So-net無料ブログ作成
検索選択
Mチューンの軌跡 ブログトップ
前の20件 | -

フックシステムの完成形 [Mチューンの軌跡]

IMGP2020.JPG


写真は、ワタシが(ワタシの釣りのスタイルの中で)直近で使っているナマズ狙い用のMチューンフロッグ(サイレントタイプ)ですが、いままでのこの何年間かにわたる試行錯誤のなか、フロント部位とリア部位の2か所へのフック装着を基本としてきました中で、

最終段階かな、特にリアフック部位をこのような仕様とするカタチの着眼にたどり着けたことで、たぶん、もうこれ以上の発展、進化形は、(自身では)思いつかないというか、

まあ、これでそこそこの追い求めてきていた機能性の付与と、期待感、信頼感の獲得、そして、得られている結果によって、もう十分、これはこれでイイのかな、っていうところのレベル、スペックになったみたいです。(笑)


参考までに装着しているフックはこの写真の2種類、#1サイズをフロント部位に、ひとまわり大きい#1/0サイズをリア部位に、それぞれ使用するカタチにしていますが、

IMGP2023.JPG


まあ、こんなフックのシステムなんていうのは、ホントに自己満足の世界のことなんですがね、

ここ何年かずーっとナマズ釣りをやって来ている中で、このナマズのフッキングに関する課題、これをいかに機能性を付与していって、確実性を高めて行けるか、そして、それに付随していかにキャッチ率を高めて結果に結び付けていけるか、

なんだかこれを第一に、ずーと追い求め、続けてきていたのが、Today’sナマズ!のこのワタクシ自身のナマズ釣りだったみたい。(笑)


まあ、このひとつの区切り、この認識、これはこれでイイのかな、ってね。(笑)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(おまけ)

今朝のお散歩がてらのプチナマズ釣りでの1尾、61cmのナマズくん。
水面TOPを泳がすMチューンフロッグにすーと近づき、なんの躊躇もなくバフッと喰らいつき、一発フッキング!。一瞬、パクッとあけた口のなかが見えて。(笑)

IMGP2017.JPG


朝の外気温は15℃で、あっという間に秋の雰囲気になってきてね。

9月になり、涼しくなってきて、もう少しするとこのあたりの灌漑用水路、小河川の水位もぐんと減ってくるタイミングになってきてね、ナマズ釣りの季節指数的なもうひと山、俗にいう“ナマズの秋爆シーズン到来”ね、毎年のことだけれど、今シーズンのナマズ釣りももう一回、つかの間だけど楽しめるタイミングがまた来るね。(笑)





にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

ナマズ釣り用 リアフックシステムの進化形 [Mチューンの軌跡]

このGW期間中のナマズ釣りの実戦で実証済みのMチューンフロッグ リアフックシステムの進化形を、写真でその軌跡として残しておきます。

写真で撮るとその部位の仕組みはこんな感じになります。 ↓↓↓

IMGP1748.JPG

拡大すると、

IMGP1749.JPG


写真で見てもらうと分かるように、今までの経緯の中の太軸#1シングルフックBLの段差2本セットの基本形の中で、今回のポイントはズバリ、短い長さの方のシングルフックを後方に、そして針先を前方に向けての交差形に配置したカタチです。

これでカクダンに!(※あくまでもToday'sナマズ!のこの技量のワタクシの場合ではありますが!苦笑)、ナマズのフッキング率の改善が“実感レベル”(!)ではありますが認められました。(笑)


ここで、ひとつ補足事項でありますが、

次の写真にアップしたようなカタチは、これは間違ってもおススメしないセットアップのカタチで、これも検証してみた結果として、この形ではフィールドでの根がかりが頻発、連発、爆裂!!!で、まったく釣りになりませんでしたので、あえてここに記しておきますのでご注意ください。

前述の短い長さの方のフック位置が前方に配置したカタチなんですね、こんな細かな点ですが、まったく違いました。 ↓↓↓

IMGP1750.JPG

IMGP1751.JPG

ナマズのフッキング以前の問題で、さまざまな障害物等がそこかしこにゴロゴロある実地での実戦では超引っかかりまくり(!)で、一瞬ナマズ釣りに来ているのか、はたまたどぶ川(あるいは水路)の清掃作業のボランティアに来ているのかいったいどっちなんだと分からなくなってしまう程の状況でありまして、、、

