So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

フッキングミス連発、いったい何尾ロスし続けるのかい?! [ナマズ釣行(2018年)]

図3.jpg


えーと、今日の土曜日の日中、ちょこっとナマズ釣り行ってきました。


それで、実は今日のナマズ釣りでは、、、何尾も、何尾も、アホみたいに、何尾もの、ナマズのバイトをことごとくフッキングミスし続け、すっぽ抜け(60%)、バラシまくり(20%)、抜きあげ時のポロリ(20%)の連続で、まるで底なし沼にとことん嵌りまくりの、ボロボロ、ズタズタ、ズタボロ状態に・・・。

ある水路で、けっこうビッグな奴(優に70オーバーはいってた!)が水面TOPを高速でリーリングしてきたMチューンフロッグに距離にして約10mほどを凄まじい勢いで追いかけてきて、すぐ手前まで来たとき、おもむろに大口あけてバイトしてMチューンフロッグを呑み込むのを目の当たりにした時、思いっきりのフッキングミスしたときには、

おー、なんてこった!!、マジかぁ!!!!、って、

おもわず天を仰ぎ、一瞬、思わず手にしているロッドを根元から真っ二つにへし折りたくなった衝動にかられたりもして!

でも、あぶないあぶない、寸でのところで我に返り、ほんとにバカなことやらずに済んだりして、、、。

(ちょっとティップの調子が硬いかもしれない今のロッドだけれど、でもロッドにヤツ当たりしてもしょうがないだろって!。でもなんとなく弾いてしまう感触は気になるところではあるんだけれど。)


それにしても、ここに来て今日みたいなホントに何尾も、何尾ものフッキングミスだらけの状況に陥っちゃう事態の、尋常じゃあ無さすぎたこのワタシの今日のナマズ釣り、

もうね、これだけナマズ釣りやってきていて、そこそこナマズも釣っているはずなのに、まだまだこんなありさまに突如として陥っちゃったりしてね、

ナマズ釣りは時として、恐ろしいくらいに難度が高まり、へんな呪縛にがんじがらめに苛まされてしまう、超へんてこりんな釣りだよね、ホント!。(苦笑)


あー、今日の釣りを思い出すと、ほんとにやれやれな、このいつまでも未熟者のナマズ釣り。



ちなみに今日の結果は、、、

えーと、たしか、15バイトの、15フッキングミス、壮絶な機会ロス!!!。(泣)







にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(1)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 8

k

こんばんは。
5年前からナマズ釣りを始めたものです。今年も1か月前からやってるのですが・・・いまだにノーフィッシュです。ある時は4連発バイト、掛からず。ある時はグンッ!って竿先が持ってかれたにもかからずフッキングせず、最悪なのは、その週の最終日にズボンのバックルをチェックしてる間に足元の水面をブラブラしてたルアーにフッキング、慌てて竿を持ち上げたものの、3秒後にポロリ!です(笑)

15回ロスって言ってもそういう日もあるのではないでしょうか。
今期はもう10発以上チャンスを逃して、未だにノーフィッシュです。
by k (2018-07-09 01:26) 

みぞ

Kさん、こんばんは。
釣れるときはカンタンに釣れるんですけれどね、釣れないときはとことん釣れなくなっちゃって、なんなんでしょうね、ほんとうに!。(苦笑)

まあ、釣れないときがあるのもこのナマズ釣りのおもしろみと、ちょっとだけ余裕をかましたりもしてみるのですが、

でも、やっぱり、あんまり釣れなさすぎているといい加減立ち直れなくなってしまいますので、ほどほどのところでやっぱり1尾くらいは釣りたくなってきます。

根本的な解決策、対処法を、プロ、アマ、それを生業にしている企業サイドの人たちも含めて、意外と誰も見いだせていない?、そんなナマズ釣り、不思議と言えばふしぎですねぇ~、ホント。(笑)
by みぞ (2018-07-09 22:29) 

