So-net無料ブログ作成
ナマズの飼育 ブログトップ
前の20件 | -

60アップサイズのナマズのエサは、今週末も10cmサイズのカエル。 [ナマズの飼育]

IMGP1887.JPG

IMGP1891.JPG



今、わが家の玄関先でこんな水槽に入れて飼っている60cmアップサイズのナマズ、マナマズくん。

ホントは熱帯魚ショップで90cmサイズ以上のちゃんとした大きさの水槽買ってきて、もう少し広くてマシな環境で飼ってやりたいところなんだけれど、諸事情あってそれが叶わず、仕方なく今はこんな環境で飼っているんだけれど、

まあ、そんな理由もあり、時間のとれる週末は近所の田んぼまわりの水路に出かけ、10cmくらいのトノサマガエルをつかまえてきて、そのカエルをエサに与えてやったりもしているんだけれど、

今日も最大サイズ10cmくらいのトノサマガエル1匹に、8cm、6cm、そして5cmサイズの計4匹のカエルを釣ってつかまえられたので、家にもって帰ってきて、さっそく水槽の中に放り入れてみたら、、、

やっぱり、ナマズって、カエルが大好物だわ!、って、

まず、一番大きい10cmサイズのトノサマガエルがあっという間にナマズの腹の中に吸い込まれ、残りのカエルたちも、続けざまに喰われ、、、

60cmアップサイズのナマズともなると、これくらいのトノサマガエル4匹くらいのエサなんて、あっという間にペロリでまだまだゼンゼン足りないくらいみたい!。

先週に引き続き、このナマズくんにはこれで計6匹のトノサマガエルを喰わしてやったことになるんだけれどね、

もう一度書くけど、

やっぱり、ナマズって、カエルがめちゃ大好物だわ!!!、って。(笑)


フロッグのルアーで釣れるわけだよね、ホントにさ。あらためて実感だね。(笑)






にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

死んだ魚も食べる日本のマナマズ [ナマズの飼育]

IMGP9244.JPG

今、家で飼育している子ナマズなんだけれど、生餌もしくはペレットだけではなくて、ためしに与えてみた死んでしまったキンギョもエサとして食べるんだよね

実際死んだキンギョを捕食するシーンを直に見たことはないんだけれど、入れておいたキンギョがいつの間にか無くなっているから、食べているってわかるんだよね

他のナマズ、たとえばアメリカナマズとかなんかを釣りの対象魚にして楽しまれている諸先輩方もいる中で、その時のエサには魚の切り身とかを使って釣ったっていうはなしを目にさせてもらってたりしてて、たしかに大食漢のナマズの種であれば何でもエサに喰っちゃうんだろうなぁ~、って思っていたんだけれどね、

でも、根拠はなかったんだけれど、なぜか“マナマズ=死んだ魚もエサにする”という構図は自身の意識の中にはなかなか結びつくモノがなくって、考えもしたことなかったんだけれどね、

でも、実際に今家の水槽で飼っているわが家の子ナマズくんが実際に死んだキンギョも食べちゃっている事実を目の当たりにするとね、ああ、日本のマナマズもフツーに死んだ魚(肉)も食べちゃうんだなぁ~、ってね。

ということは、昔からマナマズをエサで釣るときには、あのあまりにも有名な生きたカエルをエサにしたポカン釣りや、あとは良く釣りの本やネットでも情報得られるミミズのえさや、生きた小魚のエサなんかでナマズを釣る釣り方を知ることができるんだけれどね、でも、冒頭のアメリカナマズのエサ釣りと同じ死んだ魚の肉(切り身)でも、マナマズ、釣れちゃうのかなぁ?!。

さてさて、どうなんでありましょうか???。

まあ、ワタシは魚の切り身(もしくは内臓肉)をエサにマナマズを釣ってみようとは思いもしないですけれど。(笑)



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

水槽の水替えついでに、夏の手乗りナマズ!(笑) [ナマズの飼育]

IMGP9166.JPG

IMGP9167.JPG

IMGP9168.JPG

IMGP9171.JPG

IMGP9172.JPG

IMGP9174.JPG

IMGP9175.JPG

IMGP9177.JPG

やれやれ、人間につき合うのも大変だよ、やっと落ち着けるわ・・・

と、子ナマズくんが言ったかどうかはわかりませんが!。(笑)



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マナマズの飼育記、新顔お披露目! [ナマズの飼育]

家飼いのマナマズ、

1尾目のナマズはけっこう大きくなりすぎちゃって来たんで元居た川に戻してあげて、そうして今はこの5月のGW中に釣れた39cmサイズのマナマズをお持ち帰りして、2尾目(2代目!)子ナマズとしての家飼いをまた始め、そうして今夜、初めてフリーズドライの天然飼料のエビエサ(「ヒカリFDビタミン 淡水エビ」)と、もう一種のエサ(「ひかりクレスト ビッグカーニバル 大型肉食魚用」)をパクパクと食べてくれて・・・