もう一度記しますが、まったく釣りになりませんので間違ってもセットアップの形をお間違えなくであります!。(笑)



以上、直近でのMチューンフロッグのリアフックシステムの進化のカタチの紹介でありました!。





にほんブログ村

にほんブログ村

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フロッグのラバースカートをリペア [Mチューンの軌跡]

ポッパーフロッグMチューンのラバースカートは、ナマズを釣っているうちに、あのナマズのやすり状の歯で食い千切られたりしてだんだんとそのボリュームが無くなってきてしまうんだけれどね、その修復に今はこちらのマテリアル2種類を使用していて、そして、重宝していてね、

IMGP0820.JPG

●がまかつ シリコンスカート スーパーファイン Φ0.4mm #122オレンジ
●がまかつ シリコンスカート スーパーファイン Φ0.4mm #117ホワイトマイカ/シルバー


使う量は、#122オレンジ:#117ホワイトマイカ/シルバー=2:1の割合でね、オレンジシートの間にホワイトシートを挟んで、縛ってまとめて、そして、ほぐして、ほぐして、そして、ポッパーフロッグのお尻の部分に差し込み、瞬間接着剤で固着させて、仕上がりはこんな感じにして!

IMGP0822.JPG

写真の上のフロッグがノーマル仕様のラバースカートで、下の〇で囲んだ方のポッパーフロッグMチューンの仕様が修復状態のラバースカート。

ほんとはオレンジの色合いがもう少し濃いめの色だったら全体調和でも良かったんだけれどね、まあ、ナマズ釣りにおけるフロッグルアーのラバースカートの機能性としては影響ないのでね、まあ、これはこれでいいんですけれどね。(笑)

水面TOPのフロッグルアーにおけるナマズ釣りへの五感刺激アプローチのひとつの手段として、ラバースカートはこんな感じでセッティングしておけばOKです!。(笑)

IMGP0819.JPG




にほんブログ村

にほんブログ村

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Mチューンフロッグはここをパンドーで補修 [Mチューンの軌跡]

PANDO=ウレタン系強力接着剤プラスチック用

IMGP0687.JPG

ポッパーフロッグMチューンは使っているとこの部位に隙間が空いて来てしまうことがあるので、そうしたらこのパンドーで補修すると治せます。

IMGP0689.JPG

IMGP0690.JPG

パンドー、比較的安価なので、フロッグルアーをナマズ釣りに使っている人(ベリーフック仕様を採用しているMチューンなんかは特に!)は、ひとつあると重宝しますし、やっぱり必須ですね!。(笑)





にほんブログ村

にほんブログ村


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Mチューンフロッグのつくり方 2-2 [Mチューンの軌跡]

さあ、残り後半の工程部分です。

今日は土曜日で休みなので、Mチューン化の作業を3個いっぺんに一気に集中して進めちゃいました。(笑)

ではでは、“Mチューンフロッグのつくり方 2-2” を、目いっぱいの写真でアップです!。(笑)

①IMGP0554.JPG

②IMGP0556.JPG

③IMGP0560.JPG

④IMGP0561.JPG

⑤IMGP0564.JPG

⑥IMGP0563.JPG

ここの工程がいちばんめんどうかな!(苦笑)

⑦IMGP0565.JPG

⑧IMGP0562.JPG

⑨IMGP0559.JPG

⑩IMGP0566.JPG

↓↓ 最終的な元フックのカットサイズ(長さ)はこんな感じです。上の写真の段階からまた少し先端部分をカット処理しています。Mチューンのフックシステムがクルクル回ってしまわない最小単位での機能性をこの部位で付与しています。

⑪IMGP0567.JPG

⑫IMGP0568.JPG

⑬IMGP0569.JPG

⑭IMGP0570.JPG

ここからのデザイン処理は、まあ、好みですね!。(笑)

⑮IMGP0571.JPG

⑰IMGP0573.JPG

⑱IMGP0574.JPG

IMGP0576.JPG


あいかわらず、各工程のキーコメントもなしで・・・。(あいすみませんです、ハイ。苦笑)

