So-net無料ブログ作成
検索選択

冬のナマズと温排水 [ナマズに関連]

P1040851 (1).JPG

これからの季節のナマズ釣りをマネジメントしていく術のひとつとして、そのひとつのキーワード“温排水”を某Sさんよりアドバイスいただき(Sさん、どうもありがとうございます!)、さっそく、こころあたりのあるとある排水溝に昼間行ってみた。

その排水溝はこんな感じなんだけれど、とある工場があって、そこでの使用済みの排水が川にこんな感じで流れ込んでいるところ。

日曜日の今日見る限りでは、水量は決して多いとは言えない量だけれど、ためしに流れ出ているところの水温を測ってみると、

P1040846.JPG

なんと24℃。

現在この排水溝の流れだし部分から川の本流にまでは約10mほどの細い流れが形成されていて、ちょうど本流への合流部分までこの水温が保たれていた。

さすがに分厚い流れの本流に流れ込んでしまった合流点から下流方向約1mほどの部分では一気に水温は低下して約14℃とはなってはいたが、それでもこの時期の水温としては周辺よりはだいぶ高めの水域を形成しているようではあった。

昼間見たところではこの本流に合流するまでの細い流れ込みに30~40cmほどの鯉が数尾。そして合流付近にもちょっと大きいサイズの鯉が数尾確認できた。ナマズの姿は確認できなかったけれど、それなりに魚もこのエリアに能動的に集まりきているような感じではあった。

さてさて、当のナマズさんたちにはこの温排水、どうとらえられているのでありましょうか?。

一介のナマズ釣り師の自分にとっては、こんな美味しそうなポイントの確認ができたのであれば今晩今頃試しに一投だけでもルアーを川面に流しに行きたかったところだったんだけれど、悲しいかな、子供たちの学校行事最優先の女房によって家の車を独占され、今日は行けずにお預け・・・(やれやれ、だね、まったく!)。

次の週末にはぜひ、ナマズのチェックに行ってみよう!。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5℃に9℃ この時期にナマズを釣る術とは・・・ [ナマズ釣行記]

P1040829.JPG

いやー、釣れない。

先週末に続き今週末の今日(土曜日)も夕刻から近所の川へナマズを求めて釣りに行ったけれど、ものの見事に全く釣れなくて、連続のボウズ。

一回だけ用水路の流れ込みのきわで子ナマズらしきバイトがあったけれど、ちょっとあわてて早くに合わせを入れてしまったので乗らず、唯一のチャンスを逃してしまった。

トップでのゲームが好きなのでいつもの仕様で今回も臨んだが、11月も最終週末でのタイミングでだいぶ寒くなってきたこの状況ではもうトップではかなり厳しいかも知れないと、弱気になってきてしまう。

P1040839.JPG

水温を測ってみると約9℃だった。外気温が5℃で水温が9℃。

釣りをやっていると感じるんだけれど、確かにこの1週間で川の雰囲気も変わったようだ。なんというか“魚っ気”が感じられなくなってきていた。

しかし、ナマズ釣りを始めてまだ2年目の今年。寒くなってきたけれど、まだ分からないことも多いので、まだまだナマズへのアプローチは続けたい。これからの時期ならではのナマズへのアプローチの術(すべ)を求めて、いろいろと試行錯誤してチャレンジして、もう少しだけ(笑)探り続けていってみたいね。

今までと同じところにいるんだけれど活性が低くなってしまって釣れないのか?、それとも水温低下とともに大挙して移動してしまっていてそれで釣れないのか?。

例えば、もし後者でもあるならば、いままであれだけ沢山のナマズが釣れたフィールドなのだから、きっとどこかにナマズが集まっている“溜り場(越冬地?!)”があるのかも知れない・・・。

せっかくなので、是非、探ってみたい!。

(追記)

この時期ならではのナマズの溜り場、居場所の探索をまずこのタイミングでの第一の目的とするならば、ちょっと一時、“トップ縛り(!)”を外してみようかな?。そうすると、どんなルアーでアプローチしていけばいいのだろうか?。CDタイプ?、スピナーベイトタイプ?。具体的に有効な銘柄はあるの?。サイズ、カラーはどんなもん?。やっぱり“音”と“振動”はあった方がいい?。時間帯は?・・・。

