So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ナマズの飼育 ブログトップ
前の20件 | -

よっぽどこのペレットが美味いらしいうちのナマズたち(ちょっとマニアックな生活へ傾倒し過ぎか?!) [ナマズの飼育]

①.JPG

③.JPG

④.JPG

⑤.JPG

⑥.JPG

⑦.JPG

⑨.JPG

⑩.JPG
(相変わらずの動画なしのブログですみません。苦笑)


血色(!)もよく、ただいますっかり落ち着いてわが家での飼育日数を無事に積み重ねている2尾のナマズくんたち

最初の頃は50cm弱サイズの成魚で釣り上げて来たばかりであったので、人工の固形エサを食べなかったり、それと体力の回復なんかをそれなりに考えてやって、生餌の金魚やらドジョウなんかを与えていたりしてたけれど、

最近ではすっかりこのペレットが気に入って大好物になってくれたのか、金魚にはまったくわき目もふらなく、関心がなくなったみたいなようでありまして。


まあ、本来のきわめて獰猛で、アグレッシブで、なんでも食べてしまう大食漢さをよく知るところのマナマズだから、このまま金魚くんたち3尾がずーっとここで生き長らえるかどうかはこればかりはワタシにも分かりませんが、、、。


日中はいつもは塩ビのパイプに頭を突っ込んで、2尾のナマズくんたち、ずーと仲よく入っていて、たとえば大型魚でいえばピラルクーとかアロワナみたいに、その泳ぐ姿を楽しむみたいな感じの飼育魚たちとは違って、とてもとても“観賞魚”にはならないけれど。(夜は違いますけれどね、でも真っ暗だし!。苦笑)

でもいいんです、マナマズそのものが身近にいる環境が整えられて、それがあって、そして、これからその成長と、生態観察と、そしていつかはこの飼育下での繁殖、採卵、子ナマズの誕生にまで繋げられていければ、という目標も持てているのでね。


それにしても、90cmサイズの水槽でいつまで飼いつづけられるか、やっぱりそっちが少し心配になって来たかな、アハハ。

まあ、先にも書いたけれど、いざとなったら家の庭に穴を掘って池を作って、そっちで飼育する将来設計、指針はあるから、まあ大丈夫、かな?!。(笑)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(おまけ)

DIYで自宅の庭に、上記のようなニーズを満たしてナマズが飼えるような池をつくれるなにかキットとか、提供会社やら、関連商品とか、どこかにあったり、売り出してたり、ってあるのかな?。

まあ、探せばいろいろありそうだね。






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あれ?、仲よく一緒に入ってる!(笑) [ナマズの飼育]

2020.JPG



昨日気が付いた。

水槽の中に入れてある塩ビの管に、オス・メスのナマズがいっしょに入っているじゃん、って!。


今までどちらかというとメスのナマズの方が力関係でも優位で、よくオスのナマズを威嚇したり、噛みついて蹴散らしたりしていて、この塩ビの管も100%メスの方が独占していてオスのナマズなんて、近づこうともしていなかったのに、

どういう状況の変化がこの2尾のナマズの間にあったのやら?。(笑)


まあ、人の目(め)的には、いちおう仲たがいの時期は無事に終えて、一歩、関係性が進んで仲良くなったってこと、なのかな!?。(笑)


まあ、なにはともあれ、オス・メス、50cmくらいのナマズくんたち2尾の家の水槽での飼育は、今のところ順調そうでありますね。






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エサはどちらもOK!、そして、どうせならサイドビジネスプランへも?!(笑) [ナマズの飼育]

003.JPG



いままで自然の環境下で生き餌を食べていたマナマズたちも、一度、飼育下で、ペレットのエサを口にし、慣れてくれれば、もうあとはバクバクと抜群の食いつきを見せてくれるようになり、

そのペレットも、沈下性、浮上性、どちらのタイプでもOKであり、銘柄もまずはこの2タイプどちらでも大丈夫となりました。


いま、この2尾のマナマズ、(たぶん、オスとメスの2尾)

001.JPG


飼い始めの体長は約49cmくらいでスタートしたんだけれど、

このふたつのペレットのエサを毎日おなかいっぱいに食べるようになって、おなかパンパン!、こりゃあ相当に成長速度も加速しちゃうかな!?

