So-net無料ブログ作成

夏から秋へ ポイントの切り替え [ナマズ釣行(2011年)]

ちょっとした新しいポイントにて今週末ナマズをキャッチ。夏から秋への環境の変化にあわせようとポイントを少し切り替えてやってみたら釣れました。

川によってはこの時期、このタイミングで、周辺の田んぼへの用水がなくなり、一気に川の水位が40-50cmも減少してしまった身近なフィールドも多く、先週まで釣れていたポイントが今週は無くなっていたり・・・。

ナマズにとって住む環境の激変に近い変化がどう影響し、それに対して釣り人はどう回答を導き出して対処していくか。

いろいろと変動要因があるナマズ釣り。この変化に対しての仮説と検証も、ナマズ釣りがより面白くなるひとつの要素だよね。

(あいかわらず子ナマズばかりですが、一尾目)

P1040321.JPG

(二尾目)

P1040322.JPG

ところで、ナマズ釣りを始めて最初の一尾をキャッチしたのがちょうど一年前の八月の下旬頃。ナマズ釣りのシーズンを四季おりまぜてやっと一巡して経験している最中ですが、ただ、まだまだ経験不足、生の情報不足。

季節の変化、環境の変化、それに合わせた身近にいるナマズの行動の変化等々の情報がまだまだゼンゼンです。なので変化に対応したタイムリーな戦術、具体的メソッドの考案がまだまだ稚拙・・・。

まあ、こればかりは経験を積んで情報を集めていくしかないので、ボチボチとやって行きますわ(笑)。

(追加の写真)

今回の子ナマズ、こんな魚を食べていました。体長は3cmくらい、タナゴの一種でしょうか?。どんな魚を釣るにしても基本のひとつは“マッチ・ザ・ベイト”。これも何かの参考になるかな。

P1040326.JPG

P1040328.JPG

ここでちょっとよこしまな発想が・・・。60,70アップのナマズを目指すのも面白いけれど、この時期だけのナマズ釣りの楽しみとして、ウルトラライトのロッドとミニトップウォータープラグの仕掛けの夜釣りで狙う子ナマズの繊細な数釣り、というのは?。もちろんシングルフックのバーブレス一本針で。吐き出したエサの“タナゴ”から連想した“タナゴ釣り”の影響かな。

いや、やっぱりそんな釣りは止めておこう!。そんなことを悠長にやっているときに限って、超ビッグナマズが気まぐれをおこしてアタックしてきたりするかも知れない、からネ。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

トラックバック 0