でも今回はとんとん拍子に作れちゃって一気にできちゃった感いっぱいでありました。そして、3個もいっぺんに作っちゃったのでね、今シーズンはもう余裕でナマズ釣りができそうです!。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(おまけ)

参考までに、一応水面に浮かべた時の様子の写真もアップしておきました。キャストして水面に着水した後にこんな感じで浮かびます!。

IMGP0577.JPG

もう少し軽く、自重を減らして浮力を付けたいときは、元からセットしてあるフックのところの鉛を少し削るなどしての軽量化は図れます。まあ、この元から鉛はそもそものNB商品での規格設定量であり、Mチューン化はそこにのっからせてもらってのアレンジチューンナップなので、もし必要な時にはどうぞ。ワタシは今は鉛を削ることなくそのままを使わせてもらっています。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(もうひとつおまけ)

Mチューンフロッグのつくり方には、ナイトゲーム時の“ピタホタル装着シート”工程、これがまだありました!。まあ、以前アップした記事がこのブログのどこかにもありますからそれを見ていただいてもいいんですけれど、また後ほど(気が向いたらね)ここにもその情報をあらためて記したいと思います。(忘れちゃうかもしれないですけれど!。笑)




にほんブログ村

にほんブログ村


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(3) 
共通テーマ:日記・雑感

Mチューンフロッグのつくり方 2-1 [Mチューンの軌跡]

たまにはMチューンフロッグの作り方の工程を写真であらわして行ってみようかな、って思ってね。

でも、平日も含めてのかったるい中でやっているので、細かいことはいっさい抜きの写真メインですけれど。

そして、いっぺんになんてとてもとても進められないので、その日その日の進んだ分だけブログへのアップでね。(笑)

ということで、今宵の第一弾、つくり方その1の写真はこちらから。 ↓↓

IMGP0542.JPG

IMGP0543.JPG

IMGP0544.JPG

IMGP0545.JPG

IMGP0546.JPG

IMGP0547.JPG

IMGP0548.JPG

今日はここまで。もう集中力無くなっちゃって!。(苦笑)

それにしても、各写真の工程に関してのいっさいのコメントも無いなんて・・・。ちょっと、手抜き過ぎだろ、って!。

まあいいや、続きはまた明日!!。(たぶん。笑)




にほんブログ村

にほんブログ村


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ポッパーフロッグMチューンとPANDO(パンドー) [Mチューンの軌跡]

IMGP9350.JPG

このいつものポッパーフロッグMチューンなんだけれど、

使っているうちにこの〇で囲ったところの部分 ↓↓ がね、

IMGP9351.JPG

どうしてもその構造上、穴を開けたところが切れて広がってきてしまい、水が入ってきてしまうという点があるんだけれどね、

そんな時自分も最近使っているのが、この、ウレタン系強力接着剤プラスチック用のPANDO(パンドー156A)

IMGP9353.JPG

IMGP9354.JPG

この商品、容量が150mlもあってちょっと大き過ぎだなぁ~って思ったんだけれどね、買ったお店でたしか700円くらいだったかな、安かったしね、

で、やっぱり使っている人はフツーに使っている、信頼の品質、PANDO、

ポッパーフロッグMチューンのフロッグルアー一辺倒のナマズ釣りをあいかわらず続行中のToday'sナマズ!のこのワタシも、無くてはならない強力な助っ人として、今、重宝しているのでありました!。(笑)




にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

軽量化のために・・・ [Mチューンの軌跡]

ポッパーフロッグMチューン化のひとつのポイントでもあるリアフック部。

元仕様で装着されているダブルフック(がまかつエキストラロングシャンクダブルフック)をMチューンでは2本ともバッサリと思いっきり切り落とさせてもらっているんだけれど(エバーグリーンさん、がまかつさん、いつもいつもゴメンナサイね!笑)、

このダブルフックの切り落としに関してはこのブログでは今まであまり触れてこなかったんだけれど、そのカットに際しての微妙な切り加減、というか、カットサイズに対してあらためて写真を撮ってみましたのでブログにアップしておきますので、もし参考にされる方いらっしゃいましたら、ひとつの目安ではありますが見ていただけましたらと思います。

このサイズは、後付フック周りの本体固定化に必要にして最低限のサイズ(機能)維持、そして、少しでもの軽量化のため、以上、2点を求めてこのカットサイズにしているものです。

では、写真アップしておきますので、参照ください!。

IMGP9017.JPG

IMGP9018.JPG

IMGP9021.JPG

こんな感じを目安にいつも作っているのですが、分かりますでしょうか?!。(笑)




にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ようやくMチューン・フロッグ、2個完成へ! [Mチューンの軌跡]

IMGP8892.JPG

図1.png

やれやれ、あー、たいへん!