でね、もう、このマナマズくんも家飼い、大丈夫かな、ってね!。(笑)

では、その子ナマズくん、Today'sナマズ!の当ブログでの画像初公開です!!(笑)

IMGP8878.JPG

IMGP8883.JPG

IMGP8884.JPG

天然のマナマズの家の水槽での飼い方も、だいぶフツーに慣れてきたかな!。(笑)




にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

水槽のナマズの棲み家、間取りを広げて新設! [ナマズの飼育]

日付は変わって、今日はもう3月1日。2月の冬ナマズを追っかけてて、結果を残せぬまま(まだ、言ってるよ!苦笑)、あっという間に2月が終わり、またひと月経過して3月になっちゃった、って感覚なんだけれど、

3月になってもこのアタマの中はナマズのことばかり・・・、って、まあ、そういう事ばかりではたぶん無いとは思うけれど(笑)、それでも昨日の出来事の中で、今、もうひとつナマズの話題があったので記事にアップして。

いま家で飼っている水槽の中のナマズくんの棲み家のことなんだけれどね、

IMGP8411.JPG

上の写真の塩ビの管、下の細い方が今まで水槽の中に入れていた、ナマズの隠れ場所にとして設置していた方なんだけれど、昨日ひょんなことで写真上の方のぶっとい塩ビの管が手に入ってね、

IMGP8412.JPG

口径をみるとこんな感じでかなり間口も広く確保できるサイズでね、さっそく、水槽の中に入れて棲み家を取り替えてやったら、すぐに新しい方の塩ビの管にスルッと入ってきて、

IMGP8414.JPG

写真アップするとこんな顔!

IMGP8416.JPG

なんとも、広々とした間口のあたらしい棲み家にご満悦な感じのわが家のマナマズくん!(笑)  (それにしても相変わらずのおなかPANPAN!!笑)

IMGP8428.JPG

ちなみに、尻尾の方は、棲み家からはみ出ていても構わないみたいではありますが!。(笑)

・・・・・、2月のナマズは結局ゲットできず、釣れなかったけれど、まあ、家に帰ればこのマナマズくんがいるから、まあ、いいか!、なんてね、まだ昨日までのこと言っているよ、このひとは!。(苦笑)

(神様、仏様、3月のナマズは次の釣行の時にはサクッと1尾、春ナマズでイイから釣らせてくださいよ、頼みますよ、ホントーにね。。笑)




にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

家でナマズを飼っている人! [ナマズの飼育]

IMGP8359.JPG

Today’sナマズ!の当ブログのね、「検索ワード」によく残っている言葉のひとつのジャンルに、

  • 飼育ナマズ
  • ナマズの飼育
  • ナマズの飼い方
  • ナマズを飼う
  • 日本ナマズの飼い方
  • 釣ったナマズの飼育
  • 飼育食費いくら
  • ナマズえさやり
  • ナマズ飼育ブログ
  • 大型ナマズの飼い方
  • ナマズの飼い方冬場
  • ニホンナマズの飼育
  • ナマズ飼育の魅力
  • ペレットに慣れさせる
  • 釣ったナマズを飼う
  • 冬場のなまずの飼育方法

等々、毎日のように、日本のナマズ、マナマズを対象にした飼育に関して検索ワードでこのブログを覗きに来てくれている人たちが結構いてね、

  • なまずを飼っている人

なんかの検索ワードを目にしたときなんか、そうだ!、自分もその内の一人なんだなぁ~、なんてあらためて思っておもしろかったりして!

上の写真(↑↑)は今日のさきほど、今家で飼育中のナマズくんが夕方になり泳ぎだしていたのでパチリと写真に撮ったものなんだけれどね、順調に、そして病気にもかからず元気に毎日いてね!

でも、ちょっとエサ(「ひかりクレスト ビッグカーニバル 大型肉食魚用」)やりすぎ?!(笑)、腹パンパン、けっこうふくらんじゃっているし!

まあ、でもナマズ釣りをフツーにやっている人たちだったら、こんな姿見たくらいじゃあちっとも驚かないよね!、釣ったナマズの腹パン姿なんて、すごいやつはこんなモンじゃあないものね!

なかには20cmくらいの鮒や鯉なんかや、おなじくらいのウシガエル丸ごと食っているんじゃあないかと思えるようなやつも釣れてきたりするしね、ホントは何が腹の中におさまっているのか実際のところは吐き出さない限り分からないけれどね(でも、知らない方がイイかもね!笑)。

そうそう、最近残ってた「検索ワード」のなかにこんなものもあったっけ! ↓↓↓

  • ナマズ釣り好きな人

でへ!、おもわず、ニンマリ!(笑)

そうでした、このワタシもそういえば“ナマズ釣り好きな人”のなかのひとりだったんだなぁ~、ってね。だからこの検索ワードで訪ねてきてくれた人がいたんだものね。

なんか、これはこれでちょっと嬉しかったりして!。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.