うーん、やっぱりなかなか難しいものだね、ナマズ釣りも!。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今宵、川面は一切踊らず完敗! [ナマズ釣行記]

こんな筈では無かった・・・。

ルアーは先日買ってきたばかりの新品使用。フックシステム(!)も鋭利なハリを新装備。防寒対策も初のヒートテック・アンダーウエアー上下のフル着用でぬかりなし。

時刻は22時。外気温7℃。風はなく、確かに手先はかすかにかじかんでは来るけれど耐えられない寒さではない。

今日(11/22 Tue.)のナイトゲームでの目標は1尾のナマズ釣果。1尾釣ったら即終了し、あとは家に帰ってゆっくりする段取りでいた。いつもの感覚でちょちょいのちょい!って、サッと1尾釣り上げて・・・・・・。

 ・

実釣を開始してから、いったい何ヶ所のポイントを巡っただろうか?。

幾つかの勝手知ったるいつもの川筋の、いつものポイントをことごとく巡ってルアーをピンポイントにキャストしては流しているのだが、流せど流せど、全くと言っていいほどというか完全皆無に反応なし。

ナマズのバイトどころか、ルアー後方へのただの一度の川面の“揺れ”も無し。

今宵、たったの1尾でいいからというナマズを求めて、ただひたすらに1尾のナマズのみを求めて、ただただ謙虚にやっているというのに、あまりにも哀しすぎるこの状況。

気づけば時刻は曜日も変わって深夜1時。

全く感触も手ごたえもないままに、新調したルアーを2個ロストし、からだ中を名も知れない草の細長い種子だらけにし(この雑草の恐るべき生き残りのための戦略だよね!別な意味で感心)、おまけに不覚にも得体のしれないウ〇コまでを左足裏ニーブーツに踏んづけてしまう始末。

さらに足裏のウ〇コの存在に気づかずに車に乗り込んじゃって・・・。もうほんとうに踏ん(糞!)だり蹴ったり。

今宵はいったいどうなっちゃったのか?                                            水面下ではどうなっているのか?                                           いつものナマズ達はどこにいっちゃったのか? いるのかいないのか?                                                

今宵、この状況でこれ以上釣りを続けられるモチベーションはもはや持ち合わせなく、やむなく帰路に着きました。(悲)

P1040815 (1).JPG

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

久し振りのFF/サクラマス!(管釣編) [エリアF.F.]

P1040809.JPG

雨あがりの11月下旬の日曜日、いつものナマズ釣りはちょっとお休みにして、久し振りにフライフィッシングで狙う管理釣場のサクラマス釣りに。

場所は栃木の鬼怒川フィッシングエリア。

この時期このタイミングで管釣でサクラマスを放流しているところはまだ少ないようで、いろいろとHPをあたってみたところ、1週間前のタイミングではあるけれどポンドにサクラマスを放流したとのことでここを選定。

朝4時に起床し5時前に家を出て、東北道、北関東道、そして国道4号を経由して北上し、約1時間半をかけて(ふだんのナマズ釣りとはえらい違い!)6時過ぎに目的地へ。

そして朝の7時の開園を迎えて釣りを始め、結局午後の3時過ぎまで一日釣りを楽しんだ。(鬼怒川FAの終了は午後の4:30までなんだけれど少し早めに納竿)

そのなかで、今日は途中から日差しも強くなり汗ばむほどの陽気になってきたんだけれど、今日みたいに暖かくて眩しいくらいの日差しのなかでの釣りは妙に久しく新鮮に感じられて、ふだんのめり込んでいるナイトゲームでのナマズ釣りとのいろいろな“違い”をあらためて実感できておもしろかった一面も。(笑)

釣果は爆釣とは程遠いレベルではあったけれど、小型ながらもサクラマスが3尾、そしてこの日のパターンがひとつ分かってからはポツポツとニジマスも釣れ続けて、まあ、久し振りにのんびりと一日フライフィッシングでのサクラマス(&ニジマスその他魚種)の釣りができたので、とりあえず満足できる休日の一日となった。

