So-net無料ブログ作成

ナマズ釣りやっていて一番悲しいこと・・・ [ナマズ関連]

IMGP0596.JPG

家から車で15分ほどの所に本流から分かれた支流でナマズの釣れるちょっとした小川(水路)があるんだけれどね、ここに今シーズン初めて真っ昼間の明るい時間帯に行ってみたところ、あきらかに昨年度シーズンまでとはちがう現場の状況があってね、

そこかしこに、生い茂る雑草を踏み固めての川岸水面まで降りる道ができていて(これ100%ナマズ釣りの人のつくった道!)、

そして、なんと、ルアーを水面に投入したそばから、あっという間にダァー!!!っと一目散に逃げ散るナマズの姿が、それこそ、そこかしこに、次から次へと、40cmくらいの小さいナマズから60cmアップサイズの大きなナマズたちまで、ホントに次から次へと、目の前の光景として鮮明に、まざまざと目に入ってきて、見せつけられてね・・・。

いやー、なんというか、夜のナマズ釣りでは決して見ることのない、目にすることのない、そして、認識のできえないこの光景、現場の状況、そこに生息するナマズたちの置かれたありのままの姿、、、

ほんとに、その光景を次から次へと目の当たりにすると、体験すると、ココロが折れるというか、ココロが痛むよ、ホントーに。

まあ、ナマズ釣りをやっているこの自分自身もその一端にいるのは自覚するところではあるけれどね、でも、今年の今シーズンの初めて行ってみたこの小川(水路)でのこの状況は、今まで無かったし見たこともないし、これはちょっと尋常じゃあないよ、ホントーに。

たえず追加放流している管理釣場じゃあないんだから、こんなに小さな小さな小川なんだから、そこまでに、至るところ雑草を踏み固めるほどのはっきりとした道をつくるまでのナマズ釣りをしていて、いったい何なんだろう?、って、思わず思わざるを得なくなっちゃう。

まあ、それだけナマズ釣りが人気で、楽しむ釣り人の物理的な数がたくさんになったということなんだろうけれどね、

でも、こんな、前述したような実際の水中でのナマズたちの状況を、投入されたルアーに怯え切って逃げ惑うナマズたちの状況を、たぶん、ほとんどの人たちが知らない、かな???。(分からないけれどね。)

自分もナマズ釣り好きなんでね、先の記事にも書いたりしているけれどね、いつまでも末永く、釣りのサブカテゴリーのひとつとしてね、楽しんでいきたい、ほんとにね。

ナマズ釣りやっていて一番悲しいこと、それは、ルアーの着水に果敢にバイトして喰らいついてくる本来のマナマズの姿がそこになくなっちゃってて、かわりにルアーの着水音に怯え一目散に逃げ惑うマナマズたちの姿を白昼に目の前に見る(見てしまう)、そんなナマズ釣りの現実がもたらされ、そこにある状況になっていること。

デイナマ、真っ昼間のナマズ釣りをやっていると、こんな今のナマズ釣りの世界の現実の一端も垣間見えてくる。その状況にひとりの釣り人として置かれる。そして、・・・。

で、どうしようかね?、どうしたらいい?、みんなでさ。




にほんブログ村

にほんブログ村


Danger! ピンクのくすりとナマズ釣り [日々のいろいろ]

なんだか、また最近、このピンクのくすりに頼らざるを得ない体質、体内環境になって来ちゃっていてね・・・。

IMGP0591.JPG

IMGP0592.JPG

うすいピンクの小粒の便秘薬。。。

IMGP0593.JPG

一応、今のところ、“ときどき”の使用頻度で、そして用量も“成人1回1~3錠を1日1回”とあるところの上限3錠で済んではいるんだけれどね、でも、このピンクのくすりへの依存心、依存体質、これがどうも進んでいるような自身のこのからだ。

困ったことに、さらに最近では3錠を服用してみても“劇的な効果”が無くなってきているみたいで、1回当たりの摂取量を、たとえば4錠とか5錠とかに増やしたらもっと効果得られるかな?、もっとスッキリするかな?、できるかな?、なんて発想とともに、

うん?!、待てよ、強制的にちょっと多めの量を服用すれば、ひょっとしたらダイエットにも効果が結びつけられるかも知れないな、なんて、そんな良からぬ発想もムクムクと芽生えてきてたりもしてて・・・。

いずれにしても、このカラダ、加齢によるものなのか、日々の食生活によるものなのか、日中の仕事(これまた飲食、接待等々で!)に関連するものでなのか、はたまた、なにかしらの病気?、

まあ、ビョーキの線はとりあえず深刻にとらえてもしょうもないので脇に置いておくけれど、なにが直接の原因になっているのか、どうなのか、あ!、運動不足というのもありそうかな。

ナマズ釣りやってて、なにかしらの影響?はあるんだろうか・・・、いやいや、ナマズ釣りと便秘、これはどう考えてみても因果関係はないでしょう、って!。(笑)

まあ、拡大解釈してみて、ナマズ釣りに行く度にバイトへのあわせミス連発にもんどりうって悔しがるその心的ストレスの影響、、、これが知らず知らずのうちに蓄積し、繰り返し作用し、起因となって、大腸機能へと少なからずの影響を与え続けていた結果、なんて、、、ナイナイ、ぜんぜん無いだろ、そんなこと!。(笑)

まあ、みなさんもナマズ釣りから影響受ける心的ストレスと便秘の関係性には充分気をつけて、じゃあなかった、便秘をはじめとした日頃の体調管理には十分気をつけてくださいね。(笑)

/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(おまけ)

あっ、そうだ!、ピンクのくすりでひとつご注意を!。

以前、ピンクのくすりの効果に、時として、第一弾、そして第二弾と、2段階にわたって現れることがあるのを知らなかったときに、第一弾を得られたからもう大丈夫と思ってそのまま早朝のナマズ釣りへと出かけ、その1時間後に現地でいきなり訪れた第二波の襲来!、いやー、あのときはホントーに焦って、おもわず・・・・・、ってね、そんな苦くて、切なすぎる経験がありまして。

みなさんもピンクのくすり服用するときがあったら充分注意して、ナマズ釣りに行ってくださいね!。(笑)

(そんな苦くて切なすぎるナマズ釣行記もこのブログのどこかにアップしてある筈ですけれどね、さすがにもう恥ずかしすぎるのであえてその過去記事へのリンクは貼りません。あしからずです!。笑)




にほんブログ村

にほんブログ村