So-net無料ブログ作成

今年もナマズを飼おうかな [ナマズ関連]

 P1040452.JPG

実は昨年の12月に釣れたちびナマズ(約30cmサイズ)を一尾、バケツに入れて持ち帰り、しばらく小型の水槽で飼っていた。

昨シーズンの夏からはじめたナマズ釣りで、そんななか12月の冬場に30㎝前後のちびナマズが少し釣れ続いていたら、そのあまりにもの愛くるしい様になんだか急に飼ってみたくなってしまったんだね・・・。

でも結局12月から飼いはじめて、そして翌年の3月まで。わずか4か月間の飼育で突然中断に。

夜の間に水槽から飛び出してしまっていて、朝起きて見に行ってみたら死んでしまっていた。

水槽にはガラス板の蓋をしていたんだけれどね、そうとうなチカラで飛び出して蓋を弾いてしまったんだね。本当に可哀そうなことをしてしまった・・・。

そんな経験があるのに、でもなぜかまた今、再びナマズの飼育欲(!?)が。

できればもし今年も再チャレンジするのならば、釣ってくるナマズは今年生まれた当歳魚にしようと考えている。エサの問題があるんだよね。

昨年の30㎝サイズのナマズは、結局“生餌”しか口にしなかったからエサは熱帯魚ショップで仕入れていた生餌(金魚)や、近くの川や池で釣ってきた小魚、はては惣菜用として売っている店を発見(!)してたまに買いにいったクチボソ(生きたクチボソ)などを与えていたんだけれど、確かにナマズなんで、いくら30㎝サイズのちびナマズとはいえ、その食べる量はハンパないくらいだったんだよね。

可愛さあまりに、たくさんエサをあげすぎていた、って感じもあったかも知れないけれど、でも生餌だったのでお金もそれなりにかかってしまっていたんだよね。

その点もあって、今回はもっと小さいサイズから飼育していけば、金魚のエサとかビタシュリンプとかの人工飼料なんかにも慣れて食べてくれるのでは、と見ているんだよね。

そんなこんなのいろいろな思いも馳せながら、今またナマズを飼おうかなと考えている今日この頃。

あっ、当歳魚のナマズ、実は近所の小川でミミズエサにたくさん釣れるよ、うちの孫たちが夏休みにはいつも釣っているよ、って教えてくれたおばあさんの情報も今年はまたあったりするので、その方法でチャレンジもしてみようかと。10cm前後くらいにまで育っているのかな、今年生まれたナマズって?。なんか、こんな楽しみもナマズ釣りにはあるんだよね。

(補足)

ナマズを飼っていた水槽に、その直前までエサとして入れていた金魚たち。その金魚さんたちです、最初に上に掲載した写真。今さっき、パチリと撮ってきた写真です。

3月からだから、今までの約6か月間、その日を境に主役が入れ替わり、すくすくと成長して、今ではエサを一心不乱になってねだってくる可愛い姿に愛おしい情も芽生え・・・。

この金魚たちはもうナマズの〇〇なんかには、ゼッタイにできないです、本当に(笑)。

追記/20110923

今年生まれの子ナマズを釣りに、上州屋でミミズエサを買って、お目当ての小川のポイントへ昼間行ってきた。一時間ほどエサ釣りでやってみたけれど結局一尾も釣れなかった。鯉やニゴイの当歳魚、それにモツゴ(?)なんかは釣れたんだけれどね、お目当てのナマズは釣れなかった。ちょっと時期がすぎちゃったのかなぁ・・・ザンネン。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0