たまにはいいかな!と思えた、久し振りの管釣FFサクラマス釣りだったネ。(笑)

本日のサクラマス> 1尾目

P1040803.JPG

2尾目

P1040806.JPG

そして3尾目

P1040807.JPG

 (追記)

今回はポンドにほとんどサクラマスは残っていなかったようなので、また機会があったら今度はサクラマスの放流にあわせて行きたいね。サイズ的にも35cm以上を放流するタイミングでね。もっとスリリングでエキサイティングな管釣サクラマスのフライフィッシングが楽しめるからね!。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

久し振りの管釣 FFサクラマス  [エリアF.F.]

P1040809.JPG 

雨あがりの11月下旬の日曜日、いつものナマズ釣りはちょっとお休みにして、久し振りにフライフィッシングで狙う管理釣場のサクラマス釣りに。

場所は栃木の鬼怒川フィッシングエリア。

この時期このタイミングで管釣でサクラマスを放流しているところはまだ少なくて、いろいろとHPをあたってみたところ唯一、1週間前のタイミングではあるけれどポンドにサクラマスを放流したとのことでここを選定。

朝4時に起床し5時前に家を出て、東北道、北関東道、そして国道4号を経由して北上し、約1時間半をかけて(ふだんのナマズ釣りとはえらい違い!)6時過ぎに目的地へ。

そして朝の7時の開園を迎えて釣りを始め、結局午後の3時過ぎまで一日釣りを楽しんだ。(鬼怒川FAの終了は午後の4:30までなんだけれど少し早めに納竿)

そのなかで、今日は途中から日差しも強くなり汗ばむほどの陽気になってきたんだけれど、今日みたいに暖かくて眩しいくらいの日差しのなかでの釣りは妙に久しく新鮮に感じられて、ふだんのめり込んでいるナイトゲームでのナマズ釣りとのいろいろな“違い”をあらためて実感できておもしろかった一面も。(笑)

釣果は爆釣とは程遠いレベルではあったけれど、小型ながらもサクラマスが3尾、そしてこの日のパターンがひとつ分かってからはポツポツとニジマスも釣れ続けて、まあ、久し振りにのんびりと一日フライフィッシングでのサクラマス(&ニジマスその他魚種)の釣りができたので、とりあえず満足できる休日の一日となった。

たまにはいいかな!と思えた、久し振りの管釣FFサクラマス釣りだったネ。(笑)

本日のサクラマス> 1尾目

P1040803.JPG

2尾目

P1040806.JPG

そして3尾目

P1040807.JPG

 (追記)

今回はポンドにほとんどサクラマスは残っていなかったようなので、また機会があったら今度はサクラマスの放流にあわせて行きたいね。サイズ的にも35cm以上を放流するタイミングでね。もっとスリリングでエキサイティングな管釣サクラマスのフライフィッシングが楽しめるからね!。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

“雨上がりのナマズ一尾”へのこころ模様・・・ [ナマズ釣行記]

P1040792.JPG

11月19日(Sat.) 8:00p.m. 

やっとあがった雨上がりのタイミングにて釣れたナマズ一尾。

ちっちゃかったけれどね。

でも、今日はこれでとりあえず満足・・・。(笑)

(一夜あけた翌朝の追記)

実は、この子ナマズが釣れたポイントはひょっとしたらもう少し大きなサイズのナマズもいたかも知れないし、それも充分に期待しての第一投だったんだけれどね。

その第一投ですぐにかかってきたのがこのちっちゃな子ナマズで、それで水面バシャバシャやってしまったものだから、たぶんそれでもう出なくなっちゃったかなぁ、って。

あ、まずい!、って思って鮎の友釣りよろしく子ナマズの“空中抜きあげ”の技(!笑)を即やったんだけれどね。

確かに今の時期一発で決めないとホントにもう出てこない感じがあるから、ましてや狭いポイントだったら、たとえ複数尾のナマズがいたとしても1尾釣れちゃったら2尾目はもう出なくなっちゃう、そんな状況もたぶんあったかなぁ、ってね。