まあ、水槽自体が90cmサイズだからね、どれくらいの大きさまで成長できるかまだ分からないけれどね、今回は可能であればずーと飼い続けようと思っていてね、

ひょっとしたらその内、家の中での水槽での飼育も難しくなってきたら、その時は庭にナマズ池を作って、それこそ70cmアップサイズのマナマズになるまで!、なってからも!!、飼い続けることになっているかもね!。(笑)

そして、いずれ目指すはマナマズの繁殖へ、登録ブランド名もつけて、日本産高付加価値マナマズのサイドビジネスとしての養殖、直販事業展開のスタートかな!。(いろいろな事業モデル、商品化展開の可能性もありそうだね!。なんてネ。笑)



(おまけ)

サイドビジネスへの展開も魅力だけれど、まずは繁殖に成功したら、とりあえずは近所の小川に放流して、ナマズパラダイスのマイ・フィッシングポイントを密かにつくろうかな!。(笑)





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マナマズへのエサへ オクト ゼニス プロ シリーズ CATFISH [ナマズの飼育]

001.JPG


ナマズのエサ 沈下性 大粒 底棲肉食魚専用フード


家の水槽で飼い始めて、だいたい2週間くらいかな、

2尾のナマズを飼い始めて、ようやく、そのうちの1尾のナマズ、こちらのナマズが、このドライペレットをバクバクと食べてくれるようになりました。

003.JPG

家で飼う上で、このようなペレットをフツーに食べてくれるようになればもう安心、

いつも釣れてくるナマズたちを見ていれば分かるようにおなかパンパンになるほどにエサを食べている大食漢のマナマズたちだからね、

家の水槽で飼う上でも、できればおなかいっぱいにエサを食べられる状態を維持させてあげたいからね。


ただ、もう一尾のこちらのナマズくん、

002.JPG

まだ、ペレットを1粒も口に含んではいないんだよね。

もう一尾が目の前でバクバクとペレットを貪り食っているのを五感で感じているのは確かだと思うんだけれどね、でも、理由は分からないけれども、まだペレットを食べようともしない。

おなかもぺったんこ、ひょろひょろ体型になってきちゃって、ちょっと心配だけれど、まあそれなりに腹がへればそのうち食べてくれるとは思うので、もう暫く様子見かな。


まあ、とりあえずはね、一尾が食べ始めてくれたので、やれやれとの感じにはなりました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(追記)

ペレットをなかなか食べてくれなかったもう一尾の方も、一日遅れて、今日、バクバクと貪り食うようになってくれました。

これでもう、大丈夫!。(笑)






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今またナマズを飼いはじめて [ナマズの飼育]

IMGP2942.JPG

IMGP2943.JPG

IMGP2944.JPG


90cmサイズの水槽を設置して、今また、ふたたび家で飼いはじめたマナマズ、雄雌2尾(たぶん)のマナマズ、初のお披露目です。

体長はともに約49cmほど、1尾はひげが一本無い個体(たぶんこちらが雄?)でしたが、そのまま飼いはじめています。

ほんとはもう少し小型サイズのマナマズを釣ってきて飼い始めたかったんですけれどね、結局、Mチューンフロッグで釣ってきていた今シーズンのなかではこれが最小サイズの2尾、

まあ、しょうがなかったけれど、これ以上小さいのが釣れなかったので、とりあえずこの2尾でスタートです。


まだ、ペレットのエサは食べてくれません。

このペレットを食べてくれないようだと、飼育はたぶん続かないと思うので、その時の見極めとなった時にはこの2尾はふたたびもと居た水路に放してやって、またあらたに子ナマズを釣りに行かなければなりません。


水槽で飼い始めるには、25cm~30cmサイズくらいの子ナマズくらいからが理想かな。前述のペレットエサへの順応性もある程度は容易と思えるからね。

でも、たぶん、Mチューンフロッグでは大きな奴から喰らいついてくる傾向がどうもありそうで(苦笑)、こんなときはナマズ釣りも極度にハイレベルの釣りになってしまいますです、ハイ。(笑)


とりあえず、今また家で飼いはじめた2尾のマナマズの紹介にて、何かおもしろい生態とか見つけましたら、またこうしてときどき話題にしようかなと思います。






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

水面に浮かぶトノサマガエルの画像、参考データに [ナマズの飼育]