やっと、作りかけの2個分を、今晩、今ようやく仕上げることができました!

鰓葉(さいよう)イメージデザインのオリジナル・ペインティング処理も施してね。

それにしても、

だんだんポッパーフロッグのMチューン化、億劫になってきてたりしてない、キミは?!。

(苦笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おまけ

2個のポッパーフロッグMチューンを久し振りに作ったからね、せっかくだからいつもこんな拙いToday'sナマズ!のブログなんぞに見に来ていただいている方1名だけだけれどね、もし欲しいって言ってくれる人いたりしたら、感謝の気持ちで1個だけだけれどプレゼントしちゃおうかな、ってね、今そんなこと思ったりしたんだけれど、、、、あっ!、でも、実際に募って、渡す手だてが無いや!!、って・・・。

ごめんなさい!、いつもこんな感じのお粗末さで!。(笑)


にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いやー、遅々として、なかなか進まないMチューン!(苦笑) [Mチューンの軌跡]

IMGP8870.JPG

結局、新規ポッパーフロッグのMチューン化工程で進められたのは、月曜日の夜までに、ベリーフック部の基盤となる2個のスナップスイベルセットと、それと、リアフックまわりの各パーツのセットまで。

今日はこれだけで疲れちゃったので(仕事の蓄積疲労もあってね!)、月曜日の夜にまでまたがった“内職”は、まだまだ残りの工程を多く残しながらもこれにて終了!。(笑)

さてさて、この新規ポッパーフロッグMチューン化のこのフロッグルアーは、今週末のナマズ釣りに果たして間に合うのでありましょうか!?。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(おまけ)

おおっと、先日の日曜日の夕方に駆け込みのナマズ釣りでサクッと1尾釣っていたナマズがいたんだった!。うっかり、ブログアップを忘れてしまうところだったよ!。(笑)

ということで、そのナマズくん、54.5cmはこちら ↓↓↓

IMGP8866.JPG

IMGP8865.JPG

バイトあったのにちょっとボケーと一瞬油断していたら、あやうく完全に飲み込まれてしまうところだったので、ホント、後から思いだしてみても結構あぶなかった、このナマズくん。

まあ、カエル、だからね、なので、なんらかのフロッグルアーでナマズ釣りやる釣り人は、こういった面でも、一瞬でものよそ見の油断は禁物だね!。(笑)

使用タックル

  • ロッド:TULALA Lite Wire 70
  • リール:Abu Garcia ambassadeur REVO BIGSHOOTER COMPACT
  • ライン:VARIVAS 鯰 PREMIUM PE 5号(60LB)
  • ルアー:ポッパーフロッグMチューン #239 スケルトンオレンジ (これでどうだリアフック!仕様改)



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中空フロッグMチューン用 強力接着剤 2種 [Mチューンの軌跡]

IMGP8831.JPG

今回はちょっと趣向をかえて、いつものポッパーフロッグMチューンの補修として“必須”にしている強力接着剤を、ここでこのふたつをご紹介!。

  • グロッサ・シーラーEX.
  • ACCEL リペア ボンド

主としてグロッサ・シーラーEXを使ってベリーフック部やフロント部の穴があいてしまった個所や切れてしまった欠損個所のシーリング用途に、そして、さらにその上からプラスの全体補強用としてもうひとつのACCELリペアボンドの上塗りでね、

それでなくてもナマズ釣りでの中空フロッグのポッパーフロッグMチューンはハードタイプのルアー類とは比較にならないくらい(!)傷みや欠損が結構激しかったりするので、そんな中でもすこしでも長く使っていたいから、こんな補修用のツールを必須としているんだけれどね。

でも、この類の“補修”のことはToday'sナマズ!のこのワタシ、実はぜんぜん経験少なくて、(ベンキョウもしてなくって!苦笑)よく分からない世界のことでね、探せばもっとベストな選択の補修材や、使い方、補修方法なんかもね、ありそうだよね!。(笑)

