So-net無料ブログ作成

“けもの道”ならぬ“ナマズ道” [ナマズ釣行(2011年)]

灌漑用水の役割を終えた秋になって一気に減水状態になり、そうしてやっと安全性が確保できるようになってから(もちろん自分自身にとって!)ナマズを狙えるようになったひとつの川がある。

今年も今月初めくらいからやっとポイントのひとつにエントリーでき、週末毎のナマズ釣りの巡回コースのひとつのポイントとして楽しんでいる。

そんな川のひとつのポイントへ今朝がた早朝に行って、いつものようにガードレールをまたぎ、多種多様の草のびっしりと生えた急斜面を降りて水面までの川岸に向かおうとして、ふと前方に目をやり初めて気が付いたことが。

一本の道ができている!。

P1040599.JPG

ちょっと分かりづらい写真になっちゃったけれど、前方を流れている川に向かって急斜面を下っていく一本の“道”がある。

この川のこのあたりでは今までにナマズ狙いの釣り人は一度も見たことがないので、自分自身でつくってしまった“痕跡”であることは疑いようもない。(笑)

まさに“けもの道”ならぬ自分自身でつくった“ナマズ道”!。

この川には並行して小道があり、近くの駅に向かう通学・通勤のわき道として人の往来もそこそこにあるような場所なんだけれど、こんなところに川に下る“道”、たとえ目にして気がついた人がいたとしても、それがどのような背景があってできた道なのか知る由もないよね、きっと。(笑)

まだ夜も明けきらない早朝だったけれど思わず笑ってしまったひとコマ。記念に写真を一枚パチリと撮っておきました。

一応、ナマズも一尾だったけれどちゃんと釣れました。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー