So-net無料ブログ作成

ナマズは“夜行性”って、どこまでホントなの?! [ナマズ関連]

ナマズ釣りを始めた頃、ナマズは夜行性の魚だから釣るのは夜!と、最初にナマズに関する情報ソースから得た知識がそうだったから、小心者の自分は真っ暗闇の夜のナマズ釣りで、たとえば幽霊に会ったらどうしよう!などと、いつもどこかでビクビクしながらも、でもナマズを釣りたいものだからおっかなびっくり夜の川に通っててね

まあ、今となっては慣れで、夜もそれなりにフツーにやっているけれど(笑)

そんな夜な夜な通っていた段階があった中で、さて最近の自分のナマズ釣り、ちゃんと釣行記録を調べてみた訳でもないのであくまでも感覚的なものなんだけれど、どうも夜よりは明るい時間帯に、朝方とか、午後とか、お昼の12時前後のドピーカンの真昼間でもね、そんな明らかに夜ではない時間帯にナマズ釣りをやっている自分自身がいてね、だいぶ最初のころとは変わってきたような感じの今日この頃(笑)

まあ、季節的な要素もあるけれどね、この春から初夏にかけての今頃なんかは特に爽快で気持ちがいいナマズ釣り、みたいな感覚でナマズ釣りを楽しんでいて、また、そこそこ釣れるんだよね、あの“夜行性”と聞いているナマズたちもね!

IMGP3377.JPG

IMGP3378.JPG

IMGP3381.JPG

IMGP3384.JPG

この写真ばかりでなく、直近の過去のブログでも明るい時間帯に釣れたナマズの記事を写真とともに幾つかアップしているんだけれどね、釣れる状況もいくつかのパターンもあって、まだまだ探索の余地はたくさんあるんだけれどね

たとえば、真昼間なんかはこんな川岸のこんなポイントなんかも狙い目で、いればルアーが着水した瞬間にバイトしてきて一発でヒット!なんてのも結構あってね、昼間でもナマズたちは“臨戦態勢”でいつもエサを狙っているんじゃあないかってフツーに思えてくる!(笑)

IMGP3390.JPG

まあ、たしかに夜は活発になってオープンウォーターにも積極的に遊泳範囲を広げて摂餌行動をとっているんだろうけれどね、それにしても明るい時間帯に釣れてくるナマズもどうしてどうして、結構大胆で、貪欲で、積極的だし、オープンウォーターの水面にまでルアーを追いかけてきて喰らいついてくるし、まあ、自分的には夜も昼間もそうたいして変わらない・・・(笑)

“ナマズは夜行性で、だからナマズは夜釣る・・・”云々といった、フツーに得られるナマズに関する情報、概念があるけれど、これってホントのところはどこまでがどうなのよ?!、ってね(笑)

なんかちゃんとした学術的なマナマズの最新情報、知見が欲しいね!

どなたか資料とか詳しい研究機関、先生等の情報ソースをお知りの方、またお持ちの方いらっしゃいましたら、ぜひ教えてくださいな!(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(おまけ)

明るい時間帯のナマズ釣りでは四季折々のいろいろな美しいもの、きれいなもの、イキイキとしたものなどなど、夜ではなかなか目にとまらない自然物への気づきも得られて、これはこれでまた楽しみです!

IMGP3383.JPG

あっ、これはおまけのおまけ!、もうこの時期こうしてヘビも出ていました!

みなさんも気を付けてくださいね!

IMGP3389.JPG

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

トラックバック 0