今の時刻は19:11。ここ埼玉ではあいかわらず外は冷たい強風が吹き荒れていて、結局日曜日の今日、夜になったら本流の川にナマズ釣りに行こうと思っていたんだけれどね、ちょっとムリかな、今晩はね。2月のナマズ釣りチャレンジはまた来週末までおあずけだね。



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

飼育ナマズのかっこいいポーズ その1 [ナマズの飼育]

IMGP7823.JPG

水面のエサへの捕食時によく見せるこんなポーズ

かっこいいよね!(笑)

さてさて、タイトルにした“飼育ナマズのかっこいいポーズ”、いろいろ写真に撮れたら順次アップしていってみようかな!。





にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬も、元気な、わが家のナマズ! [ナマズの飼育]

IMGP8067.JPG

IMGP8070.JPG

IMGP8075.JPG

IMGP8077.JPG

IMGP8080.JPG

家で飼いはじめて、あれ?、何か月くらい経つのかな?、って思って、過去のブログで確認してみたら、ちょうど今月で14か月目くらいかな!

毎日エサはバクバク食べるし、動きはどんどん迫力を増してくるし、さすがは惚れ込んだだけはある日本のナマズ、マナマズくん!

けっこう大きくなってきたけれどね、もう少し一緒にいようかね!!。(笑)




にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬のナマズの飼育水温 [ナマズの飼育]

この冬はナマズの飼育水温を人工的にはいじらなくして、自然のままに任せて様子をみてみようとしていたのだけれど、先月11月17日頃になって、玄関に置いている水槽内の水温が16.6℃くらいになってきたところで、ナマズが元気でなくなってきたというか、エサも食べなくなってきて水槽の底の方にジッとしているようになってきたので、この時点で自然に任せることはやめにして、このような感じでサーモスタット付きヒーターをセットしてあげることにして。 ↓↓↓

IMGP7679.JPG

まあ、そもそもね、ナマズを家で飼おうとしたのはいろいろなナマズの生態、行動等をまじかに接して観察したいという目的もあってのことだったしね、冬になるのに任せて水温の低下とともにじっと動かなくなっちゃったら、まあ、それはそれでありのままのナマズの生態観察にはなっていいのかも知れないけれどね、でもな~んか、つまんないし、やっぱり“観賞”したいからね、なので、少しだけ水温を上げてやることにしました。

IMGP7688.JPG

水槽内で温泉が湧いてるような状態だね、これはね!

そして今の水槽内の水温はどうなっているかというと、とりあえず19.4℃の安定水温に。

IMGP7825.JPG

そうしたら、家で飼っているナマズくん、

IMGP7818.JPG

IMGP7823.JPG

って感じでね、よく泳ぐし、エサもちゃんとバフバフッボフボフッジュボジュボって食べるし、ときどき、PANPANPAPANN!(ウソついちゃったことのお詫び:パンパンパンは固形のエサではめったに聞かれませんです、ハイ、ごめんなさい!苦笑)、、、、とにかく元気に泳ぎ回っていますです!。(笑)

あとはね、前の記事にも書いたけれど、もう少し大型の水槽、欲しいしね、あとは繁殖させたいからもう1尾をね、釣ってこようと思っていたけどすっかり忘れてて、もう12月になっちゃった!(笑)

でも、もう1尾って言っても、今飼っているこいつは雄雌どっちなんだろう!!!?(笑)、なんかどこかの本でナマズの雌雄の区別はしっぽのカタチで見分けられるって書いてあるのを見たことがあったけれど、そうなんだろうかね?、今家にいるナマズの尻尾のカタチをよく見てみると凹んでいるカタチの方かな?

まあ、お見合い相手は来年の春になったら連れてきてあげようかな、ってね!。(笑)

それにしても、家で飼っているナマズは16.6℃の水温で急に動きが鈍くなっちゃった感じなんだけれど、自然の河川に生息しているナマズたちの生態はいったいどうなんだろうと、またまたイマイチよく分からない領域がでてきちゃったね。だって、以前、たしか厳冬期の1月に川で釣れたナマズがいたけれど、その時測った川の水温がたしか7℃だったからね、それでも水面TOPのポッパーフロッグMチューンで釣れてきたんだから、いったいどういうこと?、ってね!。

まあ、ナマズと水温との関係は、こんなレベルなのでまだまだよく分かりませんですね、ハイ。(笑)



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナマズの飼育水槽 大型サイズの候補ふたつ・・・ [ナマズの飼育]

