So-net無料ブログ作成

やれやれ、静岡のナマズパラダイスがまたひとつ無くなった理由がわかったよ・・・ [ナマズ関連]

手術後の療養もあって少しお休みをもらっているため、めったに購入したりしないナマズ関連の本だけど、そのなかで最近ちょくちょく目にしていた最新本の「ルアーマガジン 鯰王Vol.2 2018」を今回アマゾンネットで購入して、そしてパラパラと中身を覗き見ていたんだけれど、

その中の、P.83~P.87に、この会社さんの、

図1.jpg

記事とともにこんな写真を、“静岡県の水路・小規模河川でアッコちゃんが実釣”って見出しなんかも引用しながら載せていて、

009.JPG

010.JPG


あれあれ?、なんか見たことある背景だなぁ、ってね、


もう、今までにこのブログにも静岡に帰省するたびに、生まれ育った実家近所のこの水路に足を運んでは、帰省中のつかの間、ほんとに無垢のというか、本流から遡上してきてけっこうな生息密度で釣り場を形成していて、それはそれは楽しいスポット、ナマズ釣りの密かな楽しみポイントだったんだけれど、

昨年くらいからかな、今までホントに無垢なナマズたちがたくさんいたところだったのに、だんだんとナマズ狙いの釣り人の痕跡が、年に2回とかたまに行った時でもふつーに見られるようになり、ナマズもスレてきているのが分かるようになってきていて、

そして、決定的にそれを痛感したのは、今年のGWの後半に一泊二日で帰省した際に、久しぶりに行ってみたところ、

見えナマズはそこかしこに認められるんだけれど、その見えナマズがとことん、ほんとにとことん、キャストしたMチューンフロッグに瞬時に逃げ惑う姿ばかりの光景が、水路の下流域から上流域まで、ほんとにずーっと続くという、この水路で初めての経験を目の当たりにして、一体全体、ここは今、どういうような状況にふだんなっちゃっているんだ?、ってね、摩訶不思議な状況を痛感したんだけれど、

まあ、そのひとつが、このナマズ本に引用されているこの会社さんのこのような記事の写真掲載、そして、その背景にあるであろうさまざまなカタチでの日常での情報の無配慮、確信的拡散・利用もあるのかな、ってね、、、。


まあね、しょうがないけれどね。


でも、ナマズ釣り具メーカーの人とか、出版会社関係の人たち、ほんと、いつまでたっても懲りないね。

なんで、ピンポイントの情報を、ほんとにここは狭い流域ポイントなのにね、いとも簡単にオープンにしてさらしてしまう扱いをするのかね。ましてや、この会社さん、地元に所在する会社じゃない。地元にもこの水路で前々からナマズ釣りを自然なカタチで楽しんで、大事にしている釣り人がいるって、どうして思えないのでしょうかね・・・。


まあ、しょうがないけれどね、もうね。





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(1)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

(2回目の心臓手術を終えて)手術から一夜明けた早朝にまず思ったこと [日々のいろいろ]

006.JPG


5月12日(土) 5:41AM


約4時間半かかって夜の8時半過ぎに手術が終わり、手術から一夜明けて、大分落ち着いてベッドに横になれるようになって、試しに右手首の脈が取れる所で自分自身の左手親指を添えて、脈=心臓の鼓動をみてみると、今まであんなに不規則でぜんぜん数えることすらもできなかった脈が、トン、トン、トンと、ちゃんと規則正しく脈を打っているのが確認できて、、、。

やれやれ、今この時、しみじみと感じたことは、やはり心臓がちゃんと規則正しく動いてくれるということは、こうもまた朝もすがすがしく感じられるものなのか、ということであり、やっぱり心臓の働きというのは大したものだと、あらためて、しみじみと感じ入った瞬間でした。

でも、同時に、もうひとつ思えてきたことは、やはり三度(みたび)の再発、、、これだけはもうほんとに勘弁して欲しいなぁ~、と。

この人生があと何年生き長らえるのか、それは分からないけれど、今この瞬間に思うのは、ほんとに、これだけは、再発だけは、もうほんとに勘弁して欲しい、、、。

もし仮に三度目の再発なんかがあったりしたら、たぶんこの意識が、もうたぶん耐えられそうにないかも知れないし・・・。(泣笑)


まあ、とりあえず、手術が無事に終わって良かったかな!。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(追記)

入院中に、このブログのコメント欄にコメントいただきました、
ダムマニアさん、ヒロヒロさん、下町オヤジさん、ジャンキー佐藤さん、ほんとにありがとうございました。

時間たっちゃいましたが、返信コメント書かせていただきましたので、この追記にお気づきになられましたらひとつ前の記事のコメント欄、もう一度のぞいて見てくださいませ。

かさねがさね、どうもありがとうございました。





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感