So-net無料ブログ作成

約27秒を要しているもうひとつのナマズ釣りの観点 [日々のいろいろ]

図1.jpg


いつもこのブログでもお馴染みの、ナマズを釣った時に撮っているこれらの釣果写真。

一連の動作、いわゆる、ナマズのバイトがあって、合わせをいれて、フッキングしてヒットして、そして、手元まで引き寄せて、


そして、ここからのことなんだけれど、

IMG_1778.PNG


水面から抜きあげて、(魚体には素手でふれないで)フィッシュグリップで下口をはさんで、メジャーシートを広げて、その上にナマズを乗せて、すばやく写真を一枚から二枚撮って、フックをペンチで外して(最初にフックを外しちゃうケースも結構あるけれど)、そして水中へリリースして、、、


で、この間の一連の動作に要する現状での時間が、だいたい約27秒間。


まあ、これは今、家の中で目安を得るためにシャドープレイで一連の取り込み動作をやってみて、そして、かかった時間をストップウォッチで計測してみた結果なのであくまでも予備調査の、目安レベルの数値ではありますが、

何回かいつもの動作にのっとってやってみた所要時間がこれぐらいだったので、まあ、そんなに外れてはいないとは思います。こんど実際に現場での計測もやってみようとは思いますが。(笑)


で、これがなんなの???、ってことでありますが、

まあ、いろいろな観点からのナマズへのダメージのとらえ方、考え方、ってあるけれど、そのうちのひとつのこの前述した一連の動作の面でのナマズへのダメージ分析、その有無、強弱、その受容レベル範囲、その受容されるレベルへの今後に向けた考え方、位置づけ、それに対してどうするか、ってことで、、、。


今このワタシの現状での約27秒間、これがいつもナマズにとっていったいどの程度の影響があるのか、影響を与えているのか、どうなのか、、、


まあ、しょせん素人なので、ここまでの記述で終わってしまうのでありますが。(苦笑)





にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感