IMGP2937.JPG

いちおう、フライマンでもあるので、
フライでトノサマガエルを釣るのはそれはいとも簡単でありまして、、、。(笑)


今、家で飼いはじめた50cm弱ほどサイズのマナマズ2尾への栄養満点、大好物のエサとして与えてやろうと、今朝がた、田んぼわきの水路の一角にトノサマガエルがいつもまとまっているところがあるので、そこに車で乗り入れて、

荷台に積んでいるフライボックスから#16サイズのフライを取り出し、3mくらいの振りだし竿に1.5mほどの1号ラインを付けてその先っぽにフライを結びつけた簡易仕掛けを作って、

ワンアプローチでワンフロッグ、パクッ、パクッと喰いつかせ、2投で2匹の10cmくらいのトノサマガエルをそっこうでゲットして、ナマズのエサを調達してきてね。

すぐさま家に戻り、さっそく、こんな感じで、90cmサイズの水槽に放ち、マナマズに与えてみたんだけれど、、、

IMGP2939.JPG

IMGP2941.JPG

以前ほんの短期間、飼っていたときの60cmアップサイズのマナマズの時には、あっという間に食べちゃった10cmくらいのサイズのカエルだったんだけれど、今いる50cm弱サイズのマナマズくんたちにはちょっと大きすぎたのか、食べなくて、そのままで、結局エサにはならなかったようでありました。

せっかくモリモリと元気になってもらいたいと思ってトノサマガエルを調達してきたんだけれどね、まあ、しょうがないですね。(苦笑)



ということなんですけれど、

この水面に浮かんだ時のトノサマガエルの水面下からのアングルで見た時の画像は、まあ今後、なんらかの参考データとして、見る人によっては(ワタクシも含めて!)いろいろな観点からの抽出素材、発想・着眼要素、確認データ等にね、使えそう(活用できそう)なのでね、このままこんな感じで貼り付けておこうと思います。(笑)





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

60アップサイズのナマズのエサは、今週末も10cmサイズのカエル。 [ナマズの飼育]

IMGP1887.JPG

IMGP1891.JPG



今、わが家の玄関先でこんな水槽に入れて飼っている60cmアップサイズのナマズ、マナマズくん。

ホントは熱帯魚ショップで90cmサイズ以上のちゃんとした大きさの水槽買ってきて、もう少し広くてマシな環境で飼ってやりたいところなんだけれど、諸事情あってそれが叶わず、仕方なく今はこんな環境で飼っているんだけれど、

まあ、そんな理由もあり、時間のとれる週末は近所の田んぼまわりの水路に出かけ、10cmくらいのトノサマガエルをつかまえてきて、そのカエルをエサに与えてやったりもしているんだけれど、

今日も最大サイズ10cmくらいのトノサマガエル1匹に、8cm、6cm、そして5cmサイズの計4匹のカエルを釣ってつかまえられたので、家にもって帰ってきて、さっそく水槽の中に放り入れてみたら、、、

やっぱり、ナマズって、カエルが大好物だわ!、って、

まず、一番大きい10cmサイズのトノサマガエルがあっという間にナマズの腹の中に吸い込まれ、残りのカエルたちも、続けざまに喰われ、、、

60cmアップサイズのナマズともなると、これくらいのトノサマガエル4匹くらいのエサなんて、あっという間にペロリでまだまだゼンゼン足りないくらいみたい!。

先週に引き続き、このナマズくんにはこれで計6匹のトノサマガエルを喰わしてやったことになるんだけれどね、

もう一度書くけど、

やっぱり、ナマズって、カエルがめちゃ大好物だわ!!!、って。(笑)


フロッグのルアーで釣れるわけだよね、ホントにさ。あらためて実感だね。(笑)






にほんブログ村

にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

死んだ魚も食べる日本のマナマズ [ナマズの飼育]

IMGP9244.JPG

今、家で飼育している子ナマズなんだけれど、生餌もしくはペレットだけではなくて、ためしに与えてみた死んでしまったキンギョもエサとして食べるんだよね

実際死んだキンギョを捕食するシーンを直に見たことはないんだけれど、入れておいたキンギョがいつの間にか無くなっているから、食べているってわかるんだよね

他のナマズ、たとえばアメリカナマズとかなんかを釣りの対象魚にして楽しまれている諸先輩方もいる中で、その時のエサには魚の切り身とかを使って釣ったっていうはなしを目にさせてもらってたりしてて、たしかに大食漢のナマズの種であれば何でもエサに喰っちゃうんだろうなぁ~、って思っていたんだけれどね、

でも、根拠はなかったんだけれど、なぜか“マナマズ=死んだ魚もエサにする”という構図は自身の意識の中にはなかなか結びつくモノがなくって、考えもしたことなかったんだけれどね、

でも、実際に今家の水槽で飼っているわが家の子ナマズくんが実際に死んだキンギョも食べちゃっている事実を目の当たりにするとね、ああ、日本のマナマズもフツーに死んだ魚(肉)も食べちゃうんだなぁ~、ってね。

ということは、昔からマナマズをエサで釣るときには、あのあまりにも有名な生きたカエルをエサにしたポカン釣りや、あとは良く釣りの本やネットでも情報得られるミミズのえさや、生きた小魚のエサなんかでナマズを釣る釣り方を知ることができるんだけれどね、でも、冒頭のアメリカナマズのエサ釣りと同じ死んだ魚の肉(切り身)でも、マナマズ、釣れちゃうのかなぁ?!。

さてさて、どうなんでありましょうか???。

まあ、ワタシは魚の切り身(もしくは内臓肉)をエサにマナマズを釣ってみようとは思いもしないですけれど。(笑)



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

水槽の水替えついでに、夏の手乗りナマズ!(笑) [ナマズの飼育]

IMGP9166.JPG

IMGP9167.JPG

IMGP9168.JPG

IMGP9171.JPG

IMGP9172.JPG

IMGP9174.JPG

IMGP9175.JPG

IMGP9177.JPG

やれやれ、人間につき合うのも大変だよ、やっと落ち着けるわ・・・

と、子ナマズくんが言ったかどうかはわかりませんが!。(笑)



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マナマズの飼育記、新顔お披露目! [ナマズの飼育]

家飼いのマナマズ、

1尾目のナマズはけっこう大きくなりすぎちゃって来たんで元居た川に戻してあげて、そうして今はこの5月のGW中に釣れた39cmサイズのマナマズをお持ち帰りして、2尾目(2代目!)子ナマズとしての家飼いをまた始め、そうして今夜、初めてフリーズドライの天然飼料のエビエサ(「ヒカリFDビタミン 淡水エビ」)と、もう一種のエサ(「ひかりクレスト ビッグカーニバル 大型肉食魚用」)をパクパクと食べてくれて・・・

でね、もう、このマナマズくんも家飼い、大丈夫かな、ってね!。(笑)

では、その子ナマズくん、Today'sナマズ!の当ブログでの画像初公開です!!(笑)

IMGP8878.JPG

IMGP8883.JPG

IMGP8884.JPG

天然のマナマズの家の水槽での飼い方も、だいぶフツーに慣れてきたかな!。(笑)




にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

水槽のナマズの棲み家、間取りを広げて新設! [ナマズの飼育]

日付は変わって、今日はもう3月1日。2月の冬ナマズを追っかけてて、結果を残せぬまま(まだ、言ってるよ!苦笑)、あっという間に2月が終わり、またひと月経過して3月になっちゃった、って感覚なんだけれど、

3月になってもこのアタマの中はナマズのことばかり・・・、って、まあ、そういう事ばかりではたぶん無いとは思うけれど(笑)、それでも昨日の出来事の中で、今、もうひとつナマズの話題があったので記事にアップして。

いま家で飼っている水槽の中のナマズくんの棲み家のことなんだけれどね、

IMGP8411.JPG

上の写真の塩ビの管、下の細い方が今まで水槽の中に入れていた、ナマズの隠れ場所にとして設置していた方なんだけれど、昨日ひょんなことで写真上の方のぶっとい塩ビの管が手に入ってね、

IMGP8412.JPG

口径をみるとこんな感じでかなり間口も広く確保できるサイズでね、さっそく、水槽の中に入れて棲み家を取り替えてやったら、すぐに新しい方の塩ビの管にスルッと入ってきて、

IMGP8414.JPG

写真アップするとこんな顔!

IMGP8416.JPG

なんとも、広々とした間口のあたらしい棲み家にご満悦な感じのわが家のマナマズくん!(笑)  (それにしても相変わらずのおなかPANPAN!!笑)

IMGP8428.JPG

ちなみに、尻尾の方は、棲み家からはみ出ていても構わないみたいではありますが!。(笑)

・・・・・、2月のナマズは結局ゲットできず、釣れなかったけれど、まあ、家に帰ればこのマナマズくんがいるから、まあ、いいか!、なんてね、まだ昨日までのこと言っているよ、このひとは!。(苦笑)

(神様、仏様、3月のナマズは次の釣行の時にはサクッと1尾、春ナマズでイイから釣らせてくださいよ、頼みますよ、ホントーにね。。笑)




にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

家でナマズを飼っている人! [ナマズの飼育]

IMGP8359.JPG

Today’sナマズ!の当ブログのね、「検索ワード」によく残っている言葉のひとつのジャンルに、

  • 飼育ナマズ
  • ナマズの飼育
  • ナマズの飼い方
  • ナマズを飼う
  • 日本ナマズの飼い方
  • 釣ったナマズの飼育
  • 飼育食費いくら
  • ナマズえさやり
  • ナマズ飼育ブログ
  • 大型ナマズの飼い方
  • ナマズの飼い方冬場
  • ニホンナマズの飼育
  • ナマズ飼育の魅力
  • ペレットに慣れさせる
  • 釣ったナマズを飼う
  • 冬場のなまずの飼育方法

等々、毎日のように、日本のナマズ、マナマズを対象にした飼育に関して検索ワードでこのブログを覗きに来てくれている人たちが結構いてね、

  • なまずを飼っている人

なんかの検索ワードを目にしたときなんか、そうだ!、自分もその内の一人なんだなぁ~、なんてあらためて思っておもしろかったりして!

上の写真(↑↑)は今日のさきほど、今家で飼育中のナマズくんが夕方になり泳ぎだしていたのでパチリと写真に撮ったものなんだけれどね、順調に、そして病気にもかからず元気に毎日いてね!

でも、ちょっとエサ(「ひかりクレスト ビッグカーニバル 大型肉食魚用」)やりすぎ?!(笑)、腹パンパン、けっこうふくらんじゃっているし!

まあ、でもナマズ釣りをフツーにやっている人たちだったら、こんな姿見たくらいじゃあちっとも驚かないよね!、釣ったナマズの腹パン姿なんて、すごいやつはこんなモンじゃあないものね!

なかには20cmくらいの鮒や鯉なんかや、おなじくらいのウシガエル丸ごと食っているんじゃあないかと思えるようなやつも釣れてきたりするしね、ホントは何が腹の中におさまっているのか実際のところは吐き出さない限り分からないけれどね(でも、知らない方がイイかもね!笑)。

そうそう、最近残ってた「検索ワード」のなかにこんなものもあったっけ! ↓↓↓

  • ナマズ釣り好きな人

でへ!、おもわず、ニンマリ!(笑)

そうでした、このワタシもそういえば“ナマズ釣り好きな人”のなかのひとりだったんだなぁ~、ってね。だからこの検索ワードで訪ねてきてくれた人がいたんだものね。

なんか、これはこれでちょっと嬉しかったりして!。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.

今の時刻は19:11。ここ埼玉ではあいかわらず外は冷たい強風が吹き荒れていて、結局日曜日の今日、夜になったら本流の川にナマズ釣りに行こうと思っていたんだけれどね、ちょっとムリかな、今晩はね。2月のナマズ釣りチャレンジはまた来週末までおあずけだね。



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

飼育ナマズのかっこいいポーズ その1 [ナマズの飼育]

IMGP7823.JPG

水面のエサへの捕食時によく見せるこんなポーズ

かっこいいよね!(笑)

さてさて、タイトルにした“飼育ナマズのかっこいいポーズ”、いろいろ写真に撮れたら順次アップしていってみようかな!。





にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬も、元気な、わが家のナマズ! [ナマズの飼育]

IMGP8067.JPG

IMGP8070.JPG

IMGP8075.JPG

IMGP8077.JPG

IMGP8080.JPG

家で飼いはじめて、あれ?、何か月くらい経つのかな?、って思って、過去のブログで確認してみたら、ちょうど今月で14か月目くらいかな!

毎日エサはバクバク食べるし、動きはどんどん迫力を増してくるし、さすがは惚れ込んだだけはある日本のナマズ、マナマズくん!

