り替えてやってみたら釣れました。

川によってはこの時期、このタイミングで、周辺の田んぼへの用水がなくなり、一気に川の水位が40-50cmも減少してしまった身近なフィールドも多く、先週まで釣れていたポイントが今週は無くなっていたり・・・。

ナマズにとって住む環境の激変に近い変化がどう影響し、それに対して釣り人はどう回答を導き出して対処していくか。

いろいろと変動要因があるナマズ釣り。この変化に対しての仮説と検証も、ナマズ釣りがより面白くなるひとつの要素だよね。

(あいかわらず子ナマズばかりですが、一尾目)

P1040321.JPG

(二尾目)

P1040322.JPG

ところで、ナマズ釣りを始めて最初の一尾をキャッチしたのがちょうど一年前の八月の下旬頃。ナマズ釣りのシーズンを四季おりまぜてやっと一巡して経験している最中ですが、ただ、まだまだ経験不足、生の情報不足。

季節の変化、環境の変化、それに合わせた身近にいるナマズの行動の変化等々の情報がまだまだゼンゼンです。なので変化に対応したタイムリーな戦術、具体的メソッドの考案がまだまだ稚拙・・・。

まあ、こればかりは経験を積んで情報を集めていくしかないので、ボチボチとやって行きますわ(笑)。

(追加の写真)

今回の子ナマズ、こんな魚を食べていました。体長は3cmくらい、タナゴの一種でしょうか?。どんな魚を釣るにしても基本のひとつは“マッチ・ザ・ベイト”。これも何かの参考になるかな。

P1040326.JPG

P1040328.JPG

ここでちょっとよこしまな発想が・・・。60,70アップのナマズを目指すのも面白いけれど、この時期だけのナマズ釣りの楽しみとして、ウルトラライトのロッドとミニトップウォータープラグの仕掛けの夜釣りで狙う子ナマズの繊細な数釣り、というのは?。もちろんシングルフックのバーブレス一本針で。吐き出したエサの“タナゴ”から連想した“タナゴ釣り”の影響かな。

いや、やっぱりそんな釣りは止めておこう!。そんなことを悠長にやっているときに限って、超ビッグナマズが気まぐれをおこしてアタックしてきたりするかも知れない、からネ。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

やっぱりナマズ釣りに行きたいよね・・・ [ナマズに関連]

台風12号が来ている今週末。週末釣り師にとって、正直釣りに行けるものならやっぱり週一くらいはナマズを釣りに行きたい。釣りに行きたいというよりも、もっと突き詰めれば、“ナマズに会いに行きたい”という感じ。

しょうがないよね、ナマズ釣りにはまっちゃった新米ナマズ釣り師なんだから。

そんなことなので、風はあるもののさいわい雨は降っていなかったので、つい先ほどのAM2:00ちょっと過ぎまでいつもの近所の川に釣りに行ってきました。

もちろん、台風の影響で川もそれなりに増水しているのでゼッタイに無理なことはしません。なので今回はあくまでも車をとめたところからルアーを打ち込めるポイントでの釣りにしました。

P1040315.JPG

おおっと、なにやらいきなりビール(発泡酒)に、おつまみの韓国で人気の辛ダンドントッポッキ味スナック、それになにやらまだ目のあたりに残光を発しているキャタピーの画像が。(また今回もホットなナマズ釣果の写真は用意・記録できなかったみたい・・・)

 結局一尾も釣れずに我が家に帰宅の身。バイトは6回くらい。中にはルアーを空中に吹っ飛ばすやつもいたりしたのに、サイズが小さ過ぎたのか、あるいはその他の要因なのか、キャッチできたナマズはゼロ。急に横殴りの強い雨が降ってきたので、2時間ほどやったところで今日のところはこれで早々におしまいに。

ゼンゼンもの足りない今週末の今日のナマズ釣り。帰宅するなり風呂あがりのビールも飲んじゃって、疲れも手伝ってか、今ちょっと目もまわってきてずいぶん早くに酔っぱらってしまいました。

なぜか低調で感動のサプライズもなく、あまりにも穏やかすぎる自身の近頃のトップウォーターでのナマズ釣り。この時期、60cmアップの気合の入った大型ナマズはいったいどこにいるのでしょう・・・。

今回は台風なので仕方がないけれど、週に一度ほどの釣りなのでもう少しじっくりと集中して釣りがしたいね、ホント。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

“マイカテゴリー”にプラスα新設しました。 [日々のいろいろ]

“Today’s ナマズ”を始めてかれこれ一週間ちょっと。ざっくりとした区分でサブカテゴリーをひとつ作ることにしました。

あくまでも‘ナマズ釣り’をメインにするのは変わらずに、今この“ナマズ釣り”にはまっている自身を取り巻く日々の出来事や生活上のいろいろと感じたことを少しだけプラスαの“エッセンス”として絡めて載せていこうと思います。

ということで、昨日のちょっとした嬉しかったこと。

P1040291.JPG

仕事を終えて夜の12時近くに帰宅しましたら娘がやってきて、おもむろに冷凍庫からこれを取り出して“ハイ”と渡してくれました。

仕事で疲れてやっと家にたどり着いたわが身に、ハーゲンダッツの初めて食べるクリスピーサンド“New抹茶クラシック”の美味しさもさることながら、手書きのメッセージがとても嬉しかったひとときでした!。

 にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー