So-net無料ブログ作成

ナマズ釣りのコア・シーズンは、4月~12月初旬?! [ナマズ関連]

IMGP5815.JPG

(まあ、一概になにが正解でという訳ではもちろんないけれど、地域差なんかも当然あるしね・・・笑)

今日の午後、とあるナマズひそむ川のすぐそばの広大な貯水池に照り返す早春の日差しを目にし、いったん通り過ぎた車を再び引き返して写真をパチリ

IMGP5816.JPG

今日の埼玉の当エリアの気温はこのとき車載外気温計表示で16℃、日差しとともに気温もだいぶあたたかくなってきた

IMGP5821.JPG

サクラのつぼみもここまでふくらみ、

IMGP5822.JPG

もうすぐの春のピンク色一色に景色が一変する時の近づきも確実であることを知らしめて、

IMGP5829.JPG

おやおや、足元に目をやればすでに名知らずの小さな花たちは一足先に花を開かせ、春のおとずれの演出にひと役をしっかりと担い、そんなこんなで、ようやく今年も確実に季節は春本番へ、ナマズ釣りの本格開戦の瞬間へ向けて、着実に進んでいるようで・・・

それにしても、なんとなく今日感じたんだけれど、この3月にナマズは1尾しか釣っていないけれど、今月3月のナマズ釣りはとりあえずこれでいいかな、ってね

次は4月になってから、春も本格的になってね、できればまとまった春の雨の一降りもあった後のタイミングからがいいんだけれど、それで本格的にナマズ釣りに“再開”しようかな、ってね。

なんとなく、(ここ埼玉の)ナマズ釣りのコア・シーズンって季節的には4月に入ってからで、そして一気にナマズ達の活性スイッチが入るのが春のあたたかい大量の一雨が降ってからでね、そんな要素が重なったタイミングで本格的にシーズンに入るんじゃあないかと、そんなことを感じた今日。

まあ、釣れない訳ではもちろんないけれど、ナマズ釣りを少しかじってきて、今ようやく(今さらながら!)実感をもてたこんな感覚。ひとつ“歳”と“経験”を重ねて、尖ったチカラも抜けて、自然の摂理に添い、自然の営みに向き合えるようにもなってきたからの感覚か。

ただ単に歳を取ってココロと身体が重くなっただけ、って側面も無きにしもあらずかも知れないけれど!。(苦笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

早春の管釣りBIGサクラマス! [FF管釣り(大芦川F&C)]

とある管釣りのHPの告知、Max.1.5㎏サイズのサクラマス放流の文字にココロを射すくめられ、スイッチをいれられ、3/22(土)、行ってきました管釣りサクラマス

早朝の東北自動車道を快調に北上し、栃木の鹿沼ICで一般道に降り、開門1時間くらい前に現地に着いてみたんだけれど、すでにこんなに先行の釣り人が!

みんな好きだねぇ~、ホント!(笑)

IMGP5803.JPG

この日の栃木はまた寒くって、6:30AM時点で外気温-1℃、遠くに見える中禅寺湖湖畔にそびえる山々はまだまだ真っ白冬景色で、住んでる埼玉北寄りエリアも寒いけれど隣の県の栃木はもっと寒い!(笑)

IMGP5804.JPG

肝心の管釣りサクラマス釣りの方は・・・

IMGP5806.JPG

IMGP5811.JPG

IMGP5812.JPG

IMGP5813.JPG

結局、キャッチできたサクラマスはサイズ的にはいつものレギュラーサイズで、トータル6尾!、いやはや、この日はいつになく激渋コンディションでありました

時間的には朝の開園7:00AMから、終了の5:00PMまで、みっちり気合をいれて臨んだんだけれど、外道のニジマスが結構釣れてくる割に本命のサクラマスはなかなかスイッチが入らないようで、水がきれいだから泳いでいる姿は見えるんだけれど渋かったね

で、そもそもの本日のメインターゲットとした1.5㎏サイズのサクラマスなんだけれど、これ一本に照準を合わせて今日は臨んでやっていたんだけれどね、午前中に、シンキングラインの超・ハイリトリーブで誘いをかけていてガツン!ときて、ガッと一瞬の合わせを入れてその直後にライン切れちゃって、ってのが2回あったんだけれど、あれがたぶん本命のサクラマスだった

猛烈な勢いでフライにチェイスしてくるひとまわり大きな個体が水中のその先にギラリと見えたからね、ライン1.0号じゃあちょっと細かったかな

そのあとラインを1.2号に変えたんだけれどね、その後何回か大きめサクラマスのチェイスはあっても喰いつくところまでには至らずに、残念、ストップフィシング。

それにしても、管釣りのいつものお兄ちゃんともいろいろ話もしたけれど、今回ポンドに放流しているビッグなサクラマス、“なかなかスイッチが入らなくって釣れないんですよね”、って、三連休初日のお客さんもなかなか釣れなかったみたい

このサクラマス(管釣りですけれどね!)のフライで狙うときの最大のオモシロいところはというとね、このスイッチをどう入れるか、入れさせてフライに喰らいつかせるか、この一瞬の駆け引き、一瞬の動作なんだと自分なんかは思っているんだけれどね、フライをフルキャストして着水後、超がつくくらいのハイリトリーブでひっぱってきて、遠目にサクラマスがチェイスしてきているのを視認したら、リトリーブの速度を落とすことなく次の瞬間、一瞬のタイミングを見計らって瞬時にさらにグンッ!!とフライをサクラマスの鼻先から加速度をつけて強烈に引き離す動作を入れてやるんだけれど、このメソッドが自身の管釣りサクラマスでのいわゆる肝心要の“スイッチ入れ”の瞬間動作であってね、これがいかにもスリリングで、迫力満点で、アドレナリン出っぱなしで!!!(笑)

いやー、管釣りサクラマス、たしかに自然のフィールドで狙う海からの遡上本家本元のサクラマス狙いとはそれは訳が違うし、根本的に違うのはあたりまえですけれどね、天然遡上のサクラマス、そりゃあ、近場に本格的な河川があるようなところに住んでいればまた狙ってやっていると思いますけれど、今はいろいろな要素でムリなんで、そんなときにこの管釣りサクラマスは単純に手軽に楽しめて、ありがたくって、格好のターゲットなんだよね

あれあれ、ちょっと話が横道にズレちゃったけれど、こうしてブログに向かっているときの今の気持ちはというと、ただひとつ、もう一回、ビッグなサクラマスにチャレンジしたい!、リベンジしたい!!ってね、2回ライン切れさせちゃったビッグなサクラマスに、もう未練たらたらなワタクシでありました。(笑)

(もう一回今日行っちゃう?!、あはははは、そりゃあムリだって・・・苦笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感