まあ、子ナマズが先に釣れてきちゃったとしたらこれも“運”だし、やっぱりこの期待したポイントには子ナマズしかいなかった?かも知れないけれどね・・・。

(・・・・なんだかんだ言って今回の“雨上がりの釣果”にちっとも“満足”なんかしていない様子?!) 笑

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

11月3W 今週末のナマズ釣りと雨  [ナマズに関連]

プレゼンテーション1.jpg

やれやれ、11月ってこんなに雨が降る季節だったかなぁ~?。なんか最近の記憶には週末のたびに雨、って感じばかり。

11月も中旬になり各地から雪の知らせも見聞きするようになってきて、身近なフィールドのナマズの活性もあきらかに低くなりつつあるのを感じてきている中で、ともすれば釣りに行こうとすることに対するネガティブ要因になるものばかりになりつつあるこの時期に、さらに“雨”が加わる・・・。

この時期の“雨”はまさに釣りに行こうかどうしようかと迷う時に、強烈なカウンターパンチ(!)的な圧力となって立ちはだかってくる。そのパンチの圧力の前に大体が挫けてしまうんだけれど。

さてさて、今週末も雨。

昨晩は都内のハイセンス(!?)な街・豊洲にある、あるスーパーさんでの大陳列作業を強力な助っ人同僚氏とともにあたり帰宅時間も遅くなったので、恒例のナマズ釣りは翌朝早朝4時に起床していくことにしていったん就寝。しかし朝起きてみると、心配はしていたがやはり外はすでに雨模様になっていて、それで早朝のナマズ釣りは即、挫折。

さてどうしたものかと思いながら、それでも何気にTVから流れてくる天気情報やらインターネットでのピンポイント天気情報やらを集めてみると、この週末の雨には次の3つの要素があることに目が留まる。

その3つの要素とは、

この雨は今晩(土曜日)21時過ぎ頃には弱くなって、そして上がるらしい                           南風が一時的に入り、今日の最高気温は前日比で大幅にアップするらしい              さらに、月曜日にはまた気温が一気に下がるらしい

これだけの“情報”があれば充分。

今週末のナマズ釣り”は今晩に行こうかな!。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

11月中旬 冬に向けてのもう一枚のカードをきる [ナマズ釣行記]

先日の釣行で、超・時短、省エネと銘打って、家を出てから7分云々との釣行記を記したが、実はもっとご近所でナマズが釣れる川のポイントがある。

そしてその川のポイントはちょうど一年前の今頃、ナマズ釣りを始めて3か月目ぐらいのタイミングでちょっと通っていたポイントで、12月初めくらいまでだったかと思うが、行けばサイズは小さかったが必ず何尾かは釣れ続けたポイントでもあった。

今夜外気温はさらに下がって11℃。これからのナマズ釣りの観点は、“釣れるか釣れないか”、“いつまで釣れるか”、この2点に絞ってもよさそうであると考えた。

そこでより時短・省エネを求め効率よくナマズ釣りをしていくとのことで、冬に向けたもう一枚のカード、すなわち今まで温存していた感じのこの川のポイントの“カード”を今夜ついに切って、先ほど試し釣りに。

車で2分(ホントに近いなぁ~! 笑)。とりあえず今夜は一カ所のポイントで。

P1040778.JPG

実釣時間約5分。サイズ55cm。バフッ!と補食サウンド一発、いつものTWルアーで釣れた1尾。

よし、感触はバッチリだ!。ちょっと寒いだろうけれど今週末からのナマズ釣りはこの川のポイントで決まりだね。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

超時短&消エネ・プラスのナマズ釣り! [ナマズ釣行記]

P1040774.JPG

11月13日(日) 外気温15℃

今週末土・日は二日間とも休日出勤でフルに仕事だったので釣りどころではなかったんだけれど、日曜日の夜、やっぱり週末のナマズに会いたくて、ちょっとだけ釣りに。

家を車で出てから約7分。駐車スペースに車を置き、リアハッチをあけて約10秒でロッドとニーブーツそしてタックルバッグを取り出し身に着けて、そして10秒ほど歩いたその先の本流への小さな流れ込みのワンドになったポイントで、流れの5mほど先を目がけてワンキャスト。

ルアーが水面に着水し、ベイトリールのハンドル1回転後に、TOPで一発!まだまだ元気なナマズ1尾釣れました。

玄関出てから7分20秒、ルアー1投、リール1回転で、60cmナマズ1尾 ♪

釣れる時には一発で釣れてしまうナマズならではのなんとも超・時短、消エネの、そして目の覚めるようなキレのある(たまにはね!)今日の釣りでありました。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

11年11月11日PM11時に1尾のナマズ [ナマズ釣行記]

P1040769.JPG

狙っていたわけではありません。(笑)

外気温12℃の晩秋の冷たい雨の降り続く夜に、またまたカッパを着込んでフィールドに立って、11年11月11日PM11時のタイミングで釣れた、昨晩唯一(1)のちっちゃな子ナマズ1尾。

巷では、この日にちなんで愛を誓ったり、結婚式をあげたり、婚姻届を出したり、なかには帝王切開をしてまでもおなかの赤ちゃんを出産したりと、いろいろと特別視しての能動的なとらえかたをした1日だったよう。

でも、昨晩の夜中のナマズ釣りは、冷たい雨が降り続き、かすかに霧にかすむ中を、想像以上に増水して水嵩を増し濁流となった流れで、おまけに上流で川岸の草をごそっと刈り取ったのであろう、その刈り取られた草がひっきりなしに流れ落ちてくる最悪(!?)のコンディションの中でのナマズ釣り、結局ちょー渋い貧果の結果に・・・。

一夜明けた今日は、天気も回復して、気温もぐっと上がり、東京では昨日よりも7℃も最高気温が高い20℃にまでなる小春日和の一日になる、とか。

(昨晩は行かなくてもよかったかなぁ、なんてね)

結局、昨晩のナマズ釣りは、1の恩恵とは全く無縁の(たとえば、ビッグ1ゲットとかね)、逆に1の呪縛にとらわれてしまった感のある(結局このちっちゃなナマズ1尾だけ・・・)、なんとも手ごたえ、しまりの得られなかった11月雨降る夜のナマズ釣りになってしまいました。(苦笑)

(追記)

今週末のこの土・日の二日間は仕事。ちょっと夜中の釣りは控えようかなぁ、ってね。でも今日の夜なんかに釣りに行ったらきっと釣れるだろうなぁ。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

晩秋の夜にナマズの記述本に向かう [ナマズに関連]

 P1040766.JPG

ものすごく久しぶりにその存在を急に思い出し、本棚の奥を探して、そして取り出してきた一冊の本がこの『原色日本淡水魚類図鑑』。

うん十年も前(!)に購入して、その当時読んでいた魚に関する専門書の一冊。

少しホコリをかぶっていたその扱いで、いかにここうん十年と全く見向きもせずに忘れ去っていたかがわかる・・・。

お目当てはP.264~P.266にちゃんとあった、Silurus (Parasilurus) asotus マナマズ の記載のところ。他のページの他の魚の項には目もくれずに真っ先にページを開き、目をやる。(笑)

インターネットの世界にどっぷりとつかった日々を送っている今であっても、やはり晩秋の夜長には自然と書に向かいたくなる。そして今宵、目を通しているページが今まさに今の自分にはこのページしかないであろうというナマズ関連の、それも“マナマズ”の記載の項・・・。

我ながらひとり、なかなかイイ感じで晩秋の平日の夜を過ごしているなぁ~、と(すこし妄想の世界に、否、読書の世界に入り込みつつ・・・)。でも、読み始めた本がかなり昔の本だというのが妙におかしく、面白い!。(笑)

まあ、そんななか、“成長”とある記載のところで次のような記述が。

<成長  1年で体長10~15cm、2年で20~30cmというのが、標準的な成長であろう。4年以上で60cmに達する。黒竜江水系では8年で70cm、中国大陸では 1.5mに達することもあるという。最小成熟体長は30cm前後である・・・・