GⅡスプーン

お久しぶりです。
ありますよねー! そういうとき。何があかんのか、全然乗らないとき。
そういうとき、私は効果はわからないけど、タックルを変えますね。
竿もやわらかい方がいいのか、硬い方がいいのか、その時、ナマズの体調等にもよるんでしょうけど、まあ、気分だけでも変えるようにしてます。
まあ、アタリがあるだけでも良しとしましょう!お互い頑張りましょう!
by GⅡスプーン (2018-07-09 22:32) 

ダムマニア

こんばんは!
ビッグサイズ悔しいですね。

でもMチューンの集魚力を感じました。


『乗らない病』では無く、『掛から無い病』の様で・・・

オイラも釣り人の性?補食音だけで『ビックリ合わせ』を入れ、失敗したのは数知れません(笑)

そんな訳でナイトゲームでは『ノセ』を意識して合わせを極力我慢してます。

今時期(グンマー)のバイトは、バキューム系のバイトより、水面直下から一気に反転して行くバイトが多い気がします。=乗りやすい

面白みには欠けますが、「乗るまで合わせ無い」ってのは・・・。

な~んて偉そうにスイマセンm(__)m


そんなオイラも『乗らない病』再発中です。
by ダムマニア (2018-07-10 00:06) 

みぞ

GⅡスプーンさん、お久しぶりです!、お変わりありませんか?。(笑)

あたりがあるだけ、、、そうなんです、あたりがあるだけでも、ナマズ釣りのおもしろみに触れられているのです、それを忘れてしまってはいけません。

この悶絶を体験できるナマズ釣り、ここもしっかりと心に余裕をもって対峙しないと(対峙できないと)、ナマズ釣りの魅力の神髄にはなかなか到達できません!。(笑)
by みぞ (2018-07-10 04:50) 

みぞ

ダムマニアさん、おはようございます!。
あのビッグサイズも今回一連の機会ロスの1尾の中にはいっているカタチで、もったいない限りで、こんなことの連発なんですこのワタシ。そうそう、あのアルビノナマズの一件もそう。もう、あれもこれも、みんな機会ロス、もったいないでしょ、ほんとうに!。(苦笑)

たしかに、“掛からない病”です、その通りです!。そのうちの何%かはあいもかわらずの“ビックリ合わせ”、とにかくデイゲームでの見えるナマズ釣りやっているので瞬時に体が反応しちゃうので、動作が早すぎるケースもたくさんあるんですよね。

でも、水面TOPをものすごい勢いで追い食いしてくるナマズのバイトの時ってけっこう瞬間合わせでもガッチリフッキング、フツーはゼンゼン問題なくかかるんですけれどね、でも今、ここに来てそれがことごとく不発になってしまっていて、そのメカニズムがよく分からない。(苦笑)

まあもう少し、一瞬でもためを作ってからのフッキングの動作もあっても良かったケースもたくさんあったかも知れませんけれどね。

このナマズ釣りの“のらない病”とか“かからない病”をテーマに、そのメカニズムの解明をNHKさんあたりで超高精度TVカメラの映像を使って解明してくれたテレビ番組放映してくれたら、うれしいんですけれどね!。

ダムマニアさん、NHK群馬支局あたりにお知り合いの方いらっしゃいましたらぜひお伝えしてくださいな!。(笑)
by みぞ (2018-07-10 05:12) 

k

NHK群馬支局まで20分程度の場所に在住の私です(笑)
昨日は捕食音すら聞こえないダメダメ感99%な釣りでした。
いい加減、5日目ともなると嫌になってくるので・・・
最後はポイントを変えて、ルアーの代わりにスルメイカをセット。
ザリガニ捕獲(笑)

で、帰路についたわけですが、途中に気になる河川があり人生初の
スピナベを試し投げ・・・そうしたら15分程度でガツンときまして。ナマズじゃなかったけれど、釣れたのでOKです。
by k (2018-07-14 01:26) 

みぞ

Kさんへ

ダメダメ感99%、ほとんど100%の時って、ありますよね、あれ?、って、まったく生命反応が感じられないときって。そういうとき、やっぱりナマズ釣れないです。バイトもまったくありませんからね。(笑)

ザリガニ釣り、アメリカザリガニですか?、ワタシもときどきナマズのエサ用にトノサマガエル釣りやったりします!。(苦笑)
by みぞ (2018-07-14 04:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。