ちょっとこっちの方面の情報収集と勉強もね、これからちょっと探って行ってみようかな!。(笑)




にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナマズ釣りに、さらなる理想のリアフックを・・・ [Mチューンの軌跡]

IMGP8778.JPG

今、現時点で、Today'sナマズ!のこのワタシ自身が、ナマズ釣り用のリアフックとしてもっとも信頼して使っているのが、このオーナーばり社製のC'ultiva SBL-75M ミノー専用1/0 というフック。

なんだかんだ言ってもね、やっぱりいちばんのナマズとの接点をより確実なものとしてカタチ作るのは(作ってくれるキーサクセスポイントは)このフックだし、このフックに期待し求める必要にして最低限のスペック(たとえば、貫通性能、全体強度、自重範囲、そして、ロクマルクラスのナマズまでの1~2m程度の高さでの垂直抜きあげ強度、そして、おまけにはやっぱりその造形的みてくれのデザインセンスも、などなどね)というものがある中で、今、現時点ではね、やっぱりこのフックの右に出るモノは自身では見つけ得ていないって、感じでね。

なので、タックルバックの中には、いつもこれくらいはストックし、いつも持ち歩いていて、ちょっと針先が甘くなったと感じるとすぐに新しいのに交換してというスタイルで使っていてね。(笑)

ちなみに、一袋に7本入っていて、釣具屋さんの店頭売価で270円。フック1本あたりで約38.57円。

このフック1本38.57円で得られるこの全面的な信頼感は、これはけっこう貴重な戦力であり、絶対的な安心感をもたらしてくれる良き相棒的フックでありますね。

ただ、だからこそ(!)なんだけれど、実はもうワンランクアップのレベルの針先の貫通性能がね、あればもっとイイのになぁ、ってね、今、使っていて思うところもあるんですよ。

もうキリがないといえばそうなんだけれど、そしてビミョーなところでもあるんですけれどね、このもう一段の使用する側の釣り人の“五感”をね、もっとスパッとしびれさせてくれるキレの良さ、超一級の貫通力性能をね、体感できるフックだったらもっともっといいのになぁ~、ってね。(笑)

イメージするならばね、たとえば、ナマズの下あご、あるいは上あごなんかにフックの最先端点が触れた瞬間にスパッと貫通しているとかね!。(笑)

フックの単価、単純に1.2倍くらい高くったって構いませんので(笑)、オーナーばり社さん、ぜひ、ナマズ専用にね(別にナマズ専用でなくてもいいですし!)、こんな釣り人の五感をも魅了することができる超スペックのリアフック用のハリをね、作って、発売して欲しいなぁ、ってね。ぜひお願いしますですよ!!。(笑)


にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昼のナマズ釣りに、鰓葉(さいよう)ペインティング、という着眼! [Mチューンの軌跡]

デイナマ、真っ昼間のナマズ釣りでね、とくに引っ張りアクションで狙うときに、ひょっとしたらこのペインティングが効果をあらわすんじゃあないのかな?、って。

じつは昨日の実釣での一尾は、白昼の丸見えの水面直下で、おおよそ3mほどの距離をかなりアクティブにどこまでも猛然とチェイスしてきて、最後の最後にバクっと喰いついて(喰いつかせて!笑)釣れたやつがいてね、

いま思い出してみても、あの時のナマズのチェイスシーンは、もう、一心不乱に本能のままに目の前を逃げ惑うエサに喰らいつこうとしていたそのものの姿のナマズだった、ような。。。

こっちもかなり興奮しちゃったシーンだったんだけれどね、たぶん、こんな感じで、後方視野での魚の鰓葉(さいよう)イメージで認識していたんじゃあないのかぁ~???、って。

IMGP8763.JPG

IMGP8760.JPG

まあ、この際、使ってたルアーが小魚では無くてフロッグだったって事や、一般論(?)としてよく耳にするナマズの視力は低いということや(←これはよく分からないけれどね!笑)、そんなこともあるかもしれないけれど、そのようなことはちょっと置いておいてね(笑)、

まあ、ナマズのことだし、昨日の一度のシーンだけなんで、よく分からないけれどね(笑)、なんとなくそんな効果もあるよな、無いよな、すこしでもひょっとしてあったら、なんだかおもしろそうだなぁ、って!。(笑)

次の休みの日にね、このフロッグへの鰓葉(さいよう)ペインティングでね、(組み合わせの是非は、まあ、おおめにね、見てやってくださいな!笑)、ぜひまた、デイナマ、真っ昼間のナマズ釣りでの実釣検証にて様子をみてみましょうかね!。(笑)

ちなみに、今こんな感じで、“鰓葉(さいよう)ペインティング”で使ってみている塗料はこれ ↓↓↓

IMGP8767.JPG

SPIKE-IT Worm-n-Chunk という名の、ワームに塗れる!、というキャッチコピーのバイトマーカーペイントのオレンジカラー。キャスティング岩槻インター店の店内で見つけて、ためしに買ってみたもの。(今度、赤色もあったら、もうひとつ購入してみて、色の違いも見てみようかな!。)

まあね、今日、ここで書いてきたことすべて、こっち側(釣り人の側)のきわめての“自己マン”に過ぎないかもしれないけどね!!。(笑)



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あったかい色と優しさで、デコレート(decorate) [Mチューンの軌跡]

IMGP8696.JPG

IMGP8698.JPG

(こんな構図の写真ばかりで恐縮です)

もはやここまでくると・・・、

フロッグ狂!、というよりは、オレンジ狂!!、ってか!?。(笑)

まあ、そんなことよりも、

せめて、また、ほんわかポカポカ陽気の中での春のデイナマ、昼間のナマズ釣りに行きたくってね、

もう、種々雑多と、いろいろな疲れが一向になくならなくって、とれなくってね、

イイカゲンにあたたかさとやさしさの中心に解放されたいんでありますですよ、ハイ・・・。

(おやおや!、ふたつのハナシが混在しちゃってるし! 苦笑)





にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナマズ釣りのための、リアフック・システム [Mチューンの軌跡]

IMG - コピー.JPG

ポッパーフロッグMチューンのリアフックには、実は名前をつけていて、まあ、別にちゃんとしたネーミングとかではなくって、今までの試行錯誤の中で遂にというか、ようやくというか、そんな積もり積もった気持ちが自然とひとつの言葉につながっていったみたいなものなんだけれど、

その名前というのが“これでどうだリアフック!仕様改” 。(笑)

今晩(3/20)も先ほど少し、近所の本流筋の川へと行ってきて、さっと1尾、60cmジャストのナマズを釣ってきて、まあ、1尾だけだったけれど(笑)、でも、昨年後半からのこのリアフックシステムで、ナマズのバイトに対する合わせのフッキング、そしてヒットさせてからのキャッチ率もね、なんか調子が良くってね、今シーズンもちょっとイイ感じでありますよ、ハイ!。(笑)

図1.png

まあ、“リアフックシステム”なんて言ってても、こんなシンプルな、あくまでもToday'sナマズ!の自己満足な仕様に過ぎないんだけれど(笑)、

でも、“これでどうだリアフック!仕様改”ってそんな文字の組合せを付けたくなっちゃったこの一介のナマズ釣り人のちょっとした悲喜こもごも、汗と涙と笑いと悶絶苦悩のプチ・変遷・・・、それなりに長い道のりだったなぁ~ってね!。(あははは、これも自己満足! 笑)

【使用タックル】

  • ロッド:TULALA Lite Wire 70
  • リール:Abu Garcia ambassadeur REVO BIGSHOOTER COMPACT
  • ライン:VARIVAS 鯰 PREMIUM PE 5号(60LB)
  • ルアー:ポッパーフロッグMチューン #239 スケルトンオレンジ (これでどうだリアフック!仕様改)


にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

脱着式プラカップ仕様 ポッパーフロッグMチューン2015 [Mチューンの軌跡]

ということで、今シーズンのポッパーフロッグMチューンでのナマズ釣りに向け、現場(フィールド)の状況により瞬時に仕様変更して戦術をアクティブに可変できる用途での、こんなワンタッチ脱着式のプラカップ仕様(プロトタイプ)を今、サクッと作ってみました!

