So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Mチューンフロッグでの釣果アップのために [ナマズに関連]

IMGP2981.JPG



ちょっと最近(前回の記事にもアップしたけれど)、Mチューンフロッグでのナマズ釣りで、あまりにものナマズのバイトに対して合わせを入れた時のフッキング率が極度に悪化しきってしまっている状況があり、

今までも、たしかにフッキングミスもそれなりにはあったけれど、釣れるときはフツーに合わせを入れればちゃんとフッキングして問題なく釣れてきてはいたんだけれど、でもなぜかここに来て、そのフッキング率が想定以上に悪化してきてしまって、1尾、1尾の貴重なナマズのバイトに対して全然対応できなくなっちゃっていて、

なぜこのタイミングで一気に集中しちゃっているのかはよく分からないけれど、なんとなく原因というか要因は目途がつくんだけれどね、


たとえばMチューンフロッグの釣りでいちばん肝心の3本のシングルフック(※注)、この針先のチェックは、これはすごく念入りにチェックしていて、少しでも針先が甘くなったりしたらすぐに新品にその場で替えちゃうくらい神経をつぎ込んであたっているんだけれど、

その針先をもってしても、バイトに対しての合わせが決まらない状況なので、これはもう、やっぱりロッドに原因があるのかなぁ~、ってね。


今ナマズ釣りで使っているロッドは、RAWDEALER R607RR THE TRICKSTERで、実はこのロッドは、その前にいちばんのお気に入りで愛用していたTULALA Lite Wire 70の穂先が折れちゃってからのピンチヒッターで使っているロッド。

70cmオーバーのライギョだってごぼう抜きできるほどの強靭なバットはお気に入りではあるんだけれど、それ故のちょっとティップの調子も硬く、気にはなっていたんだけれど、それで、水面TOPを主戦場にMチューンフロッグでのナマズ釣りをやっていると、月並みな表現だけれど、あわせを入れた瞬間、弾いてしまう感触、感覚がやっぱりあって、その微妙な感じがフッキングの面で影響をもたらしているような感じがたえずあってね、

もう少しソフト感覚の、合わせを入れた時の一瞬の溜めが効くというか、あたりを弾かないティップ部位の感じが欲しいところでね、


ということで、

ここまで今のロッドでのフッキング率の極めての悪化を目の当たりにしてしまうとね、もう、決心をしましてね、また再び、ツララのロッド、おなじTULALA Lite Wire 70のロッドをナマズ釣り用に新調して買うことに決めました。


今からネットで購入すれば今週末までには届くだろうからね、それで再びナマズ釣りへのフッキング面の実地検証です。


さてさて、結果やいかに、乞うご期待!、なんてね。(笑)




(※注) Mチューンフロッグにおけるこの“シングルフック”の位置づけ、考え方のうえでの位置づけにつきましては、過去記事にたしか残してきていますので、もし気になる方いらっしゃいましたら、一度検索してみてください。(笑)





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。