いつの間にか中国のマナマズの話しになってしまっているところがちょっと戸惑うところでもあるが(笑)、“へぇ~、ナナマルっていうのは8年はたったやつなんだぁ”、とあらためて感心して。

さらにええっ?、マナマズの種で1.5m!?。そんなに大きくなるやつもいるのか!?”、との驚喜・驚愕の新(?!)事実が。

まあこれは広大な国の中国大陸での事例とのことのようなので、一概にはこの日本に生息しているマナマズにあてはめられるようなものではないのかも知れないけれど、でもどうなんだろう?、と。やっぱり思いはそこに行く。

意外と情報を集めてみたのなら、日本でも釣り人や漁師の人たちの中には過去に自分たちの遙かに想像を超えたサイズのビッグナマズを釣ったり、獲ったりした経験のある人もちゃんといるかも知れないし、結構大きなサイズのマナマズが日本でも確認されていたりする事実もあるかも知れない・・・。(こんなことを想像している肝心のデータベースが、このうん十年も前の本からなので、あらためておかしく、面白いけれど(笑))

そこまで思いを馳せたとき、また急に今年の春の一つのナマズ釣り体験を、ある品とともにあらためて思い出した。

なんとなく取っておいたこのがまかつのSIZE1のアシストフック。暗闇の中、いきなりのナマズ特有(と信じているんだけれど(笑))のバイトに間髪を入れずに合わせをいれ、ガッチリフッキングして、そして数秒ほどのやりとりのあとに急にすっぽ抜けた、あのときのルアーに装着していたアシストフック。

この写真のように、2本のフックもろとも伸びてしまっていた・・・。

P1040767.JPG

 

えっ?!、ひょっとしたら・・・!。  (笑)

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ナマズ情報に触れて! [ナマズに関連]

P1040766.JPG

ものすごく久しぶりにその存在を急に思い出し、本棚の奥を探して、そして取り出してきた一冊の本がこの『原色日本淡水魚類図鑑』。

うん十年も前(!)に購入して、その当時読んでいた魚に関する専門書の一冊。

少しホコリをかぶっていたその扱いが、いかにここうん十年と全く見向きもせずに忘れ去っていたか・・・。

そしてお目当てはP.264~P.266にちゃんとあった、Silurus (Parasilurus) asotus マナマズ の記載のところ。他のページの他の魚の項には目もくれずに真っ先にページを開き、目をやる。(笑)

インターネットの世界にどっぷりとつかった生活を日々送っている今であっても、やはり晩秋の夜長には自然と書に向かいたくなる。そして今宵、目を通しているページが今まさに今の自分にはこのページしかないであろうというナマズ関連のそれも“マナマズ”の記載の項・・・。

我ながらひとり、なかなかいい感じで晩秋の平日の夜を過ごしているなぁ~、と(すこし妄想の世界に、否、読書の世界に入り込みつつ・・・)。でも読み始めた本が相当昔の本だというのが、妙におかしく、面白い!。(笑)

まあ、そんななか、“成長”とある記載のところで次のような記述が。

<成長  1年で体長10~15cm、2年で20~30cmというのが、標準的な成長であろう。4年以上で60cmに達する。黒竜江水系では8年で70cm、中国大陸では 1.5mに達することもあるという。最小成熟体長は30cm前後である・・・・

いつのまに中国のマナマズの話しになってしまっているところが戸惑うところでもあったが(笑)、“へぇ~、ナナマルっていうのは8年はたったやつなんだぁ。”、と。

さらにええっ!?、マナマズの種で1.5m?。そ、そんなに大きくなるやつもいるのか!?”、との驚愕の新(?!)事実が。

まあこれは広大な国の中国大陸での事例とのことのようなので、一概にはこの日本に生息しているマナマズにあてはめられるようなものではないのかも知れないけれど、でもどうなんだろう?、と。やっぱり思いはそこに行く。

