So-net無料ブログ作成

掛けたナマズをバラさないフック仕様へ [Mチューンフロッグの軌跡]

<検討案 ①>

いつも使っている対ナマズ用フロッグルアーのポッパーフロッグMチューン

まだまだ改善したい課題点が多い中で、まずは、一度確かに手ごたえを感じるところまでフックに掛けたナマズに対して取り込み途中でバレてしまう割合を極力減らしたいということで、今週末の実釣機会に向けてリアフックの仕様変更を考えてみた

コンセプトは、ずばり、“掛けたナマズをバラさないフック仕様へ”

まあ、まだあくまでも机上のひとつの見立て、選択、そして直感なだけの検討案なんだけれどね、今までの「C'ultiva S-61 サクラマススペシャル 1/0」(↓写真左のフック)から、あらたに期待してピックアップしたのは「FINA パワーフィネス FF300 2/0」(同写真右のフック)

IMGP3615.JPG

このフック、本来はビッグバスを狙うビッグワーム用のフックということで、パッケージの表面には、

  1. ビッグワームの使用を想定したサイズバリエーション
  2. 根掛かりを抑え、掛けた魚をバラさないハリ先ネムリ形状
  3. フッキング性能を追求したヒネリ形状&ロングテーパー設計
  4. 60オーバーにも負けない太軸仕様

とあって、この中で2、3、4のところに期待したって訳で!

ということで、さっそく新しいポッパーフロッグMチューンのリアフックに2本をセットしてみて、

IMGP3616.JPG

IMGP3617.JPG

こんな感じになりました。(笑)

さてさて、まだ週が始まったばかりの火曜日の夜だけれど、サッカーの日本代表が最後の最後に本田選手のPKのゴールでW杯ブラジル大会出場を決めてくれたシーンでやっと落ちつくことができたりした火曜日の夜だけれど、効果があるのかないのか、あるいは改悪になってしまうのかどうなのか、検討案①の実釣検証は今週末に(予定)、ってね!。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感