ではでは、初公開!、最新の画像データ(笑)(注:まだ試作段階ですが!)をここにアップです!  ↓↓↓

IMGP8389.JPG

IMGP8390.JPG

IMGP8392.JPG

IMGP8394.JPG

こんな小さ目形状(案)のデザインでカットした軟質素材の軽量プラスチック・カップ、中央下部の切れ込み&中心部の丸い穴設定がポイントで、

IMGP8395.JPG

こんな感じで上から差し込み装着して、

IMGP8396.JPG

中央の穴のところで、カンタン、スピーディーにワンタッチであっという間に装着!、もちろん取り外しもワンタッチで!

IMGP8398.JPG

どう?、状況に応じて一瞬にして攻め手、マナマズへのアピールの質・量などを変えられる、ワンタッチ脱着式プラカップ・パーツの着眼、考え方、コンセプト、これだったら2015シーズンの百戦錬磨の強者ネイティブ・マナマズも、ワンチャンスで、あるいは一撃でズバッと仕留められるかな!!。(笑)




にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最新のPフロッグMチューンを構成するパーツ類 [Mチューンの軌跡]

IMGP7063.JPG

2014年8月現在の最新構成パーツ類、それに、必要な工具はこんな内容のものとなっていて・・・。

まあ、この組み合わせに至るまでの道のりは、それなりの発想・着眼と時間と労力と経費と、汗と、そして挫折苦節、悲喜こもごも等々を要し、経験してきたわけだけれど、まあ、やっとかな、Today'sナマズ!とともにやってきた自分自身、追い求めていたもののひとつのカタチになったといってもいいものはね!(笑)

あとはここからの次のステップとしての組み立て工作の段取りが必ず存在していてね、この段取り、ステップが必ず必要になるっていう事がね、じつは最近、結構めんどくさいというか、億劫になってきたというか、手間もかかるのでなんとか簡略化したいんだけれどね、こればっかりはいつまでも自分自身でやらざるを得なくって、って・・・。

やれやれ、コイもシゴトもベンキョウもアソビも、いろいろなケイケン、タイケン、コトガラも、そしてそしてヨロコビもね、あるときフッと一瞬メンドウに感じてしまうようなときが往々にしてあったけれど、このポッパーフロッグMチューンにかかわることでもまただよと、なんとも情けないというか、いつまでもいつまでも繰り返していて落着けないというか、稚拙なままというか、あーあ・・・。

まあ、そんなことはどうでもいいことでした、今日のこのタイトルの内容としてはね。今日は、このポッパーフロッグMチューンの軌跡の保存用の1ページ。

ということで、最新のポッパーフロッグMチューンを構成する各パーツ類の内容は、上の写真に載せたようなものでありましたとさ。(笑)



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

これでどうだ!、対ナマズ リアフック仕様! [Mチューンの軌跡]

ポッパーフロッグMチューンの対マナマズ釣りでのフッキング率&キャッチ率のアップをずーと追い求め続け、この1点の課題解決を最優先に試行錯誤を繰り返し、幾度ものクヤシ涙、度重なる呆然自失のシーンにもこころ折れることなく、あきらめずになんとかやってきて、そうして、今日この時、ついにこのカタチへの発想にようやくたどりついて・・・

IMGP6974.JPG

わかる?、リアフックまわりの仕様の変更の内容・・・

リアフックまわりをアップしてみるとこんな感じなんだけれどね、さらに今回あらたに加わった仕様変更の着眼点2つ

IMGP6976.JPG

名付けて、“これでどうだ!、太軸バーブレスシングルフックの段違いフレキシブル装着2本フック仕様

(長い!、名まえ、長すぎだろっ、って!!!!苦笑)

さてさてさて、名前のことはとりあえず置いておくとしても、ただ、これもまだ実釣検証やってないのでね、その効果のほどは、その実力のほどはまだなんとも言えない、わからない状況であるには違いなく、その検証結果が気になるところではあるけれど、でも、この考え方、発想の仕方、いまのToday'sナマズ!の今までのナマズ釣りの経験(拙い経験則ではあるけれど!笑)で、もう、そろそろこれで理想のカタチのひとつにはなるのではないだろうかと・・・。次のナマズ釣りでの結果やさてさて如何に、ってね!。(笑)