意外と情報を集めてみたのなら、日本でも釣り人や漁師の人たちの中には過去に自分たちの遙かに想像を超えたサイズのビッグナマズを釣ったり、獲ったりした経験のある人もちゃんといるかも知れないし、結構大きなサイズのマナマズが日本でも確認されていたりする事実もあるかも知れない・・・。(今宵、こんなことを想像している肝心のデータベースが、このうん十年も前(!)の本なので、あらためておかしく、面白いですが・・・(笑))

そこまで思いを馳せたとき、またにわかに今年の春の一つの体験を、その品とともにあらためて思い出した。

P1040767.JPG

なんとなく取っておいたその品というのが、このSIZE1のアシストフック。

暗闇のなかでいきなりのナマズ特有のバイトにすかさず合わせをいれ、ガッチリフッキングして、そして数秒ほどのやりとりのあとに急にすっぽ抜けたときのルアーに装着していたアシストフック。2本のフックもろとも、このように伸びてしまっていた・・・。

えっ?!、ひょっとしたら・・・!。  (笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ナマズ、ナマズ たまには サクラマス [ナマズに関連]

何気に鬼怒川フィッシングエリアのHPを覗いてみると、なんとすでにサクラマスの放流がはじまったことの告知が。

管釣のFF、それもサクラマスのみをターゲットにした管釣での引っ張りのFFに少し前まではまっていて、おもに栃木県の“鬼怒川フィッシングエリア”や“大芦川F&Cフィールドビレッジ”に通い詰めていた時があった。

今はナマズ釣りにどっぷりなので、ここしばらくはゼンゼン行ってもいないのだが、ここにきてだいぶ寒くなってきて、おまけに何回か続いた週末の雨の中の夜ナマズでちょっと厳しい釣りなんかをやっていたりすると、あの管釣特有のイタレリツクセリ(!?)、お気楽・お手軽フィッシングに一瞬ちょっとココロ傾いてしまう自分が・・・。

久しぶりにFFのツールを引っ張り出してみた。

フライをちょっと気合いを入れて巻いてストックできれば、いつでも参戦OKだ!。

P1040759.JPG

愛用の TSR SHⅡ 9106 9’1” #6 にWF-6-S TYPEⅢ、同TYPEⅡをメインにそれにWF-6-I を状況に応じて使い分けて装着し、フルキャストしたフライの超・高速リトリーブによる攻めの管釣サクラマス狙い。

ナマズ釣りのあいまに、たまにはちょっと行ってみようかな、休日の晴れた日にね。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

11月 雨のなかの週末ナマズ釣り [ナマズ釣行記]

週末恒例のナマズ釣りは、今週の金曜日の夜は仕事の都合で行けなかったので、土曜日の今日、薄暗くなってきた頃合いで出かけてきた。

車に搭載の温度計で外気温をみるとまだ20℃を表示している。もう11月だというのに、この気温はちょっとフツーじゃあない。

日が暮れようとしている時間帯なのに、本流の川に向かってルアーをキャストし始めるとうっすらと額に汗がにじみ出てくる始末。

それで、まあここまで暖かければ今週末今晩のナマズ釣りは少し時間をかけてじっくりと楽しもうかな、と思いはじめたところに、なにやらにわかにポツリポツリと雨が降ってきた。

あれ?、天気予報では今日はまだ雨は降らないって言っていたのになぁ・・・・。

最初はポツポツ程度だったし、そして暖かかったこともあって、“少し濡れてもいいや”とばかりにそのまま釣りを。

が、しばらくするとすぐに本降りの雨になってきてしまった。

でもまだ釣りを始めたばかり。これではまだ帰るに帰れない・・・・。

もう少し釣りをやっていたい週末釣り師はしかたなく、車の荷台からカッパを取り出し、とりあえず上だけ羽織ってまた川に向かう。

今回、トップを引くルアーにバイトしてきたナマズは計10尾。その内2尾はバレてしまったけれど、3尾をキャッチ。(バラシたうちの1尾はまたちょっとデカかった)

1尾目。

P1040751.JPG

2尾目。

P1040752.JPG

そして、やっとのことで3尾目のナマズをキャッチ。

P1040754.JPG

しかし、なんだかんだといっても雨降るなかでの夜の釣りはやっぱり辛いのである。いくらナマズ釣りにはまっているとは言ってもこのような状況ではモチベーションもだんだん下がってくる。

