So-net無料ブログ作成

冬のナマズと温排水 [ナマズ関連]

P1040851 (1).JPG

これからの季節のナマズ釣りをマネジメントしていく術のひとつとして、そのひとつのキーワード“温排水”を某Sさんよりアドバイスいただき(Sさん、どうもありがとうございます!)、さっそく、こころあたりのあるとある排水溝に昼間行ってみた。

その排水溝はこんな感じなんだけれど、とある工場があって、そこでの使用済みの排水が川にこんな感じで流れ込んでいるところ。

日曜日の今日見る限りでは、水量は決して多いとは言えない量だけれど、ためしに流れ出ているところの水温を測ってみると、

P1040846.JPG

なんと24℃。

現在この排水溝の流れだし部分から川の本流にまでは約10mほどの細い流れが形成されていて、ちょうど本流への合流部分までこの水温が保たれていた。

さすがに分厚い流れの本流に流れ込んでしまった合流点から下流方向約1mほどの部分では一気に水温は低下して約14℃とはなってはいたが、それでもこの時期の水温としては周辺よりはだいぶ高めの水域を形成しているようではあった。

昼間見たところではこの本流に合流するまでの細い流れ込みに30~40cmほどの鯉が数尾。そして合流付近にもちょっと大きいサイズの鯉が数尾確認できた。ナマズの姿は確認できなかったけれど、それなりに魚もこのエリアに能動的に集まりきているような感じではあった。

さてさて、当のナマズさんたちにはこの温排水、どうとらえられているのでありましょうか?。

一介のナマズ釣り師の自分にとっては、こんな美味しそうなポイントの確認ができたのであれば今晩今頃試しに一投だけでもルアーを川面に流しに行きたかったところだったんだけれど、悲しいかな、子供たちの学校行事最優先の女房によって家の車を独占され、今日は行けずにお預け・・・(やれやれ、だね、まったく!)。

次の週末にはぜひ、ナマズのチェックに行ってみよう!。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー