So-net無料ブログ作成

昼のナマズ釣りに、鰓葉(さいよう)ペインティング、という着眼! [Mチューンフロッグの軌跡]

デイナマ、真っ昼間のナマズ釣りでね、とくに引っ張りアクションで狙うときに、ひょっとしたらこのペインティングが効果をあらわすんじゃあないのかな?、って。

じつは昨日の実釣での一尾は、白昼の丸見えの水面直下で、おおよそ3mほどの距離をかなりアクティブにどこまでも猛然とチェイスしてきて、最後の最後にバクっと喰いついて(喰いつかせて!笑)釣れたやつがいてね、

いま思い出してみても、あの時のナマズのチェイスシーンは、もう、一心不乱に本能のままに目の前を逃げ惑うエサに喰らいつこうとしていたそのものの姿のナマズだった、ような。。。

こっちもかなり興奮しちゃったシーンだったんだけれどね、たぶん、こんな感じで、後方視野での魚の鰓葉(さいよう)イメージで認識していたんじゃあないのかぁ~???、って。

IMGP8763.JPG

IMGP8760.JPG

まあ、この際、使ってたルアーが小魚では無くてフロッグだったって事や、一般論(?)としてよく耳にするナマズの視力は低いということや(←これはよく分からないけれどね!笑)、そんなこともあるかもしれないけれど、そのようなことはちょっと置いておいてね(笑)、

まあ、ナマズのことだし、昨日の一度のシーンだけなんで、よく分からないけれどね(笑)、なんとなくそんな効果もあるよな、無いよな、すこしでもひょっとしてあったら、なんだかおもしろそうだなぁ、って!。(笑)

次の休みの日にね、このフロッグへの鰓葉(さいよう)ペインティングでね、(組み合わせの是非は、まあ、おおめにね、見てやってくださいな!笑)、ぜひまた、デイナマ、真っ昼間のナマズ釣りでの実釣検証にて様子をみてみましょうかね!。(笑)

ちなみに、今こんな感じで、“鰓葉(さいよう)ペインティング”で使ってみている塗料はこれ ↓↓↓

IMGP8767.JPG

SPIKE-IT Worm-n-Chunk という名の、ワームに塗れる!、というキャッチコピーのバイトマーカーペイントのオレンジカラー。キャスティング岩槻インター店の店内で見つけて、ためしに買ってみたもの。(今度、赤色もあったら、もうひとつ購入してみて、色の違いも見てみようかな!。)

まあね、今日、ここで書いてきたことすべて、こっち側(釣り人の側)のきわめての“自己マン”に過ぎないかもしれないけどね!!。(笑)



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

トラックバック 0