今、家で飼っているマナマズが45cmサイズに成長していて、そして今、そのナマズが入っている水槽が幅75cmサイズのもので、

IMGP7502.JPG

とりあえず、今のところは水槽の大きさ的にはナマズの飼育も大丈夫そうなんだけれど、でも、これから先のことも少しだけ考えて、今のうちからさらに大きめな水槽の“物件”探しを始め、それで、昨日(11/3)、近所のホームセンターのペットショップ館へ行った際に店内で見つけたのがこのふたつの水槽。

ひとつはこちらで、90cmサイズのセットもの水槽で、値段は税込19,800円 ↓↓

IMGP7526.JPG

そして、もうひとつはさらに大型の120cmサイズの同じくセットもの水槽で、こちらの値段は税込39,800円 ↓↓

IMGP7528.JPG

推奨セットの天面設置の照明器具まで揃えたりすると、そりゃあ、結構な値段になっちゃうよね。

でもまあ、もし、大型の水槽を買うんだったらね、このふたつの内のどちらかのサイズあたりの水槽が選択肢としてはあり得るのかなとね、実際に現物を見てみての感触かな。まあ、それなりの出費にはなりそうだけれどね。

今こうして家でマナマズを飼っているとね、どうせなら雄雌つがいで飼育して、卵を産ませて、そして誕生する子ナマズを見てみたいなぁ、ってね、そんな感じ(夢!?)にもなってきてね!。(笑)

さてさて、大型の水槽の件は、この先どうなるのかまだ若干の思案の最中ではありますが、今シーズンまだナマズがかろうじて釣れるうちにね、40cmクラスサイズのマナマズをもう一尾だけ釣ってきておこうかな!。

でもこの流れ(考え)って、果たしてジンジョウでありますでしょうか???!。(笑)

(マナマズの雌雄の見分け方も、ちゃんと調べてかないとね、なんて!)



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

飼育ナマズのこの冬に向けて・・・ [ナマズの飼育]

IMGP7486.JPG

(↑↑ お気に入りの塩ビのパイプのなかで。やっぱりこういう空間がいごこちイイみたい!笑)

今、家で飼っているナマズが入っている水槽の水温のことで、今年の冬に向けて、このナマズの水槽の環境はどうしようかな?、と今考えているんだけれどね、

先の冬は20℃設定ができるサーモスタッド付きヒーターを買ってきてセットして、春先まで20℃の水温に保って飼っていたんだけれど、それはそれでもいいんだろうけれど、でも今年はこのまま冬になっても水温調整することなく自然に任せて様子をみてみることにしようかなとも今考えていてね、

まあ、自然の摂理にのっとって冬場はエサの食べる量も減ってくるだろうし、その成長速度を少々留めておいてもらう期間としてもね、設けてもいいかな、ってね

ちなみに現在のこの家で飼っているナマズくんの体長は、ちゃんと正確には測っていないけれどおおよそ45cmくらいにはなっていそうで、最近ではフィールドで釣れるナマズの方が小さいサイズの個体のケースもあるようになってきたりもしていてね、そんなとき、ちょっと複雑な心境に成ったりもしなくもないけれど、まあ、もう少しの間はね、このナマズくんとはお付き合いするつもりではいるけれどね!。(笑)

ということで、ナマズの飼育水槽の水温設定に関しては、この秋冬は少し自然に任せてみてみるという事にしようと思っているけれど、大丈夫、かな?。(笑)


にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あれれ?、ナマズはザリガニを食べない?! [ナマズの飼育]

写真.JPG

先日の日曜日に、家のすぐそばの田んぼ脇の用水路であみでつかまえてきたアメリカザリガニの小っちゃいやつ4匹

家で飼っている子ナマズたちにご馳走として食べさせてやろうと思って与えたんだけれど、なんと2日間たったのに水槽を覗いてみてみるとザリガニはそっくりそのままいるみたいだから、食べなかったってこと?!

ザリガニなんてマナマズの大好物のひとつじゃあないか、って思ってたりしてたんだけれど、これは意外や意外、この状況はほんとなんだろうか??

ザリガニの手ごろなヤツ与えたら、それこそ目の色変えて瞬時にパクって感じじゃあないかって思ってたんだけれどね、ちょっとサイズ的に大き過ぎる?、いや、このナマズたちだよ、いくら子供だからって言ってもね、たかだか4cmくらいのザリガニが大き過ぎるってことはないだろ、って・・・

乾燥シュリンプのエサはフツーにバクバク食べるのにね、ナマズはモエビやスジエビ、そしてオキアミなんかの類は食べるけれど、アメリカザリガニは食べない、ってこと???、うーん、これはどういうことなんだろうね!

