So-net無料ブログ作成

釣りと釣り魚料理を楽しむ [FF管釣りサクラマス]

P1040965.JPG

今年、自身のこの冬の釣りの行動パターンは、“しぶとく粘る(無謀にも粘る?)過酷なまでのTOPで狙う冬のナマズ釣り”と、その対極に位置する“管釣でお気楽のんびりと楽しむフライフィッシングで狙うサクラマス釣り”のこの二つへの志向が明らかで、そしてさらに、自身の釣りの対象魚への嗜好というものは極端で、今は“ナマズ”と“サクラマス”のみであり、他の魚種への関心は(今のところ)皆無だというのだから、我ながらその思い入れの強さに可笑しくなってしまう(笑)

そして今日の日曜日はお気楽の方の管釣り、そしてサクラマス狙いで、栃木にあるレイクウッドリゾートへ(http://www1.ocn.ne.jp/~lakewood/

今日のレイクウッドリゾートは結構冷え込み、早朝開園時の外気温は-4℃でフライロッドのガイドに氷が付着するほどに寒さは厳しいものだったけれど、ただ日中は風もなく穏やかな冬の天気に恵まれて、そして釣り人の数も今日は比較的少なくのんびりとした雰囲気の中で一日釣りができた

今日も管釣サクラマスへ臨むのはいつものWetフライを用いたガンガンの引っ張りメソッド

ここでこのWetフライへのこだわり、思い入れをちょっと記してみると、まずフックは「TMC206BL#10」と「TMC2499SP-BLB#10」のふたつ、今の自分の釣りのスタイルにぴったりくるフックとしてやっと巡り合えたもので、これはぜったいに外せない

そしてもう一つがマテリアルの「Medlum UV PolarChenllle Ollve」と「SHELTER NO20オリーブ、同NO9ジンジャー」との出会い

このフックとマテリアルとに出会えたことで、そしてひとつの頼りになるパターンのWetフライを作ることができたことで、今の管釣サクラマスがぐっと面白く、そして大いに楽しむことができるようになった側面がある

こういった出会い、巡りあわせの要素って、釣りに限らずともいろいろなところで結構重要なキーファクターになっていたりするから、おろそかにはできない・・・

今日のレイクウッドリゾート、ポツポツとではあったけれど退屈しないくらいの頻度でサクラマスが釣れて、またサクラマスの引きも楽しめて、久々にのんびりと釣りを堪能することができました

P1040969.JPG

P1040971.JPG

P1040980.JPG

そして、今日は5尾のサクラマスを今季初めてキープしてきて、「サクラマスの一夜干し」とそして「サクラマスの立田揚げ」にしてみました

管釣サクラマスの一夜干し

P1040987.JPG

これは腹開きにして下処理が終わったところ(今日は時間がなくて、まだ干す前の段階まで)

管釣サクラマスの立田揚げ

三枚におろして、皮をとって(ここのサクラマスの身の色はあまりサーモンピンクではなかったです)

P1040988.JPG

片身を四つ割りに切って、下味に醤油を振りかけて、

P1040989.JPG

そして片栗粉をまぶして160℃の油で一度じっくり火を通し、仕上げに170℃の油で表面をカラリと揚げて出来上がり

P1040991.JPG

すべて“我流”だけれど、美味しく食べられました♪ 

もちろんナマズ釣りも、この冬はとことんガンバってやってみますよ!!。ただ、たぶん釣れ無いかも知れないけれどね。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

トラックバック 0