So-net無料ブログ作成

8月ナマズ、そして更なるポッパーフロッグMチューンの進化系へ・・・ [Mチューンフロッグの軌跡]

8月ナマズを求めて、今朝のToday'sナマズ!の狙ったポイントは、

田んぼ脇水路から川への合流部のこんな流れ込みのところや、

IMGP6869.JPG

分厚い水をかかえてとうとうと流れる本流の岸際スポット狙いのこんなところなどで、

IMGP6872.JPG

いつものポッパーフロッグMチューンを屈指して釣りを続けるも、

IMGP6873.JPG

早い時間帯から頭上より照りつける夏の日差しと、それと同時に水面からの照り返し照射のダブルパンチの夏の日差しの威力はハンパなく、

IMGP6875.JPG

なにもそんな暑い中ナマズ釣りをやらなくても・・・、って、たしかにそう思う人もいるかも知れないけれどね、真夏の8月のナマズ釣りであっても夜釣りでは無くて明るい中でのナマズ釣りが好きなToday'sナマズ!のこのワタシ、もう、こればかりは好みだからね!(笑)

これで1尾でも釣れればもう大満足なんだけれどね、ポイント数か所巡って、4バイトあり、そのうち2度は合わせを入れたときにガツッ!って一瞬手応えを感じながらもフッキングせずに(できずに)そのまま終了、って、最近こんなケースのナマズ釣りばかり・・・。

バイトはある、あわせも入れている、一瞬の手応えまではある、でも、それで終わり・・・、いったいなんでだろうね、フックは新品セットしているのにね、

すっぽ抜けだけならまだナマズへのダメージ無いだろうからいいんだけれど、一瞬ガシッと手ごたえあるってことはナマズにも衝撃与えているはずだからね、それでフッキングできなくて、そのナマズキャッチできないんだからホント始末が悪いってね

で、今朝の釣りで、いい加減こんなことばかり続くのであらためてポッパーフロッグMチューンの特にリアフックまわりを見直してみたところ、シングルフック2本の接地角度に目が行って、いつもは2本のフックがともに同じ角度で並列接地して基本納まっているんだけれど、並列接地する太軸フックの径×2本分の直径が、ひょっとして合わせを入れたフッキング時、ナマズの口へのフックの貫通の阻害要因になっていた面もあったのではないかとの発想になって・・・(あくまでも仮説ですけれどね!)

それで、このフックにあらためて着目してね、少し左右に開くようにそれぞれのフックのアイ部分のねじり角度を変えて装着してみたらどうだろうとの発想になって、そうして微調整したフックを装着し写真に撮ってみるとこんな感じなんだけれど、

IMGP6886.JPG

今までのシングルフックは細軸タイプだったので、いざというときのために“二本の矢”的発想で並列にセットして極力2本のフックがナマズの口に同時に刺さって×2本分の強度を期待しながらフッキングできるようにと考えてセットしていたんだけれど、最近太軸タイプに切り替えて一本あたりのフック自体の強度が十分に期待できるようになっていたので、なにも従来の発想での並列接地セットにこだわる必要性は低くなっていたんだよね

ということで、今朝のナマズ釣りは結局ボーズに終わっちゃったけれど、こんな感じでポッパーフロッグMチューンのリアフックまわりのセット内容をね、フック角度約45度にしてあらためて調整セット仕様にしてね、

IMGP6885.JPG

ど、どうだろう?!、ってね!(笑)

更なるポッパーフロッグMチューンの進化系へ・・・、はたして進化系になっているのかどうなのか、机上で考えていてばかりではなーんにも検証もできないので、しょうがない、夕方になったらもう一度実地検証にいってみようかな!。(笑)



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

トラックバック 0