ちょっと、もう少しこのまま観察してみるけれどね。(笑)



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

わが家のナマズ いよいよ大型肉食魚用のエサへ! [ナマズの飼育]

家で今飼っている子ナマズは現在2つの水槽に全部で3尾

そのうちのもっとも生育が早くて、1尾だけ大型水槽に入れているのがこの子ナマズ ↓↓↓

IMGP6693.JPG

IMGP6694.JPG

IMGP6696.JPG

画像ではよく分からないけれど、けっこう動きも俊敏で、元気に成長中!(笑)

ためしに体長(ひげは含まないで)をザックリと計ってみると42cmサイズ

フィールドで42cmくらいのナマズがヒョロっと釣れたりすると、なーんだ!、なんて、すぐにガッカリしちゃったりするサイズだけれどね、家で飼っているナマズくんはまたゼンゼンちがうんですねぇ、これが!

子育てとおなじで、その成長を愛おしく感じたりね!、カワイイもんですよ、ハイ!(笑)

で、そのいちばん成長の早いナマズに、先日またあたらしいエサを買ってきて与えるようになってね、それがこちらの『ひかりクレスト ビッグカーニバル 大型肉食魚用』ってエサ

IMGP6701.JPG

写真右の缶の方はいままでの淡水乾燥エビのエサで、左の袋に入った方のエサでね、中身はこんなやつ ↓↓

IMGP6715.JPG

IMGP6716.JPG

径5.0~5.5mm、長さ20~25mmサイズの一粒で、約3.5cmの小赤のきんぎょ1匹分のエネルギーに相当するエサだとか

いま、このビックカーニバルってエサを朝と晩、一日に2回、それぞれだいたい10粒づつくらいかな、それくらいをやっていて、あっという間にペロリと食べちゃう感じ!

そうそう、昨日、ブログをちょくちょく拝見させていただいているナオさん(『ナマズでナイトフィーバー』)の記事にもちょこっとコメント書かせてもらったりしたけれど、ナマズ飼っていておもしろいのは、例えば今回みたいな浮遊性のペレットなんかのエサを食べるときの食べ方(捕食の仕方)と、活魚のエサ(キンギョとかドジョウとかね)を与えたときの捕食の仕方とはあきらかにその捕食の仕方、パターンが違っているんだよね

なので、これをもう少し観察し、そこから着眼、発想してね、ナマズ釣りのフィールドでの戦術、スタイルなんかに活かせていければいいかなぁ~、なんて、そんなことを思ったり(一瞬の思いつきだったり!)してね、さてさて、この部分はどうなることやら・・・

とにかく、家で飼育中の子ナマズくんたちは今、エサもモリモリ、バクバク、ボフッボフッ、そして、ときどきプチ・PANN、PANN!とナチュラル捕食サウンドも小気味よく発してくれたりして(笑)、みんな元気でたくましく成長中!、ということでありました。(笑)


にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

わが家のナマズ [ナマズの飼育]

雨降り&河川の大増水のへんな天気が続くここ埼玉の地にて、なかなかナマズ釣りに行けない今を多少なりともそのココロ癒してくれるのは、わが家で今飼っている3尾の子ナマズたち

一番エサをモリモリ食べる子ナマズはやっぱり他の2尾よりも成長が早く、現在の体長はざっとモノサシをあてがって測ってみたところ約40cmのサイズに!

IMGP6477.JPG

そうとうな、成長曲線の上昇スピードと、それに比例するエサの乾燥淡水エビ摂取量のアップと・・・

覚悟して飼いはじめたナマズくんたちであったけれど、他の2尾も含めていっぺんに3尾ものマナマズくんたちと一緒に暮らす生活スタイル、実情は、やっぱり食費もうなぎのぼり、否、ナマズのぼりになってきているのはあきらかで!(笑)

IMGP6317.JPG

エサ代もだんだんバカにならないとともに、もう一つの心配は、やっぱり、どんどん成長していくこのマナマズくんたちをどのサイズにまで飼い続けるかということ!

いつか別れは当然つきものとわかっている(!笑)このマナマズくんたちとの飼育とはいえ、ではいつまで、どのサイズにまでとなると、まだハッキリとしたものはこの自分自身考えも、展望も、具体的に持ち合わせなく、未定の状態で・・・

できることならば、これも縁あってのこの3尾の子ナマズとの出会いでもあるので、いつまでも一緒にその成長を見守るとともに、日本のマナマズと暮らすライススタイルなんて、こりゃあナマズ釣りの好きな釣り人としてはココロくすぐられる理想のスタイルでもあるし(ちょっとオーバー!笑)、可能ならばいつまでも一緒に飼っていたいんだけれどね、さてさてこの先どういう展開に、運命に、この3尾の子ナマズたちとの日常はなっていくことでありましょうか。(笑)

IMGP6517.JPG

だいぶ顔つきも精悍さをましてきて、

IMGP6540.JPG

で、だいぶこんな触れあい、スキンシップもちょっとだけだけどさせてくれるようにもなってきたわが家の子ナマズ(一番大きい子ナマズだけだけれどね!)

