So-net無料ブログ作成

この冬のナマズ潜む河原の珍百景?! [ナマズ関連]

(あらかじめ記しておきますが、どうでもいい話ではありますが・・・ 悪しからず! 笑) 

この冬、あたりの河原でそこかしこにみられる、なんとも理解しがたい光景

たとえば、ここ

IMGP1741.JPG

そして、ここも

IMGP1742.JPG

ここも、

IMGP1743.JPG

もう、あっちこっち、こんな感じで

IMGP1745.JPG

隣りの川の河原でも、別の川の河原でも・・・

なにが“珍百景”か、って?!

昨年の今頃は、こんなことなかった!、こんな光景は見られなかった!

そう、ちょうど河原と川のギリギリの境界部分にだけ残している“刈り残し”

おかげで、今年この冬の時期になっても川面までたどり着けなくてナマズにアプローチできない水際のなんと多いことか・・・

これはカンペキに除草作業の仕事での手抜きではなかろうか!、と。(笑)

まあ、真相が分からないので勝手に怒っていても仕方がないからあえて笑い飛ばそうかと心の中では思っているけれど、でも、税金で依頼を請け負った仕事でもあろうし、どうせやるんなら請負人の方たちもその道のプロであろうから、こんな刈り残しなんてしないでちゃんと全部の草を刈りとって欲しかった・・・

冬の凍てつく寒さの暗闇の中を川岸まで歩いて行って、そして、ありゃりゃ??、葦の刈り残しが分厚い壁となっていてルアーを投げられない!なんて、あんまりじゃあない?!。(苦笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0