So-net無料ブログ作成

なんちゃってフライでナマズ釣り 実釣編(1) [ナマズ釣行(2012年)]

IMGP1810.JPG

風邪?!、よく分からないんだけれど咳がとまらなくなっちゃった症状があるにもかかわらず、今週末金曜日の夜もやっぱり少しだけナマズ釣りへ

フライフィッシングでナマズ釣りなんて、なにもこんな時期に始めなくたっていいのに・・・・、ってココロのどこかで思っていなくもないけれど、始めてしまったものはしょうがないんで(苦笑)、仕事から帰ってきての夜の9時ごろにまた夜のナマズ潜むであろう川のポイントめざして出かけたのでありました

今回はフライフィッシングなので、いつものルアー用のツール類はぜーんぶ家に置いていってね、釣れればラッキー、釣れなかったら頼るものの持ち合わせはないのでボウズと、自ら“退路”を断っての姿勢で臨んだフライフィッシング・ナマズ釣り実釣一回目のチャレンジ。

まあ、でも今回は結論を先に言っちゃおうかな、ご想像の通り(!?)、昨夜のフライフィッシングでナマズ釣り一回目の実釣結果はボウズでありました!。(苦笑)

何回目かのリトリーブの時にいきなりロッドに荷重が加わり、おおお?!、さ、さかなか?!、ってシーンもあったんだけれどね、でも単純に荷重が加わったくらいの感じであのナマズであろうはずもなく、案の定、暗闇の中でたぐり寄せてきたものは泥にまみれた30cm四方ほどの大きさのビニール袋のゴミ・・・

今回はとりあえず1時間ちょっとチャレンジしてやってみて、結局川の水の中からゴミをふたつ回収して真冬の暗闇の河原でひとり清掃活動のプチ・ボランティアに時間を費やしたという、やれやれ!(苦笑)のナマズ釣りフライフィッシング編第一回目の釣行でありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(おまけ①)

IMGP1804.JPG

今回初めて川でのナマズのフライフィッシングをやってみて、今までのフライで渓流や湖とかでいろいろと鱒族の魚を釣ってきた時と比べて、また管理釣り場でのサクラマス釣りのときもそうなんだけれど、あきらかに違いを感じたのは、とにかくゴミは引っかかってくるは、フライもラインもロッドも、そして服も手も、気づくとドロだらけになってしまっているってこと!

フライフィッシングで泥だらけになるなんて、そんな釣りやってきたこと今までになかったから、ちょっとビックリ、ショック・・・

そうなんだよね、おなじ川でもルアーだとまったくと言っていいほど手は汚れないのに比べて、フライだとキャストしたフライをじかにラインに触れて手でたぐり寄せてこなければならない釣りなので、ポイントの川がドロの川だとあっというまに泥だらけに!(泣)

まあ、ナマズをフライで釣ろうとしたときにそこがドロ川だったら仕方がないってことなんだね、これは。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(おまけ②)

実は、今回2度アタリらしき手ごたえはあり、そしてまた2度ほど、リトリーブしているフライの後方になにやら盛り上がり追尾してきているかのような水面の変化も確かに見て取れた一瞬もあったんだけれどね、それなりの“感触”といえるようなものはこれだけだった。

2度のバイトらしき感触、あれがナマズだったのか、あるいはホントウに“サカナ”であったのかどうかは今となっては確認するすべもないけれど、この時期の貴重な貴重な一瞬のチャンスがあるならば、そのフッキングの精度を1%でも高めて繋げていける仕様改善はさらに必須だなと、さっそくフッキング率アップ仕様を目指して“ダブルフック仕様”への改良バージョンを作ってみたのがこちら ↓↓   

(これもしっかりと、ケミホタル25が装着できる仕様でね!)

IMGP1821.JPG

さてさて、今週末は休みもちゃんと取れるので、今日(土曜日)の夜にも、もう一回チャレンジしに行ってみようかな!。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

トラックバック 0