So-net無料ブログ作成

ナマズ釣りやっていて一番悲しいこと・・・ [ナマズ関連]

IMGP0596.JPG

家から車で15分ほどの所に本流から分かれた支流でナマズの釣れるちょっとした小川(水路)があるんだけれどね、ここに今シーズン初めて真っ昼間の明るい時間帯に行ってみたところ、あきらかに昨年度シーズンまでとはちがう現場の状況があってね、

そこかしこに、生い茂る雑草を踏み固めての川岸水面まで降りる道ができていて(これ100%ナマズ釣りの人のつくった道!)、

そして、なんと、ルアーを水面に投入したそばから、あっという間にダァー!!!っと一目散に逃げ散るナマズの姿が、それこそ、そこかしこに、次から次へと、40cmくらいの小さいナマズから60cmアップサイズの大きなナマズたちまで、ホントに次から次へと、目の前の光景として鮮明に、まざまざと目に入ってきて、見せつけられてね・・・。

いやー、なんというか、夜のナマズ釣りでは決して見ることのない、目にすることのない、そして、認識のできえないこの光景、現場の状況、そこに生息するナマズたちの置かれたありのままの姿、、、

ほんとに、その光景を次から次へと目の当たりにすると、体験すると、ココロが折れるというか、ココロが痛むよ、ホントーに。

まあ、ナマズ釣りをやっているこの自分自身もその一端にいるのは自覚するところではあるけれどね、でも、今年の今シーズンの初めて行ってみたこの小川(水路)でのこの状況は、今まで無かったし見たこともないし、これはちょっと尋常じゃあないよ、ホントーに。

たえず追加放流している管理釣場じゃあないんだから、こんなに小さな小さな小川なんだから、そこまでに、至るところ雑草を踏み固めるほどのはっきりとした道をつくるまでのナマズ釣りをしていて、いったい何なんだろう?、って、思わず思わざるを得なくなっちゃう。

まあ、それだけナマズ釣りが人気で、楽しむ釣り人の物理的な数がたくさんになったということなんだろうけれどね、

でも、こんな、前述したような実際の水中でのナマズたちの状況を、投入されたルアーに怯え切って逃げ惑うナマズたちの状況を、たぶん、ほとんどの人たちが知らない、かな???。(分からないけれどね。)

自分もナマズ釣り好きなんでね、先の記事にも書いたりしているけれどね、いつまでも末永く、釣りのサブカテゴリーのひとつとしてね、楽しんでいきたい、ほんとにね。

ナマズ釣りやっていて一番悲しいこと、それは、ルアーの着水に果敢にバイトして喰らいついてくる本来のマナマズの姿がそこになくなっちゃってて、かわりにルアーの着水音に怯え一目散に逃げ惑うマナマズたちの姿を白昼に目の前に見る(見てしまう)、そんなナマズ釣りの現実がもたらされ、そこにある状況になっていること。

デイナマ、真っ昼間のナマズ釣りをやっていると、こんな今のナマズ釣りの世界の現実の一端も垣間見えてくる。その状況にひとりの釣り人として置かれる。そして、・・・。

で、どうしようかね?、どうしたらいい?、みんなでさ。




にほんブログ村

にほんブログ村


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 6

ヒゲ坊

爆発的にアングラーが増えてますからね

ポイントがどんどん開拓されてくのは仕方ない事ですよね

魚達は相当なプレッシャーを受けてます

この先どうなっていくのかはだいたい想像がつきますよね。

by ヒゲ坊 (2016-05-29 16:55) 

みぞ

ヒゲ坊さん、コメントありがとうございます。
みんなでいつまでもあるべき姿での本来のナマズ釣りを楽しむためには、まあ、いろいろあって、そう短絡的にこうしようとは言いきれないですかね、現実的にはですね。
ほんとにこの先が容易に想像できちゃいそうです。。。
by みぞ (2016-05-29 18:20) 

ナマチュー

こちら三重県の田舎ではナマズ釣り、特にデイナマは盛んではないので、全然スレていません。もちろん個体数も多くないのでポイントごとでも多くて4~5匹ぐらいしかついていません。
私もほとんどナイトしかやりません。
関東エリアは記事や動画などで拝見する限りではちょっとした水路にもいるようなので、羨ましいと思ってましたが…アングラーの数も半端ではなさそうですね。それはそれで対策はなさそうですけど行く末は心配ですね。
by ナマチュー (2016-05-30 01:20) 

みぞ

ナマチューさん、コメントありがとうございます。
ナマズたちの置かれている状況はもちろんそのエリア毎の事情で大きく違っていますよね。ぜんぜんスレナマズのいないパラダイスのところもまだいっぱいあるでしょうし、そういう環境でナマズと対峙できるのがやっぱり理想ですね。埼玉エリアの行く末は、おっしゃる通り、このままではやっぱり心配というか、どうなっちゃうんだろう?、って状況ですね。
あと、“デイナマが盛ん=それがナマズのスレを多発”ではないと思います。また、“夜のナマズ釣りでは暗いので人間の目に視認されない、視認できない状況がある・・・”、という趣旨で書いております。よろしくです!。
by みぞ (2016-05-30 02:41) 

いちえい

こんにちは、私は昨年からナマズ釣りを始めて、みぞさんのブログ、いつも楽しく拝見させていただいています。

自分は管釣り専門でまだ初ナマズにすら出会えていないのですが、そんなナマズの状況があるということが少しショックでした。

ナマズアングラーが増えるのは喜ばしいことだと思いますが、ある程度のマナーは守って、楽しく釣りを楽しみたいものです

by いちえい (2016-05-30 14:26) 

みぞ

いちえいさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
まあ、しょうがない面も多々ありますね。いろいろな情報飛び交っていますし、ナマズ狙いの釣り人にもいろいろな価値観ありますし、ポイントごとのナマズの絶対数との兼ね合いなんかもありますしね。(苦笑)
まあ、そんな埼玉のこのエリアでも、たとえばホームを一級河川の本流にしてナマズ釣りをやっていましたら、たぶんそんな怯え逃げ惑うナマズくんたちの姿なんてゼッタイ見ないで済むナマズ釣りができちゃうんでしょうけれどね!。(笑)
小さなポイントはキャッチする匹数と、そして自分自身が利用する頻度をたとえば1週間に1度にするとか、2週間に一度にするとかね、そんな一人一人のナマズ釣りの釣人の自粛のコントロールなんかもですね、やってみてもいいかとも思うんですけれどね。
ただ、釣れる好条件の時はバンバン釣りたい!、との醍醐味の味わえるのもこのナマズ釣り。そんなときでも広範エリアのランガンスタイルであればまだ及ぼす影響も軽減できそうでありましょうかね!。
うまくコントロールできていけば持続して行けると思うんですけれどね。(笑)
by みぞ (2016-05-31 06:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0