けっこう大きくなってきたけれどね、もう少し一緒にいようかね!!。(笑)




にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬のナマズの飼育水温 [ナマズの飼育]

この冬はナマズの飼育水温を人工的にはいじらなくして、自然のままに任せて様子をみてみようとしていたのだけれど、先月11月17日頃になって、玄関に置いている水槽内の水温が16.6℃くらいになってきたところで、ナマズが元気でなくなってきたというか、エサも食べなくなってきて水槽の底の方にジッとしているようになってきたので、この時点で自然に任せることはやめにして、このような感じでサーモスタット付きヒーターをセットしてあげることにして。 ↓↓↓

IMGP7679.JPG

まあ、そもそもね、ナマズを家で飼おうとしたのはいろいろなナマズの生態、行動等をまじかに接して観察したいという目的もあってのことだったしね、冬になるのに任せて水温の低下とともにじっと動かなくなっちゃったら、まあ、それはそれでありのままのナマズの生態観察にはなっていいのかも知れないけれどね、でもな~んか、つまんないし、やっぱり“観賞”したいからね、なので、少しだけ水温を上げてやることにしました。

IMGP7688.JPG

水槽内で温泉が湧いてるような状態だね、これはね!

そして今の水槽内の水温はどうなっているかというと、とりあえず19.4℃の安定水温に。

IMGP7825.JPG

そうしたら、家で飼っているナマズくん、

IMGP7818.JPG

IMGP7823.JPG

って感じでね、よく泳ぐし、エサもちゃんとバフバフッボフボフッジュボジュボって食べるし、ときどき、PANPANPAPANN!(ウソついちゃったことのお詫び:パンパンパンは固形のエサではめったに聞かれませんです、ハイ、ごめんなさい!苦笑)、、、、とにかく元気に泳ぎ回っていますです!。(笑)

あとはね、前の記事にも書いたけれど、もう少し大型の水槽、欲しいしね、あとは繁殖させたいからもう1尾をね、釣ってこようと思っていたけどすっかり忘れてて、もう12月になっちゃった!(笑)

でも、もう1尾って言っても、今飼っているこいつは雄雌どっちなんだろう!!!?(笑)、なんかどこかの本でナマズの雌雄の区別はしっぽのカタチで見分けられるって書いてあるのを見たことがあったけれど、そうなんだろうかね?、今家にいるナマズの尻尾のカタチをよく見てみると凹んでいるカタチの方かな?

まあ、お見合い相手は来年の春になったら連れてきてあげようかな、ってね!。(笑)

それにしても、家で飼っているナマズは16.6℃の水温で急に動きが鈍くなっちゃった感じなんだけれど、自然の河川に生息しているナマズたちの生態はいったいどうなんだろうと、またまたイマイチよく分からない領域がでてきちゃったね。だって、以前、たしか厳冬期の1月に川で釣れたナマズがいたけれど、その時測った川の水温がたしか7℃だったからね、それでも水面TOPのポッパーフロッグMチューンで釣れてきたんだから、いったいどういうこと?、ってね!。

まあ、ナマズと水温との関係は、こんなレベルなのでまだまだよく分かりませんですね、ハイ。(笑)



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナマズの飼育水槽 大型サイズの候補ふたつ・・・ [ナマズの飼育]

今、家で飼っているマナマズが45cmサイズに成長していて、そして今、そのナマズが入っている水槽が幅75cmサイズのもので、

IMGP7502.JPG

とりあえず、今のところは水槽の大きさ的にはナマズの飼育も大丈夫そうなんだけれど、でも、これから先のことも少しだけ考えて、今のうちからさらに大きめな水槽の“物件”探しを始め、それで、昨日(11/3)、近所のホームセンターのペットショップ館へ行った際に店内で見つけたのがこのふたつの水槽。

ひとつはこちらで、90cmサイズのセットもの水槽で、値段は税込19,800円 ↓↓

IMGP7526.JPG

そして、もうひとつはさらに大型の120cmサイズの同じくセットもの水槽で、こちらの値段は税込39,800円 ↓↓

IMGP7528.JPG

推奨セットの天面設置の照明器具まで揃えたりすると、そりゃあ、結構な値段になっちゃうよね。

でもまあ、もし、大型の水槽を買うんだったらね、このふたつの内のどちらかのサイズあたりの水槽が選択肢としてはあり得るのかなとね、実際に現物を見てみての感触かな。まあ、それなりの出費にはなりそうだけれどね。