さてさて、次は直接手からエサを食べてくれるようにまでなってくれれば更にうれしいなぁ、ってね!。(笑)

P.S.

いっそのこと、女房にナイショで120cmサイズくらいの水槽、思い切って買ってきちゃって、それで玄関先にデン!!って設置しちゃう!?(爆)



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

子ナマズ飼育の、ひとつの記念日! [ナマズの飼育]

家で飼いはじめた子ナマズくん、だいぶ水槽での環境にも慣れてきてくれて、今では毎日のエサはFDの乾燥エビ(キョーリン Super Red Shrimp ひかりFDビタミン 淡水エビ Net80g)を朝と夜の一日2回を与えているんだけれど、もう、食べる量も日増しに増えてきて、さすが大食いのナマズ!

そして、エサをやるときにはいつもついでに合図を与えていて、水槽のヘリをトントントン!、ってね、ちょっと指で音を立てているんだけれど、だいぶ、その合図の音にも少しずつ反応というか、理解というか、ちゃんと順応し始めてきたというかね、面白いですよ!(笑)

そんな家ナマズなんだけれど、たまーに、やっぱり捕食のシーンも観察がてら見てみたくって、大好物のドジョウを近所の熱帯魚屋さんで仕入れてきてあげたりもしてみるんだけれど、

IMGP6166.JPG

IMGP6168.JPG

だいたい大きさ8cm~10cmほどのドジョウをね、先日20尾まとめて買ってきて、いっぺんに1尾の子ナマズのいる水槽の方へ入れてみたところ、

IMGP6156.JPG

IMGP6159.JPG

あっという間に、一晩で20尾のドジョウぜーんぶをペロリだよ、まったく!!!(驚)

あらためて、マナマズって、なんでもペロリの食性だと再認識したりしてね!

まあ、ドジョウは年に2回くらいのご馳走エサということで、普段は乾燥エビで充分だしね!(笑)

IMGP6174.JPG

で、家で飼いはじめた子ナマズくん、この時、初めて、試しに、

IMGP6178.JPG

胸びれの後ろあたりを指でスリスリとやってみたりしたら・・・

しばらく、じーっとしていたのは初めてのスリスリが気持ち良かったからなのか、はたまた喰い過ぎたおなかパンパンのドジョウで動くのもめんどうで、人間に勝手にスリスリさせていただけなのか、まあ、子ナマズくんの真意は分からないけれどね!、でも、とにかく初めて子ナマズくんとToday'sナマズ!のこのワタシとの間での“スキンシップ”ができた(といえばできたような(苦笑))、そんなひとつの記念日になりましたとさ!。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナマズの驚きの捕食行動から考察! [ナマズの飼育]

最初に断わっておくけれど、これは今、家で飼っている全長約35cmサイズの子ナマズの話です。

別な水槽で飼っていた全長15cmほどの真鯉をちょっと訳があって今朝がた一時的にこの子ナマズの水槽の方へ入れていたところ、しばらくしてなにやら水槽の方でバシャバシャと激しい音が聞こえてきてね、そーと様子を見に行ってみると、なんとこの35cmサイズの子ナマズが15cmサイズの真鯉を追いかけまわして喰いつこうとしているんだよね!

IMGP5943.JPG

動画じゃあないんでなかなかリアルな情報提示ができなくて申し訳ないんだけれど(苦笑)、こんな様子でね、

IMGP5949.JPG

IMGP5946.JPG

IMGP5950.JPG

みたいにね、そうとうな俊敏さで追いかけまわして、まさに捕食しようとしているんだけれど、驚いたのはその両者の体長差で、35cmサイズのナマズが15cmの鯉を捕食しようとしているだよね!

実際は食べちゃった結果にまでいっちゃった訳では無いけれど、でもその執拗なまでのどう猛さ丸出し本能での捕食行動にはただただ感心するやら、驚くやらで、ホント、このままにしていたらそのうちバフッ!と一気に飲み込んでしまうんじゃあないかってね

それにしても、35cm:15cm、だよ、この子ナマズと真鯉のサイズ差は!!

これを見てね、単純なToday'sナマズ!のこのワタシ、頭に浮かんだのは、ビッグベイトでビッグナマズ!のKW、きっと自然のフィールドでもこんな関係式が実際に通用する(している?)んじゃあないか、ってね

ということで、Today'sナマズ!的視点での対ナマズ用ルアーサイズの可能性領域!として、

  • 35cm → 15cm
  • 50cm → 21cm
  • 60cm → 25cm
  • 70cm → 30cm
  • 80cm → ・・・・!

