So-net無料ブログ作成

10/22 秋雨のなかのナマズ釣り2 ~秋の雨&増水は絶好のチャンス!編~ [ナマズ釣行(2011年)]

今週末最初に向かった初めての川でのファーストトライのファーストキャストで今シーズンワースト1ともいえる痛恨そして非情なまでのビッグナマズのバラシを体験し、ショックを引きずったまま、とりあえず本日の本命の川へ。

日がとっぷりと暮れてからも相変わらず秋の雨が降り続いている。雨脚はそれでもやや弱くなってきたのが、ちょっとありがたい。

今回は雨の中のナイトゲームでのナマズ釣りは覚悟の上。だからこそ、ちょっとはいい思いを味わいたい・・・。

川につき水面をみると、昼間の集中降雨で一気に水かさが増え、流速も早く、色も褐色に濁っている。一瞬、釣れない?!との思いが脳裏をかすめるが、釣りを始めてからすぐにその思いが杞憂であったことを実感することに。

しかし実はここでも第二の痛恨の体験が待ち構えていたのだが、それは最後に触れることとして、まずはこの夜の釣果を大中小、そして極小サイズも織り交ぜてピックアップ。

まずは大きいところのナマズから3連続でヒット。

①P1040631.JPG

②P1040631.JPG

③P1040638.JPG

幸先いいぞ!と思っていたら何やら小さくなってきた。

④P1040638 (1).JPG

↓ これは今までで最小サイズのナマズ。こんなのも釣れるんだ!って、ちょっと驚き。ホント、家に持って帰って水槽で飼おうかと思ったほど。

⑤P1040642.JPG

ちょっと持ち直してメタボな一尾。

⑥P1040645.JPG

 今度はメタボ縛りかと妙な期待感を抱いたのもつかの間、これからしばらくは中・小型織り交ぜていい感覚でヒットが続く。夜の雨の中、この持続性はなんともありがたい・・・。

⑦P1040646.JPG

⑧P1040649.JPG

⑨P1040650.JPG

⑩P1040652.JPG

⑪P1040654.JPG

⑫P1040658.JPG

そして、この夜のナイトゲームのフィナーレを飾るラスト3尾。

⑬ンP1040660.JPG

⑭P1040661.JPG

⑮P1040665.JPG

今回の川は先にA~Cの3つのエリアに区分して記していた川。現地について最初はまだ未開拓のAエリアをチェックしてみたのだが結局ノーフィッシュだったので早々にAエリアに見切りをつけてその上流域のB、Cエリアでやったのが良かった。

そして今回は特に、ここは小さな川なんだけれど一番上流域のCエリアと記したそのもっとも上流に位置するある流れ込みの

P1040669.JPG

この部分に良型ナマズが溜まっていた。

この写真自体は一夜明けた翌朝撮ったもので水はだいぶ減ってきてはいるけれど、昨晩はまさにバイト連発ですごかった。ナマズたちは雨が降って増水すると一気に大挙して上流を目指すのだと、あらためて実感。

まさに“秋の雨&増水は絶好のチャンス!”だったのであった。

(おまけ)

実は本来ならば良型サイズのナマズをあと4尾はキャッチできていた筈だった。この日の第二幕でも痛恨のバラシの連発が起きてしまった。どれもランディングの途中にフックから外れてのバラシ。

最初はリアフックの先端が原因かと思い、雨の中、途中でフックを交換したりしたのだが、そのあとも同様のバラシが続き、それもよりによって結構良型の時にバラシが続いたのでまた悔しさのボルテージが上がってくる始末。

原因はCALCUTTA CONQUEST101のドラグのゆるみだった。いつの間にか知らない内にドラグが弛んでいた。これではいくらフッキングさせたつもりになっていても、掛りが甘くなってしまうはずだ・・・。

ドラグのまめなチェックはルアー釣りの基本だった。とくにナマズなんか口の周りが堅いんだから尚更・・・。まだまだ未熟。もう一段全体のレベルを上げないと、仮にナナマルアップサイズが来たとしてもこれではなかなかキャッチできないね、まったく。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

トラックバック 0