今こうして家でマナマズを飼っているとね、どうせなら雄雌つがいで飼育して、卵を産ませて、そして誕生する子ナマズを見てみたいなぁ、ってね、そんな感じ(夢!?)にもなってきてね!。(笑)

さてさて、大型の水槽の件は、この先どうなるのかまだ若干の思案の最中ではありますが、今シーズンまだナマズがかろうじて釣れるうちにね、40cmクラスサイズのマナマズをもう一尾だけ釣ってきておこうかな!。

でもこの流れ(考え)って、果たしてジンジョウでありますでしょうか???!。(笑)

(マナマズの雌雄の見分け方も、ちゃんと調べてかないとね、なんて!)



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

飼育ナマズのこの冬に向けて・・・ [ナマズの飼育]

IMGP7486.JPG

(↑↑ お気に入りの塩ビのパイプのなかで。やっぱりこういう空間がいごこちイイみたい!笑)

今、家で飼っているナマズが入っている水槽の水温のことで、今年の冬に向けて、このナマズの水槽の環境はどうしようかな?、と今考えているんだけれどね、

先の冬は20℃設定ができるサーモスタッド付きヒーターを買ってきてセットして、春先まで20℃の水温に保って飼っていたんだけれど、それはそれでもいいんだろうけれど、でも今年はこのまま冬になっても水温調整することなく自然に任せて様子をみてみることにしようかなとも今考えていてね、

まあ、自然の摂理にのっとって冬場はエサの食べる量も減ってくるだろうし、その成長速度を少々留めておいてもらう期間としてもね、設けてもいいかな、ってね

ちなみに現在のこの家で飼っているナマズくんの体長は、ちゃんと正確には測っていないけれどおおよそ45cmくらいにはなっていそうで、最近ではフィールドで釣れるナマズの方が小さいサイズの個体のケースもあるようになってきたりもしていてね、そんなとき、ちょっと複雑な心境に成ったりもしなくもないけれど、まあ、もう少しの間はね、このナマズくんとはお付き合いするつもりではいるけれどね!。(笑)

ということで、ナマズの飼育水槽の水温設定に関しては、この秋冬は少し自然に任せてみてみるという事にしようと思っているけれど、大丈夫、かな?。(笑)


にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あれれ?、ナマズはザリガニを食べない?! [ナマズの飼育]

写真.JPG

先日の日曜日に、家のすぐそばの田んぼ脇の用水路であみでつかまえてきたアメリカザリガニの小っちゃいやつ4匹

家で飼っている子ナマズたちにご馳走として食べさせてやろうと思って与えたんだけれど、なんと2日間たったのに水槽を覗いてみてみるとザリガニはそっくりそのままいるみたいだから、食べなかったってこと?!

ザリガニなんてマナマズの大好物のひとつじゃあないか、って思ってたりしてたんだけれど、これは意外や意外、この状況はほんとなんだろうか??

ザリガニの手ごろなヤツ与えたら、それこそ目の色変えて瞬時にパクって感じじゃあないかって思ってたんだけれどね、ちょっとサイズ的に大き過ぎる?、いや、このナマズたちだよ、いくら子供だからって言ってもね、たかだか4cmくらいのザリガニが大き過ぎるってことはないだろ、って・・・

乾燥シュリンプのエサはフツーにバクバク食べるのにね、ナマズはモエビやスジエビ、そしてオキアミなんかの類は食べるけれど、アメリカザリガニは食べない、ってこと???、うーん、これはどういうことなんだろうね!

ちょっと、もう少しこのまま観察してみるけれどね。(笑)



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

わが家のナマズ いよいよ大型肉食魚用のエサへ! [ナマズの飼育]

家で今飼っている子ナマズは現在2つの水槽に全部で3尾

そのうちのもっとも生育が早くて、1尾だけ大型水槽に入れているのがこの子ナマズ ↓↓↓

IMGP6693.JPG

IMGP6694.JPG

IMGP6696.JPG

画像ではよく分からないけれど、けっこう動きも俊敏で、元気に成長中!(笑)

ためしに体長(ひげは含まないで)をザックリと計ってみると42cmサイズ

フィールドで42cmくらいのナマズがヒョロっと釣れたりすると、なーんだ!、なんて、すぐにガッカリしちゃったりするサイズだけれどね、家で飼っているナマズくんはまたゼンゼンちがうんですねぇ、これが!