うーん、ビッグベイトでビッグナマズ!、これはちょっと今シーズンのナマズ釣りの中でひとつどこまでのビッグベイトルアーがナマズ釣りでどう効果を発揮するのかしないのか、ひとつのあらたなチャレンジテーマとしてね、検証していってみようかな。

ボディ本体サイズ6cmそこそこのポッパーフロッグMチューンで、シコシコ小満足なんてしている場合じゃあないかも知れないぞ、こりゃあ、ってね!。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

水草の上に“定位”する子ナマズ [ナマズの飼育]

IMGP5786.JPG

家で飼育中の子ナマズくん

日々、いろいろな姿を見せてくれるんだけれど、今宵は、こんな水草(造花(草)だけれどね!)の上に完全に乗っかるようにして“定位”している姿を見せてくれてね

よく水面付近で上に視線を向けてだいたい斜め45度くらいの角度で泳ぎながら定位(ポーズ)する姿は、今までもよく見せてくれたりしてたんだけれど、こんな感じで水草の上に完全に乗っかるようにして、そして同じような45度の角度で体位を定位している姿を見せてくれたのは初めてかな!

きっと自然のフィールドでも水面下ではこんなポーズをとっているナマズの姿がフツーにあって、ナマズ釣りやっていてよくあるスリリングな一瞬の着水バイトも、きっとこんな定位しているナマズたちの瞬時のダッシュ行動でもたらされているパターンのものもあるんだろうと思えるよね

それにしても、こんな子ナマズであっても、身近に飼っていて今さらながらに思い知ったのは、ナマズの身のこなしのそれはそれはビックリするくらいの俊敏さだね!、これはすごいものがあるよ、ホントーに感心しちゃうからね!

ルアーフィッシングで狙っているナマズ(マナマズ)のゲーム性の高さも、オモシロさも、そしてその魅力度の大きさも、それはこのナマズが持ちあわせているこの俊敏な身のこなしを見てみても当然だと思えるよね!(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナマズ、ただいま成長中! [ナマズの飼育]

IMGP5758.JPG

今、2尾のナマズを別々の水槽で飼っているんだけれど、その1尾の方の全長を今朝がた測ってみたら、約35cmサイズってところでありました!

順調にその個体サイズを増しています!(笑)

エサは、

  • テトラ クリル-E
  • ヒカリ SUPER RED Shrimp ひかりFDビタミン 淡水エビ

IMGP5759.JPG

この2種類をメインにあげていて、あいかわらずの大食いぶりで、バクバク食べていてね

そして、たまに熱帯魚屋さんで生餌(金魚やドジョウなど)を買ってきてそれも与えてみたりしているんだけれど、生餌をあげてみるのはナマズの捕食時の行動観察の狙いの方でね

そのうちあたたかくなってきたら、近所の池や川でオイカワやウグイやザリガニなんかも釣ってきたり網でつかまえてきたりしてあげてみるつもり

カエルの生餌は・・・・、カエルの生餌はどうしようかな?!、たしかに実際のところの捕食シーンを見たことないので興味はあるけれど、でもカエルとなると、どうも感情移入の方が大きくなってきちゃって尻込みしちゃいそう(苦笑)

たぶん、カエルは家のナマズにはやりません(笑)

家ナマズ、ただいま35cmサイズになって順調に(!)そのサイズをアップさせて育ってきていて嬉しい限りなんだけれどね、その先のサイズになってきたときのことはまだとりあえずは考えていないかな

より大型の水槽を手に入れるか、家の庭に穴を掘ってナマズ専用の池をつくってみてそこで飼ってみるか、まあ、いざとなったら近所の川に戻してあげてもいいけどね!(笑)

あっという間に40cm、50cm、60cmくらいにまで成長しちゃいそうだよね、ホントにね!(苦笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナマズはやっぱりドジョウが大好物!? [ナマズの飼育]

IMGP5655.JPG

2月下旬の最後の土曜日(2/22)昨日の夕方、そろそろナマズもTOPでイケるかなぁと、ちょこっと近所の2つの水系の川の本流ポイントと、そしてその支流の中流域ポイントへと探りを入れに行ってみたけれど、まだちょっと早かったかな、結局ノーバイト!

まあ、テレビの天気予報では来週は移動性高気圧に覆われ少しあたたかくなるといっていたのでね、来週の週末くらいかな、今年の初ナマズはね、一応予定ですけれどね!