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

8月ナマズ、そして更なるポッパーフロッグMチューンの進化系へ・・・ [Mチューンの軌跡]

8月ナマズを求めて、今朝のToday'sナマズ!の狙ったポイントは、

田んぼ脇水路から川への合流部のこんな流れ込みのところや、

IMGP6869.JPG

分厚い水をかかえてとうとうと流れる本流の岸際スポット狙いのこんなところなどで、

IMGP6872.JPG

いつものポッパーフロッグMチューンを屈指して釣りを続けるも、

IMGP6873.JPG

早い時間帯から頭上より照りつける夏の日差しと、それと同時に水面からの照り返し照射のダブルパンチの夏の日差しの威力はハンパなく、

IMGP6875.JPG

なにもそんな暑い中ナマズ釣りをやらなくても・・・、って、たしかにそう思う人もいるかも知れないけれどね、真夏の8月のナマズ釣りであっても夜釣りでは無くて明るい中でのナマズ釣りが好きなToday'sナマズ!のこのワタシ、もう、こればかりは好みだからね!(笑)

これで1尾でも釣れればもう大満足なんだけれどね、ポイント数か所巡って、4バイトあり、そのうち2度は合わせを入れたときにガツッ!って一瞬手応えを感じながらもフッキングせずに(できずに)そのまま終了、って、最近こんなケースのナマズ釣りばかり・・・。

バイトはある、あわせも入れている、一瞬の手応えまではある、でも、それで終わり・・・、いったいなんでだろうね、フックは新品セットしているのにね、

すっぽ抜けだけならまだナマズへのダメージ無いだろうからいいんだけれど、一瞬ガシッと手ごたえあるってことはナマズにも衝撃与えているはずだからね、それでフッキングできなくて、そのナマズキャッチできないんだからホント始末が悪いってね

で、今朝の釣りで、いい加減こんなことばかり続くのであらためてポッパーフロッグMチューンの特にリアフックまわりを見直してみたところ、シングルフック2本の接地角度に目が行って、いつもは2本のフックがともに同じ角度で並列接地して基本納まっているんだけれど、並列接地する太軸フックの径×2本分の直径が、ひょっとして合わせを入れたフッキング時、ナマズの口へのフックの貫通の阻害要因になっていた面もあったのではないかとの発想になって・・・(あくまでも仮説ですけれどね!)

それで、このフックにあらためて着目してね、少し左右に開くようにそれぞれのフックのアイ部分のねじり角度を変えて装着してみたらどうだろうとの発想になって、そうして微調整したフックを装着し写真に撮ってみるとこんな感じなんだけれど、

IMGP6886.JPG

今までのシングルフックは細軸タイプだったので、いざというときのために“二本の矢”的発想で並列にセットして極力2本のフックがナマズの口に同時に刺さって×2本分の強度を期待しながらフッキングできるようにと考えてセットしていたんだけれど、最近太軸タイプに切り替えて一本あたりのフック自体の強度が十分に期待できるようになっていたので、なにも従来の発想での並列接地セットにこだわる必要性は低くなっていたんだよね

ということで、今朝のナマズ釣りは結局ボーズに終わっちゃったけれど、こんな感じでポッパーフロッグMチューンのリアフックまわりのセット内容をね、フック角度約45度にしてあらためて調整セット仕様にしてね、

IMGP6885.JPG

ど、どうだろう?!、ってね!(笑)

更なるポッパーフロッグMチューンの進化系へ・・・、はたして進化系になっているのかどうなのか、机上で考えていてばかりではなーんにも検証もできないので、しょうがない、夕方になったらもう一度実地検証にいってみようかな!。(笑)



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナマズルアー用ラバースカート 期待のマテリアル! [Mチューンの軌跡]

IMGP6795.JPG

今日はそのマテリアルを装着した最新のポッパーフロッグMチューンのラバースカート部のアップ写真をまずはお披露目!(上の写真の右がそれで、左は純正品のラバースカート)

純正品の素材もまたいいんですけれどね、右の素材のこれが、Today'sナマズ!的になかなかイイ感じなんですよ、じつはね!!(笑)

関連する詳細内容については、また次ぎの機会にでもアップしてみます。(笑)

IMGP6799.JPG

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の20件 | - Mチューンの軌跡 ブログトップ