(っていうか、よっぽどナマズ釣りが好きでなかったら、まずこんな雨の日の夜にまで釣りなどやっていないよね。(笑))

少し暖かかったとはいえもう11月。釣り始めのころの気温は20℃だったのがカッパを羽織ってやっていたころには18℃にまで下がってきていた。今晩のナマズ釣りは少し時間をかけて楽しもうかと思って始めたのだったが、3尾釣って、4尾目は結局あきらめて早めの帰宅へ。

週末の夜はできれば雨は勘弁してもらいたいなぁ、ホント・・・。(苦笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

来週はまた寒くなるらしい・・・(関東エリア) [ナマズに関連]

明日(11/4)からの一週間の天気予報を見てみると、最高気温にひとつの境があるようだ。

天気.png 

着目ポイントは20℃のラインで、来週月曜日11/7までは最高気温が20℃を超える日が続くようだが、その日を境に一段下がり、来週火曜日11/8以降は一日のうちの最高気温が10℃台となっていく。

素人目にも単純に考えて、たぶん来週の週末は今週末以上に寒くなっている・・・。

はたしてナマズ釣りにこの最高気温の20℃ラインがどう影響あるのかないのか、今は情報もないのでよく分からないが、一つ言えることはナイトゲームで暗闇の川原に立って釣りをする自身への影響は、その心理的な面から20℃ラインの最高気温というのは結構影響があるといえること。

心情的に20℃を超えた日というのはまだなんとか“温かかった日”なのであるが、一方の20℃に届かなかった日は“寒い日”を連想してしまう。

とくに今の時期のこのタイミングでは微妙に気になるラインなのである。

寒いとモチベーションも下がってくるし、腰もついつい重くなってくる・・・。(笑)

そうすると、来週末はまだどうなるかわからないけれど、11月になったこのタイミングでのナマズ釣りを考えると、まだそれなりにあたたかさの残る今週末はちょっと大事に臨みたくなる。

11/22だったかな、2011年の冬至は。冬本番もあっという間にやってくる。

(おまけ)

11/3の早朝4時にちょっと行ってきた釣果2尾。一応11月ナマズの記録に。

P1040737.JPG

P1040741.JPG

ともにトップで勢いよく食らいついてきた本流のナマズたちでした。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

SIZE 1/0  ASSIST59LIGHT [ナマズに関連]

 今日釣具店に行って店内を見て回っていたら、いつも買って使っているアシストフック「Gamakatsu ASSIST59LIGHT」(SIZE 1 )が並んでいる横に今まで品揃えされていなかったSIZE 1/0 を発見!。

「Gamakatsu ASSIST59LIGHT」のSIZE 1 、このフックは結構気に入っているのだけれど、さらなるフックの強化策も検討テーマのひとつとしていろいろと探していた。けれどなかなか代替案が見出せなかったところへ、それがひょんなところで同じフックでの“強化アイテム”に出会えたので、“これだ!”とばかりに店内にあった商品を全部根こそぎに買い占めてきてしまいました!。(笑)

そのSIZE1/0がこれ。

P1040745.JPG

SIZE1のフックとの違いは、ひとまわりサイズが大きく、太い軸仕様。写真の左側がSIZE1/0のフック。

P1040744.JPG

ちょっと写真では分かりずらいかも知れないけれど、現物は結構良さそうな感じ。

以前ヒラマサやロウニンアジ(ミニGT)、カツオ、歯鰹などを狙ってジギングにはまっていた時、SIZE1のさらに上にSIZE1/0があってこれもよく使っていたのを思い出した。昔のことだったのですっかり忘れていたんだけれど・・・。

今シーズンも秋が深まりだいぶ寒くなってきて、ナマズ釣りのシーズンも終盤の様相になってきた感のあるタイミングだけれどさっそくこんな感じで装着。↓

P1040748.JPG

さてさて、ビッグワンを狙って、もういっちょう気合を入れてナマズ待つフィールドに向かいますか!!。笑

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー