So-net無料ブログ作成
ナマズ関連 ブログトップ
前の20件 | -

夏ナマズのフロッグゲームにはトロピカルカラーがお似合い!? [ナマズ関連]

IMG_2162.JPG


あはは、100%ジコマンですが、

夏のナマズ釣りで、Mチューンフロッグ(HS)VARIVAS 鯰 マックスパワーPE トロピカルのコラボレーション、

あれ!、雰囲気もなかなかイイじゃん!!、って、思っちゃったりして!。(笑)



夏のでかナマズとの熱いアツい出会い、

ぜひ、もたらせてくださいな!。(笑)





にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Mチューンソフトクロー プロトタイプ 第一弾 [ナマズ関連]

先の記事にもアップしていたスナッグプルーフ ソフトクロー、釣りの大先輩でもある茅ヶ崎在住のS先輩から先日、“アメリカから届いたよ”、との連絡をいただいて、

そして、たまたま横浜で飲む予定があってこれから横浜に出るからと、その日のうちに会社帰りのタイミングで横浜駅JR改札口出たところにあるドトールコーヒ店の前で待ち合わせして、

アメリカアマゾンから取り寄せてくれたORIGINAL SOFTCRAW1個を、“いいよ、あげるよ!”となんと無償でいただいてしまって、、、いやー、どうもどうも、S先輩、ありがとうございます、感謝です!。(笑)


ということで、せっかくアメリカから取り寄せていただいたスナッグプルーフのソフトクロー、早速、ちょっと気合を入れてみてMチューン化に取りかかってみて、Mチューンソフトクロー プロトタイプ第一弾、まずはこんな感じで作ってみましたので、ここにアップです!。(笑)


※とりあえず一連の写真をまずはアップです。
コメントは、、、時間のあるとき、おいおい挿入して行きますので、あしからず!。(苦笑)

ではでは。。。

↓↓↓

①.JPG

③.JPG

④.JPG

⑤.JPG

⑦.JPG

⑧.JPG

⑪.JPG

⑮.JPG

⑯.JPG

⑩.JPG

⑫.JPG


とりあえず、今までのMチューンフロッグ(HS)で培ってきた構造、スペック等を踏襲し、ソフトクローバージョンでひとつのカタチにしてみたプロトタイプ第一弾としてのMチューンソフトクロー、

今度の休日にさっそくナマズ潜むフィールドで試してみましょうかね。


ナマズ、釣れるかな!?。(笑)





にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ポッパーフロッグのMチューン化 こんなこといつまでも相変わらずやっている釣り人なんて、、、 [ナマズ関連]

IMG_2066.JPG


今シーズン、ここにきてぜんぜんナマズ釣りにも行けてなくて、そして、やっぱり当然ながらナマズの釣果の方もすっかりご無沙汰状態で、まあ、しょうがないかなぁ、ってな感じの今の状況ですが(苦笑)、

そんな中、ここに来てふだんナマズ釣りに使っているMチューンフロッグ(HS)の手持ち在庫数がロストしちゃったりなどしてだいぶ少なくなってきてしまっていたので、ときどきお世話になっているこちらのネットショップのサイトであらたに3つほどを注文して、、、。


釣具のポイント 楽天市場店
〒805-8539
福岡県北九州市八幡東区前田企業団地1-1

エバーグリーン(EVERGREEN)
ポッパーフロッグ(POPPER FROG) #59(スケルトンチャート)
価格 1,404(円)× 3(個)= 4,212(円)
==============================================
小計 4,212(円)
送料 520(円)
--------------------------------
合計 4,732(円)
--------------------------------


エバーグリーン社さんのポッパーフロッグ、もう結構入手ができなくなってしまっているんだけれど、もう終売にしちゃったのかな、このメーカーさん。

HPにも載っていないし、いなかったし、でも終売の告知情報もどこにも見当たらなかったりして、よく分からないんだけれど、

以前お気に入りでよく購入させていただいていたスケルトンオレンジはもう入手はどこも不可能になっちゃっているし、なので今は代わりに今回手に入れたカラーのスケルトンチャートにしているけれど、これもなかなかもう入手できなくなりつつあって、

エバーグリーン社さんのこのポッパーフロッグ、よかったんだけれどね、でももう市場に出ていなくなっちゃっているみたいでね、このワタシのナマズ釣りもね、そんなに将来的に長くも続けていられなくなっちゃうかな、ってね、だんだんとそんな気にもなってきちゃっていたりもしてね。(苦笑)


まあ、とりあえず、今回、この3個をなんとか取り寄せできたからね、

IMG_2068.JPG

さっそく3個まとめてMチューン化をね(ちょっとめんどくさいけれど!苦笑)、少し気合を入れてとりかかります!。(笑)


でもね、ナマズ釣りで、フロッグをここまでめんどうなチューンナップ化をいつまでもいつまでもやっていて、そしてナマズ釣りをしている釣人なんて、まあ、もう、そうそうはいないんじゃあないかなと思いますけれど、

いいんだか、どうなんだか、、、あはは、すっかり“ガラパゴス的ナマズ釣りスタイル?!”、、、なんてね。(苦笑)



P.S.

