So-net無料ブログ作成

春日部(KASUKABE)ナンバーの車の君! [ナマズ釣行(2014年)]

IMGP5918.JPG

風が強く、体感温度も強烈に低くって、結構寒かった花冷え状態のなかの4月5日土曜日の早朝4時過ぎ、

まだ真っ暗闇の中を、とある本流の川へのちょっとした排水口の流れ込みのポイントで今シーズン初めてのナマズリサーチをかけようと釣りを始めたら、すぐに、すぐ背後のちょっと川岸から少し見上げる位置の車道に音もなく停車した車が一台

まわりに何があるわけでもなく、真っ暗闇な川のこの場所で、あきらかに今まさにナマズ釣りを始めたこちらの姿を見つけて、様子見(?)ですぐ背後に車を停めたことがありありと思えるこの車

光量の多いいヘッドライトをこうこうと点けたままで、エンジンもかけたままで、すぐ背後、2mの距離もないくらいのところに停まったその車

窓をあけて声をかけて来るわけでもなく、車から出て来るわけでもなく、こちらからすればまわりは真っ暗なのでヘッドライトの明かりは目にすることはできても、暗い車内の様子は一切わからず、車内にどんな人がどういう視線をこちらに向けているのかも一切の情報がないのでまったくわからず、ただ、その車内にいるであろう人物の意図は今まさにナマズ釣りを始めた釣り人の様子見であることはありありで・・・

おい、ちょっとそこに車を停めた君!、春日部(だったと思うんだけれど)のナンバーの車の君!

君もおなじナマズ釣りをやる身の釣り人ならば、少しは相手の心情を思いやり、配慮するココロももって行動をしたらどうかね!

真っ暗闇の中、いきなりすぐ背後に車を停めて、こちらには何も情報がわからない状況にいきなり落とし込んで、ひとことの声掛けも一切ない中で勝手にこちらの様子見をはじめて、そんな状況にいきなり置かれたら、心情穏やかに落ち着いてのナマズ釣りなんてできなくなってしまうだろうに!

頼むから、こちらは平日の仕事でヘトヘトになった身を、この週いちの貴重な貴重な一瞬一瞬のこの機会に、この時に、最大限に向き合って、活用して、集中して楽しんで、堪能して、リフレッシュして、リア充をしたいんだよ

せめて、暗闇の中偶然目にしたナマズを狙う釣り人のことが気になって近づきたいのなら、ちょっと離れて車を停めるとか、車からでてきてまずはひと声、声掛けして自分の身上を少しはオープンにして相手に伝達するとか(ひと声かけてくれればゼンゼンOKなんだからさ!)、あとは気になり、はやる気持ちがあってもそこはぐっと我慢して相手を思いやっていったんそっとその場を離れて、あとから戻ってきてその場を好きなだけ観察するとかね、最低でもそれぐらいは意識をもって行動してもいいんじゃあないか・・・

まあね、ひょっとしたらナマズ釣りを愛する釣人じゃあなかったかも知れないし、どんな人物だったのかそれこそまったく分からないのでね、あくまでもこちらの勝手な妄想、憶測でしかなかったかもしれないけれどね、

でも、そんな一瞬の出来事があり、そんな一瞬の気持ちにさせられた状況があり、そんな思いにさせた見知らぬ人物の接近があり、ちょっとガッカリな気持ちになってしまった今朝のナマズ釣りだったかな。

やれやれ、こんなこと書き留めたくはなかったんだけれどね、まあ、いいんだけれどね!。(苦笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

トラックバック 0