ただどうも今年は例年になく寒いし、仕事も何だかんだと忙しいし余裕ないし、もう少しすれば3月になってちゃんとナマズも釣れるようになるって分かっているし、どうも当の本人のモチベーションはというと、低調気味で、のんびり構えちゃっていて、しまりがどうも無くってね・・・(苦笑)

そんな脱力系の2月ナマズの探索釣行の昨日だったんだけれど、帰りの途中、4車線の国道沿いで熱帯魚ショップが目に入ったのでちょっと立ち寄り、たまたま店内で見つけたこちらの魚を10尾購入(計298円ぐらいだったかな)

IMGP5662.JPG

体長7~8cmほどのドジョウです。

昨シーズンに釣り上げたナマズの1尾に、口からドバっとドジョウを吐き出した個体がいてね、そんな記憶もあったものだから、今家で飼っている子ナマズ達にもちょっと与えてみようかなってね

家に着いて、早速、水槽の中に入れて、

IMGP5667.JPG

IMGP5671.JPG

暫くすると、

IMGP5670.JPG

IMGP5674.JPG

ちょっとこの写真ではよく分からないけれど、おなかパンパン!、たちまちバクバクっと喰らいつき丸呑みして、ほとんどを喰っちゃった!!(食べる瞬間とかを動画で撮れればオモシロいんだけれどね!)

子ナマズ達、どうやらドジョウも大好物みたいでありました!!(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やっぱり、ナマズのひげセンサー! [ナマズの飼育]

家で飼いはじめた子ナマズ2尾

ホントはもっといろいろなシーンの生態観察画像データを集めてこのブログでも取り上げていきたいと思っているんだけれど、なぜか家で飼っている子ナマズ達はどうも極端に夜行性の性質が強めの個体らしく、もしくは人間的に言えばシャイなのか、はたまたネガティブな言いかたすれば引きこもりがちなのか・・・

まあ、引きこもりはないにしても、それにしても昼間、人がいるところではなかなか泳いでいる姿を見せてくれないし、夜は夜でもやっぱり同じ傾向で、カメラを構えて水槽の前に陣取っていたりすると、スルスルと水槽の奥の方へ泳いで行ってしまいそのあとはもうずーと出てこなかったり・・・

電気を消して暗闇にしてもやっぱりね、なかなか出てきて泳いでくれなくってね、この時期いくら家の中とは言え、水槽の置いてある場所は寒い玄関のところだし、水槽の前にじっと座って何分も待ち構えているのも風邪ひいてしまいそうだし、そんなに辛抱強く待てるものでも無く・・・

最近のひとつの結論、それは、家の中でのナマズの飼育もいわゆる“鑑賞魚”としてはあまり適さないなぁ~、ってね!!(苦笑)

まあ、子ナマズを飼うこと自体、そんじょそこらの生半可な観賞魚みたいに、たやすく飼い主に媚びうるような姿を最初から期待していたものでもなく、目的は別なところにあっての子ナマズ飼育のスタートだった筈だからね、まあ、なかなか自然な姿を目の前でいつも見せてくれない今であっても、それはそれでいいんです、ハイ・・・(笑)

で、そんななかでも、なんとか写真に撮れるシーンもあったりしてね、

先の記事でもいろいろ触れているけれど家の子ナマズ達は最近この「TetraKrill-E」(テトラ ジャパン㈱)のエサをパクパク食べていて、

IMGP5596.JPG

そのエサを食べるシーンがこちら ↓↓

IMGP5590.JPG

水面に浮くテトラクリルのエサをめがけて、ヌルッと浮上!

IMGP5591.JPG

チョロチョロっと、ひげセンサーを活発に動かして、オキアミのエサの“何か”を確認して、

IMGP5593.JPG

そして、おもむろに吸い込むようにパクリと捕食!!!

それにしても、もう少しキレイな画像が撮れればいいんだけれどね、まあ、今はなかなか難しいのでそれはおいおいなんとかしていくとしてね、でも、そんなことよりもここでやっぱり確信(!笑)したのは、ナマズ釣りをより一歩進化させて追い求めて行こうとしたときのひとつのキーポイントは、やっぱりこのナマズの捕食時の行動に必ず見られるこの“ひげセンサー対策”だな、ってね!

以前の記事でも記したけれど、Today'sナマズ!で追い求めるナマズ釣りの方向性、コンセプトはズバリ、“ナマズへの超絶・五感刺激アプローチ!!”

その五感刺激策の中でも今、さらに追い求めて進化させていく必要性のある最優先課題が、このナマズ特有のひげセンサーに対する明確、確実、必殺的!(笑)な効果策であり、どんなモノに見出し、そしてそれをどうルアーに装着して、どう具体的にカタチにしていくか、そして、実際のフィールドでエキサイティング&スリリングなナマズ釣りが実践できるかどうか・・・

今シーズンの本格的なナマズ釣りのスタートをもう目前に控えてね、それでいて現状はまだまだこれだっ!というものが見いだせていない準備不足(戦術不足)状態で、さてさて、どっかにヒントになるような新しくて楽しくてワクワクするようなものは何かないかなぁ~、ってね!(笑)。

いっそのこと、超小型の超音波振動発生装置でもフロッグのお腹の中に仕込んじゃう?!(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の20件 | - ナマズの飼育 ブログトップ