エバーグリーン社さん、ポッパーフロッグの終売は終売で、それはまあいろいろな事情もおありでしょうからしょうがないですけれど、またナマズ釣りにおもしろく使える(活用させてもらえる隠れたスペックを秘めている)そんな新商品のフロッグ系なルアーを開発して発売してくださいよ!。

そうしたらすぐにまた、あくまでも一個人ではありますけれど、ファンになって、そしてヘビーユーザーになりますですよ、ってね。(笑)





にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

買うんだったらこの色がイイな! スナッグプルーフ ソフトクロー  [ナマズ関連]

図1.jpg


今度は神奈川県は茅ヶ崎湘南海岸近くにお住まいの大先輩 Sさんから、アメリカアマゾンのサイトでさっそく見つけてきてくれたクリアータイプのスナッグプルーフ ソフトクロー。

いつもMチューンフロッグ(HS)で使っているエバーグリーンのポッパーフロッグも、オレンジ系もチャート系もすべてクリアータイプを選択して使っていて、

まあ、100%この自分自身の“好み”だけでありますが!。(笑)


でもこの写真のクリアータイプカラーのソフトクロー、今はまだ日本のマーケットでは入手できそうも無さそう(?)だから、茅ヶ崎のS先輩に頼んでアメリカアマゾンで2個ほど買って取り寄せておいて!、ってお願いしておこうかな!!。(笑)



P.S. 

3個買ってもらって、1個は謝礼としてS先輩にプレゼントでいかがでしょう!?。

もちろん全送料はこちら持ち、そしてもしご要望いただけましたら、ソフトクローに最新のMチューン化を施し、水面TOPを主戦場としたナマズ釣りで使える仕様にして、価値観UP、プレミアムなスペックでお渡しいたします!。(笑)

(アハハ、いちいちブログのネタにしないで、ラインでもメッセージでも直接伝えろ!、って!!。苦笑)


北海道の猿払川のイトウ釣りの巨匠S先輩も、Mチューンソフトクロー、一個俺にもくれ!、って言うかな?!。(笑)





にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ネクスト候補は、スナッグ プルーフ ソフトクロー Soft Craw! [ナマズ関連]

図1.jpg

図3.jpg

図2.jpg


昨日、アップしたザリガニを喰っていたナマズの件(「ナマズの食性確認 やっぱりザリガニは食べているんだ!」)に関連して、さっそく、北海道在住の猿払川でのイトウ釣りの大師匠、S先輩から、


“ザリガニルアーの件、ワームじゃありきたりだからやっぱりコレでしょ。”

と、このスナッグプルーフ ソフトクローの情報をすぐに送って来ていただいて!!。(笑)


このザリガニルアー、

ネットで検索してみると、舶来釣具専門店ネストで扱いがあるとのことで、そこには、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リアルなザリガニ型の中空フロッグ。ボディにスリットが入っていることで尻尾のパーツが水流を受け、本物のザリガニが後ずさりして逃げるよな動きをリアルにイミテート。

また、ボディに添わせるようにセットしたダブル フックのおかげで、ウィ−ドレス性能は抜群、臆することなくヘビー カバーを攻めることが可能。ボディ内はもちろん中空なので、フッキングも抜群です。

サイズ:3"
ウェイト:1/4 oz.
フック: Mustad Ultrapoint #1 double hooks

価格 1,177円 (税込)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

との説明文が記載されていて、

次いで、

“現在売り切れです”

との但し書き、、、。(あれあれ!)


あはは、さすがS先輩、これいいんじゃない!!、って思ったけれど、現在在庫なしの欠品中、って、、、。(苦笑)

こりゃあ、なんとか一個入手してね、そして、Mチューンフロッグで採用しているフックシステムをそのまま移植してナマズ釣り仕様にチューンナップを施してね、ぜひナマズ釣りで一度使ってみたいね!。


Mチューンフロッグの次の候補は、このスナッグプルーフのソフトクローでのナマズ釣りチャレンジを基本コンセプトにして、えーと、名前は、Mチューンソフトクロー(またはMチューンクロー)、このあたりの呼称でデビューさせてみましょうかね!。(笑)





にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鯰道場2019 今年は久しぶりに参加してみようかな! [ナマズ関連]

図2.jpg

https://www.varivas.co.jp/namazu/

VARIVASさん主催の鯰道場2019


はるか昔にたしか一度だけエントリーさせてもらったことがあったような気がするけれど、今年は久しぶりに参加してみようかな。

期間も7月1日から9月30日までと結構長丁場でやっているみたいだし、まあ、その間に1尾くらいは釣れるでしょう、ってね。(笑)


ということで、

真っ赤なVARIVASさんの鯰プレミアムのスプールと一緒に、黄色いスケルトンカラーのMチューンフロッグ(HS)のルアーを添えた一枚の写真で、今年はこのイベントに参加を予定してみてみます。(笑)


(あっ、もちろん、参加賞のステッカー1枚いただければもう十分ななかでの参加です。56cmサイズエントリーでもいいかな!。笑)





にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年の、平成という時代の〆を目前にして、1099と1100、こういう時はどちらを目指すべきか!(苦笑) [ナマズ関連]

図3.jpg

図1.jpg

図2.jpg


2018年のわがナマズ釣り、

今、あらためて気づいたんだけれど、なんだかんだと今シーズン115尾釣ってきて、そして、上の3つ目のグラフで表している数値、いままでのナマズ釣りでの累計キャッチ数総計の数値が、直近の12月2日の1尾を足した釣果で1,099尾

いやー、この1,099という数値が気になりはじめるとなんとも微妙な数値というか、キリの悪い数値というか、まあ、そんな状況に今このワタシのポジショニング上の位置づけがあることに気づいてしまって、、、。


あと、1尾、2018年シーズンの最終のナマズを釣ってカウントにあげて、それでやっぱり2018年の、平成という時代の〆とするか、しないか、オマエはどっちのタイプの人間なんだい?、って。(苦笑)


昨年だったら、こんな12月のこんなタイミングでのナマズ釣りなんて、もう管釣りのFFサクラマスに完全にシフトして意識は行っちゃっていたから、考えられないことなんだけれどね、今、この時、この瞬間のこの状況をまさに目の前にして、どうする?、どっちを選択するか、しないのか!?、って。



あははは、今日(12/9)の日曜日、今日は寒気が日本列島を覆ってきてけっこう寒そうで、北日本や日本海地方を中心に雪が降っているような天気の状況なんだけれどね、

ここ埼玉で、もう一度だけ、もうワンキャストのアプローチだけ、2018年シーズンの番外編ナマズ釣りに、行ってみましょうかね!。


いやー、もう、さすがに釣れないだろ、、、たぶん!?。(ナマズの神さま、いるかなぁ!。苦笑)







にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(1)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

今宵はもしかして!? [ナマズ関連]

003.JPG


先日ネットショップでホタルの大人買い。今シーズンだけを考えたらもちろんこんなにはいらないし、使わないけれど、まあ、ついついネットショップを使うとまとめて買っちゃう傾向が、、、。

まあ、これは単価も安いしね、ついでにって感じもあるし、逆にまとめて買わないと送料がもったいないといえばもったいない、っていうのもあるしね。

で、今シーズンのナマズ釣り、いよいよ年間通して累計で100尾釣って、そしてさらに自ら追加設定したあと10尾のノルマ達成(なので年間で110尾)まで、あと2尾となったので、今週末、今宵の金曜日の夜、仕事から帰ってきて少し元気が残っていたら(苦笑)、ピタホタルも手元に確保できたことだし、ナイトゲームのナマズ釣りに行ってこようかな、ってね。

でもちょっと心配なのは、なんかこの時期、ナイトゲームのナマズ釣りに行ったら、いともかんたんに30cmくらいのちびナマズであっという間に2尾かかっちゃって、それでノルマ達成、終了!!、なんて事になっちゃいそうな気がしないでもなくて、

でもでもどうせなら、今シーズン最後を飾る、っていうか、これが平成の年の、平成の時代で釣れる、最後を飾る〆のナマズであるならば、やっぱり、それなりのサイズのナマズを釣って、締めくくった方がよくないか、って、、、

そうすると、せめて60cmアップは最低でも欲しいかな、まあ、120%の出来を求めるのならば、最後の最後、平成の時代に釣った最後のナマズに70cmアップサイズの記念の1尾、なんてカタチになったら、最高!!、、、なんてね。


やれやれ、今シーズン追加ノルマ10尾の設定だけで、どうも満足できないかのようなあらたな“釣り欲”、“欲求”がまたムクムクと芽生えて来たか?!


でも、もういい加減にしなさいよ、ってね。アホだねぇ~、まったく。(あはは、笑)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(おまけ)

夜は、やっぱり、疲れて帰ってきて、ナマズ釣りには行けませんでした!。(笑)







にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

Mチューンフロッグ(HS) #59スケルトンチャート [ナマズ関連]

夜、家に帰ってきたら、ウェブショップで注文していたポッパーフロッグ#59スケルトンチャート3個が届いていて、

今日はまだ平日の木曜日、うーん、なんかかったるいなぁ~、どうしようかなぁ~、なんて一瞬思ったんだけれど、どうせやるんだったらやっぱり今この時に一気にやってしまった方がやっぱりいいか、って考えをあらためて、

エバーグリーン ポッパーフロッグ #59スケルトンチャートのフロッグ3個に向かい、疲れたからだにムチ打ち、気合を入れて、Mチューンフロッグ(HS)化にとりかかり、、、。


で、早速、ここからスタートして、

003.JPG

で、

途中の工程に関する記述はカンゼンに割愛

たくさん、たくさん、割愛して


だって疲れちゃってるから、、、


それでも何とか途中で放り投げてしまうことなく、
とりあえず最後まで3個のポッパーフロッグをフルスペック仕様の完成形、Mチューンフロッグ(HS) として、

006.JPG

002.JPG

作ることができたのでありました。


この間、約2時間弱、、、

あれ?、Mチューンフロッグ3個を作るのにこんなに時間かかったっけかなぁ?!、って思ったけれど、まあ、でもようやく完成、なんとか手元にまた強力なナマズ釣りへのマイ・ツール、メソッドを手中にすることができました。

それにしても、お気に入りのスケルトンオレンジカラーのMチューンフロッグ(HS)でないのが残念でならないけれど、まあこれで、シーズンの残りも何があってもとりあえずは安心、大丈夫!、ってね。(笑)



(でも、いっきに3個も作らなくても良かったかな!?、なんて。笑)






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エバーグリーン ポッパーフロッグ #239 スケルトンオレンジ 売り尽くし?、もうすぐ終売? [ナマズ関連]

図1.jpg


ちゃんとした情報が欲しいところではありますが、

ナマズ釣りでいつもお世話になっているエバーグリーン社さんのポッパーフロッグ #239 スケルトンオレンジ商品でありますが、

ときどき購入しているネット上のいくつかのサイトで、中古品セールとか、売り尽くしセールとかの見出しのキャッチコピーで扱われているのをよく目にするようになって、そして、ちょっとだけ安値で販売されていたりするようになっていて、

まあ、結局、安値と言っても送料はそれなりにかかるので、購入時にはそれなりの値段になってしまうのは痛いところではあるんだけれど、

その値段以上に最近ちょっと気になっているのは、前述のキャッチコピーでの扱いの意味するところのこの商品の今の位置づけ、メーカーさんでどのような位置づけになっているのか、って点。

このブログを覗いていただいたことのある方々でしたらご存知のように、このブログでナマズ釣りのことを記事にアップしているときに使用しているMチューンフロッグとは、もうほとんど100%の位置づけで、このエバーグリーン社さんのポッパーフロッグ、それも、#239 スケルトンオレンジのカラーのアイテムのみの使用で、

この商品がもし仮に、メーカーさんサイドでの事情で、明日にでも終売!、とか、もう商品供給を中止、アイテムラインナップから削除します!、なんてことにでもなったらね、

極論言ってしまうと、Mチューンフロッグそのものがもう作れなくなってしまって、ナマズ釣りも終了!、このブログもこれで終わりにします!!、なんてことにもなってしまうわけでもありまして・・・。


肝心かなめの、エバーグリーン社さん、ポッパーフロッグ #239 スケルトンオレンジ商品の販売は、商品ラインナップ上での位置づけは、どんな今後の予定でいらっしゃるのでありましょうかね。

もし可能でありましたらそこんところの情報を教えていただけましたら嬉しいなぁ~、ってね。
その情報次第では、ちょっとだけ安心できる?、もしくは、覚悟を決める?、、、さてさて、果たして、どちらでありましょうか?。



008 - コピー.JPG





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なぜに注目?、“ナマズの歯” [ナマズ関連]

図1.jpg


笑っちゃうんだけれど、

ここ最近のこのマイブログで、理由やら背景やらはゼンゼン分からないけれど、連日このキーワード検索でこのブログに訪問してくれる方々がけっこういらしゃって!

なぜ?、なにかあったの?、それなりに今“ナマズの歯”に関連することで???。なにか心あたりある方いらっしゃいましたら、教えてくださいな。(笑)


ちなみに、訪問していただいた方々はこんな過去記事、見ていただいていて、

↓↓↓

ところでナマズの歯って、すごいんじゃない?! (2014/10/21)

ナマズの歯 (2014/8/22)


なぜ?、なぜ今、注目して(って、大げさではありますが!苦笑)いらっしゃるのでありましょうか?。

マイブログ内での、極めてささやかな、些細な事柄ではありますが、前述したような連日の“(それなりの)急上昇注目キーワード”になっていましたので、つい記事にもしてみました!。(笑)



まあ、あらためてではありますが,

釣りをやられる皆さま方、それなりのサイズのでかナマズが釣れたらやっぱり“ナマズの歯”には気を付けてくださいね、

カッコつけてインスタ映えなんて言って“バス持ち”なんてやったら、ホントに流血事件ですよ!。(笑)






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

釣ってきたナマズが未消化のザリガニを吐き出して [ナマズ関連]

IMGP3005.JPG


昨晩釣ってきて家の水槽にいれて飼い始めたナマズが、未消化のザリガニを吐き出しているのを見つけてね、

以前飼っていたナマズがザリガニをエサに与えてみてもまったく食べなかった体験があったので、その時以来、ナマズはザリガニを好物としてのエサにはしないのかも?、なんて考察をもってたりもしていたんだけれど、

しっかりとエサのひとつになっているのがここであらためて確認できました。(笑)

まあ、エビの類は好物だろうからね、ザリガニ(アメリカザリガニ)もふつーに自然界ではエサにしているんだね。


今度、アメリカザリガニの小さいのタモでとってきて、あらためてまた今のナマズたちの水槽に入れてみて、あらためて追試験じゃあないけれど(苦笑)、再度自身でも確認してみようと思いました。




(おまけ)

ほんとはここからもう一歩、これを釣りにどう活かすか?、活かして行けるか?、って発想がしたいんだけれどね、

いかんせん自身の今のナマズ釣りは、どうも自然の成り行きで100%の水面TOP縛りになっちゃっているから、どうもザリガニとのつながりにはなかなか結びついて行かなくて・・・。(苦笑)

ザリガニと水面、なにか自然界での行動に、ヒントになるような自然の摂理みたいなものあるのかなぁ~?。(笑)

タイラバじゃあないけれど、ナマズラバ、作ってみたらそれなりの釣り方、ツール、スタイル、メソッドも考案できそうだけれどね、いかんせん、視認できない視野外の水中でのメソッドになっちゃうからね、いまいち“食指”が動かない、ってね。(苦笑)





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナマズのフロッグゲームはここから始まって [ナマズ関連]

1図.jpg

ワタシのこのブログで、ずーと変わることなくそのコアな部分を成しているのは、“Mチューンフロッグ”(ちょっと前は“ポッパーフロッグMチューン”、って呼称も!)であり、そしてそれを使ったナマズ釣りでありますが、

その一番最初のおおもとのきっかけとなったナマズ釣り、そしてそのとき釣れた1尾のナマズ、そしてそのナマズがもたらしてくれたこの写真に残しているところの体験、これがまさしくすべての肝心要(かなめ)の出発点、原点となっているものでありまして、

もうご存知の方々、いつもお付き合いいただいていらっしゃる方々には、“あれあれ、また言っているよ!”ですとか、“あれあれ、最近ナマズがゼンゼン釣れなくなっちゃったものだから、遠い昔の事ばかりを回想しちゃってたりしているよ、この人!”、等々ね、ひょっとしたらそんな風に思われてしまっているかも知れませんが(苦笑)、

まあ、いいんです、確かにこの当時はナマズ釣りの何もかもがすべて新鮮で、新発見の連続で、強烈なインパクトがあって、想像力も、意欲も、探究心もものすごくあって、そして、ナマズもいたるところにいて、たくさん釣れて、ホントにオモシロかったですからね。


このワタシのそんな原点の記事、もしよろしければこちらにありますので覗いて見てみてくださいな。(笑)
↓↓↓

ナマズの食性! (今晩の捕食物) 2012年7月4日


それで、

過去のことに思いを馳せてただただ感傷に浸りたいって訳でこんなことを書き始めたわけではもちろんありません!。(笑)

そんな2012年のナマズ釣りがきっかけとなって、そして今、この2018年シーズンのナマズ釣りに脈々と繋がり、繋がっているこのMチューンフロッグ(ポッパーフロッグMチューン)、

いろいろの試行錯誤のなかで、一応、その心臓部の作り、そして、現状で必要とし、かつ必要最低限に求めるスペックは、とりあえずはこの仕組みの中に具現化できてはいるカタチでありますが、

①IMGP0554.JPG


でね、なにが言いたいのかといいますと、“次”なんですね。

2012年7月4日の体験を起点として、Mチューンフロッグとともにいろいろと試行錯誤してきて、そして今に繋げ、今に繋げてこれて、そして、今このようなひとつのカタチにできて、それなりにナマズ釣りを楽しめてこれて、で、次なんです、今、ホントにやりたいこと、求めたいことは次をどうするのか?!、ってこと。(笑)


何かに着眼し、何かを見出し、方向性を見つけ、そして、6年前のナマズ釣りに始まったように、試行錯誤の連続ながら創造性ある日々の時間をまたつくっていきたくて、

たとえば3年先?、いえいえ、3年も待ってられないから、やっぱり来年ぐらいのシーズンがひとつの目標かな、このナマズ釣りを、どんなカタチで楽しめる釣りのスタイルにしていけるのか、価値観にしていけるのか、個人的にもちょっと真剣に今また考えていってみようかなってね、思ったのでありました。(笑)






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

TULALA Lite Wire 70とMチューンフロッグ [ナマズ関連]

図1.jpg


今日の午後、近所の釣具屋さん(キャス〇ィング 岩〇インターチェンジ店さん)へ行ってきて、2代目となるTULALA Lite Wire 70のロッドを買ってきました。

先にブログに先行記事をアップした時に、すぐにネットで購入しようと思ったんだけれど、

今回はいろいろな釣り具メーカーさんから新作のナマズロッドがそれなりに出されていたから、一応手に取り、一本一本感じを見てみて、もしかしたらTULALAよりも自身にしっくりくるようなナマズ用途のロッドが見つかれば買ってもいいかなと思って、リアル店舗にあえて足を運んできたんだけれど、

結果として、やっぱりTULALAのロッドを購入する結論となりました。


自身の水面TOPをメインフィールドとしたなかでの“Mチューンフロッグでのナマズ釣りのスタイル”には、いまのところ、総合的な評価で、このロッドとの組み合わせがベストのマッチングでありました。


さてさて、そういうことで、、、

とりあえず、まずは1尾のナマズを釣らないと、ますますいけなくなっちゃったかな!。(笑)
(でも、朝も夜も暑くって!。笑)






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

異常?、非常?、非情?、悲哀?、事態宣言! 2018年シーズンのワタシのナマズ釣り [ナマズ関連]

もうゼンゼン釣れません!

図3.jpg

バイトがあってもフッキングしません!、フッキングできません!

図2.jpg

まだ7月のナマズ、1尾も釣れてません!、釣れる気すらしません!

図4.jpg

今までに、そこそこは釣ってきているのに、、、釣ってきているはずなのに、、、

それも今までの累計釣果の99.998%は今も現役バリバリ(のはず)のMチューンフロッグの水面TOPオンリーの釣果なのに、、、


それなのに、

2018年の今シーズンはとにかく低調傾向で、そして先月6月はついにひとけた台の7尾の釣果となって、そして極めつけはこの7月にとうとうまったく釣れなくなってしまいました!!。


ナマズ釣りをスケルトンオレンジのMチューンフロッグとともに、飽きもせず、浮気もせず、ただただ一途に続けてきて、ともに試行錯誤して歩んできて、

それなのに、ああ、それなのに、

こんな低調、こんな低空飛行のままの、まるで羽ばたくことを忘れてしまった蜉蝣のように、せつなく、はかなく、やるせない状態に陥っちゃって、、、


やれやれ、

今年の夏休みからは、さんさんとひかり輝く夏の日射しのもと、波穏やかな海のタイドプールに遊ぶハゼ釣りにでも転向しようかしらん。

エサは、ゴカイでいいかな。(なーんてね。笑)






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(1)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

Mチューンフロッグでの釣果アップのために [ナマズ関連]

IMGP2981.JPG



ちょっと最近(前回の記事にもアップしたけれど)、Mチューンフロッグでのナマズ釣りで、あまりにものナマズのバイトに対して合わせを入れた時のフッキング率が極度に悪化しきってしまっている状況があり、

今までも、たしかにフッキングミスもそれなりにはあったけれど、釣れるときはフツーに合わせを入れればちゃんとフッキングして問題なく釣れてきてはいたんだけれど、でもなぜかここに来て、そのフッキング率が想定以上に悪化してきてしまって、1尾、1尾の貴重なナマズのバイトに対して全然対応できなくなっちゃっていて、

なぜこのタイミングで一気に集中しちゃっているのかはよく分からないけれど、なんとなく原因というか要因は目途がつくんだけれどね、


たとえばMチューンフロッグの釣りでいちばん肝心の3本のシングルフック(※注)、この針先のチェックは、これはすごく念入りにチェックしていて、少しでも針先が甘くなったりしたらすぐに新品にその場で替えちゃうくらい神経をつぎ込んであたっているんだけれど、

その針先をもってしても、バイトに対しての合わせが決まらない状況なので、これはもう、やっぱりロッドに原因があるのかなぁ~、ってね。


今ナマズ釣りで使っているロッドは、RAWDEALER R607RR THE TRICKSTERで、実はこのロッドは、その前にいちばんのお気に入りで愛用していたTULALA Lite Wire 70の穂先が折れちゃってからのピンチヒッターで使っているロッド。

70cmオーバーのライギョだってごぼう抜きできるほどの強靭なバットはお気に入りではあるんだけれど、それ故のちょっとティップの調子も硬く、気にはなっていたんだけれど、それで、水面TOPを主戦場にMチューンフロッグでのナマズ釣りをやっていると、月並みな表現だけれど、あわせを入れた瞬間、弾いてしまう感触、感覚がやっぱりあって、その微妙な感じがフッキングの面で影響をもたらしているような感じがたえずあってね、

もう少しソフト感覚の、合わせを入れた時の一瞬の溜めが効くというか、あたりを弾かないティップ部位の感じが欲しいところでね、


ということで、

ここまで今のロッドでのフッキング率の極めての悪化を目の当たりにしてしまうとね、もう、決心をしましてね、また再び、ツララのロッド、おなじTULALA Lite Wire 70のロッドをナマズ釣り用に新調して買うことに決めました。


今からネットで購入すれば今週末までには届くだろうからね、それで再びナマズ釣りへのフッキング面の実地検証です。


さてさて、結果やいかに、乞うご期待!、なんてね。(笑)




(※注) Mチューンフロッグにおけるこの“シングルフック”の位置づけ、考え方のうえでの位置づけにつきましては、過去記事にたしか残してきていますので、もし気になる方いらっしゃいましたら、一度検索してみてください。(笑)





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ここにもいるよ、半端ない鯰人さん!(笑) [ナマズ関連]

このワタシ、今シーズンの釣果で70オーバーの奴と言ったら、近所の水路で、

78.5cm(2018/5/4)
IMGP2850 A.JPG
(あれ?、今さらだけれど、もう少しまっすぐにしてメジャーで計測していれば、80cmに届いてた?、なんて!。苦笑)

77.8cm(2018/6/30)
IMGP2968.JPG

こんな外道のライギョしか釣れなくなっちゃってて、、、

本命のでかナマズとんと、ご無沙汰状態でありまして、、、。

この世に生きている中で、“ご無沙汰状態”というのはあまりヨロシクないですよね、ホント。(笑)


あれあれ、そんな自身の“ご無沙汰状態”のことをここに書き始めたのではありません、そんなことではなくて、、、ここで今シーズン飛ばしに飛ばしている感じのナマズの釣り人(鯰人さん)をあらためてクローズアップ!

そのお方とは、

ダムとナマズが好きin群馬ダムマニアさん


今回も70オーバーのでかナマズ釣ったようでありまして!!。


あれ?、確かシーズン初めにも1本70オーバー釣っていたよね、それじゃあ、今シーズン2本目の70オーバーですよね、やっぱ、スゴイや!、超半端ない鯰人さん、ダムマニアさん!!。(笑)


自分も今シーズンくらいには、70オーバーのマナマズ1本、そろそろ釣りたいなぁ!。






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

Mチューンフロッグのコロラドブレードの仕様変更へ [ナマズ関連]

5図.jpg


そうそう、最近、Mチューンフロッグのフロント部位に装着している金ぴかのコロラドブレード、今まで♯3.5のサイズを標準にずーと使い続けてきていたんだけれど、ここでひとつ番手を下げて、#3.0を標準仕様としましたので、ちょっとしたご報告です。

感覚的な部分ではあるんだけれど、以前と違ってきて最近顕著にスレッカラシのナマズも多くなったような状況があるからね、ナマズのバイトを誘引するうえで、そこに少しでも違和感を与えるようなマイナス要素の軽減を、との狙いでね。

#3.0サイズのコロラドブレード、これはこれで全体バランスの点でも問題ないし、さらにわずかではあるけれど軽量化も図れたのでね、イイ感じではありますね!。(笑)







にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

Mチューンフロッグ BBF ver. (ビッグバイトフロッグバージョン) [ナマズ関連]

005.JPG

今、ナマズ釣りの時にマイタックルバッグのなかに入れて持っていくルアーと言えば、いつもこのプラケース一個分のMチューンフロッグだけなんだけれど、

以前こんな感じの写真のワンカットをブログに載せたことがあって、その時以来、ときどき、この写真で言えば向かって一番右側に入れているフロッグについて、これは何?、なんていうのもときどきいただいたりもしていて、、、

なので、あらためて、お披露目しますね!。(笑)

これは、エバーグリーンさんのいつも愛用させていただいているポッパーフロッグとはちがうフロッグで、ひとまわり大きいサイズの「ビッグバイトフロッグ」をMチューン化を施して愛用させていただいているもの。

006.JPG

いつものポッパーフロッグと並べるとこんな感じなんだけれど、

004.JPG

009.JPG

010.JPG

自分でもこのバージョンも加えているのは、ひとまわり大きなサイズ(ひとまわり大きなシルエット)に期待しての、狙いはずばり、デカナマズを獲るための最終秘密兵器!、って感じで作って、いつも持ち歩いているものなんですね。

でも、実際は、何年前だったかなぁ~、4年?、もしくは5年くらい前かな?、一度だけ実際にフィールドで使ってみて、たしか1尾の中くらいのサイズのナマズを釣って、でも、使ってみたのはそれだけ、ってね。(苦笑)

まあ、そのあとはほとんど今のMチューンフロッグ ポッパーフロッグver.がメインになっちゃって!、って言うのがあるんだけれど、でも、いつもこうしてルアーケースの中には鎮座していて、いつも持ち歩いている、唯一のもうひとつのバージョンのフロッグルアーというものでね、

実は今、今シーズンもう一度使ってみる機会を設けて、いろいろと実践投入してみようかな、なんてね、思っていたりもしているんですよ。(笑)


それにしても、何年前だったかなぁ~、これを使ってみたの!?。(苦笑)






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やれやれ、静岡のナマズパラダイスがまたひとつ無くなった理由がわかったよ・・・ [ナマズ関連]

手術後の療養もあって少しお休みをもらっているため、めったに購入したりしないナマズ関連の本だけど、そのなかで最近ちょくちょく目にしていた最新本の「ルアーマガジン 鯰王Vol.2 2018」を今回アマゾンネットで購入して、そしてパラパラと中身を覗き見ていたんだけれど、

その中の、P.83~P.87に、この会社さんの、

図1.jpg

記事とともにこんな写真を、“静岡県の水路・小規模河川でアッコちゃんが実釣”って見出しなんかも引用しながら載せていて、

009.JPG

010.JPG


あれあれ?、なんか見たことある背景だなぁ、ってね、


もう、今までにこのブログにも静岡に帰省するたびに、生まれ育った実家近所のこの水路に足を運んでは、帰省中のつかの間、ほんとに無垢のというか、本流から遡上してきてけっこうな生息密度で釣り場を形成していて、それはそれは楽しいスポット、ナマズ釣りの密かな楽しみポイントだったんだけれど、

昨年くらいからかな、今までホントに無垢なナマズたちがたくさんいたところだったのに、だんだんとナマズ狙いの釣り人の痕跡が、年に2回とかたまに行った時でもふつーに見られるようになり、ナマズもスレてきているのが分かるようになってきていて、

そして、決定的にそれを痛感したのは、今年のGWの後半に一泊二日で帰省した際に、久しぶりに行ってみたところ、

見えナマズはそこかしこに認められるんだけれど、その見えナマズがとことん、ほんとにとことん、キャストしたMチューンフロッグに瞬時に逃げ惑う姿ばかりの光景が、水路の下流域から上流域まで、ほんとにずーっと続くという、この水路で初めての経験を目の当たりにして、一体全体、ここは今、どういうような状況にふだんなっちゃっているんだ?、ってね、摩訶不思議な状況を痛感したんだけれど、

まあ、そのひとつが、このナマズ本に引用されているこの会社さんのこのような記事の写真掲載、そして、その背景にあるであろうさまざまなカタチでの日常での情報の無配慮、確信的拡散・利用もあるのかな、ってね、、、。


まあね、しょうがないけれどね。


でも、ナマズ釣り具メーカーの人とか、出版会社関係の人たち、ほんと、いつまでたっても懲りないね。

なんで、ピンポイントの情報を、ほんとにここは狭い流域ポイントなのにね、いとも簡単にオープンにしてさらしてしまう扱いをするのかね。ましてや、この会社さん、地元に所在する会社じゃない。地元にもこの水路で前々からナマズ釣りを自然なカタチで楽しんで、大事にしている釣り人がいるって、どうして思えないのでしょうかね・・・。


まあ、しょうがないけれどね、もうね。





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(1)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感
前の20件 | - ナマズ関連 ブログトップ