子育てとおなじで、その成長を愛おしく感じたりね!、カワイイもんですよ、ハイ!(笑)

で、そのいちばん成長の早いナマズに、先日またあたらしいエサを買ってきて与えるようになってね、それがこちらの『ひかりクレスト ビッグカーニバル 大型肉食魚用』ってエサ

IMGP6701.JPG

写真右の缶の方はいままでの淡水乾燥エビのエサで、左の袋に入った方のエサでね、中身はこんなやつ ↓↓

IMGP6715.JPG

IMGP6716.JPG

径5.0~5.5mm、長さ20~25mmサイズの一粒で、約3.5cmの小赤のきんぎょ1匹分のエネルギーに相当するエサだとか

いま、このビックカーニバルってエサを朝と晩、一日に2回、それぞれだいたい10粒づつくらいかな、それくらいをやっていて、あっという間にペロリと食べちゃう感じ!

そうそう、昨日、ブログをちょくちょく拝見させていただいているナオさん(『ナマズでナイトフィーバー』)の記事にもちょこっとコメント書かせてもらったりしたけれど、ナマズ飼っていておもしろいのは、例えば今回みたいな浮遊性のペレットなんかのエサを食べるときの食べ方(捕食の仕方)と、活魚のエサ(キンギョとかドジョウとかね)を与えたときの捕食の仕方とはあきらかにその捕食の仕方、パターンが違っているんだよね

なので、これをもう少し観察し、そこから着眼、発想してね、ナマズ釣りのフィールドでの戦術、スタイルなんかに活かせていければいいかなぁ~、なんて、そんなことを思ったり(一瞬の思いつきだったり!)してね、さてさて、この部分はどうなることやら・・・

とにかく、家で飼育中の子ナマズくんたちは今、エサもモリモリ、バクバク、ボフッボフッ、そして、ときどきプチ・PANN、PANN!とナチュラル捕食サウンドも小気味よく発してくれたりして(笑)、みんな元気でたくましく成長中!、ということでありました。(笑)


にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

わが家のナマズ [ナマズの飼育]

雨降り&河川の大増水のへんな天気が続くここ埼玉の地にて、なかなかナマズ釣りに行けない今を多少なりともそのココロ癒してくれるのは、わが家で今飼っている3尾の子ナマズたち

一番エサをモリモリ食べる子ナマズはやっぱり他の2尾よりも成長が早く、現在の体長はざっとモノサシをあてがって測ってみたところ約40cmのサイズに!

IMGP6477.JPG

そうとうな、成長曲線の上昇スピードと、それに比例するエサの乾燥淡水エビ摂取量のアップと・・・

覚悟して飼いはじめたナマズくんたちであったけれど、他の2尾も含めていっぺんに3尾ものマナマズくんたちと一緒に暮らす生活スタイル、実情は、やっぱり食費もうなぎのぼり、否、ナマズのぼりになってきているのはあきらかで!(笑)

IMGP6317.JPG

エサ代もだんだんバカにならないとともに、もう一つの心配は、やっぱり、どんどん成長していくこのマナマズくんたちをどのサイズにまで飼い続けるかということ!

いつか別れは当然つきものとわかっている(!笑)このマナマズくんたちとの飼育とはいえ、ではいつまで、どのサイズにまでとなると、まだハッキリとしたものはこの自分自身考えも、展望も、具体的に持ち合わせなく、未定の状態で・・・

できることならば、これも縁あってのこの3尾の子ナマズとの出会いでもあるので、いつまでも一緒にその成長を見守るとともに、日本のマナマズと暮らすライススタイルなんて、こりゃあナマズ釣りの好きな釣り人としてはココロくすぐられる理想のスタイルでもあるし(ちょっとオーバー!笑)、可能ならばいつまでも一緒に飼っていたいんだけれどね、さてさてこの先どういう展開に、運命に、この3尾の子ナマズたちとの日常はなっていくことでありましょうか。(笑)

IMGP6517.JPG

だいぶ顔つきも精悍さをましてきて、

IMGP6540.JPG

で、だいぶこんな触れあい、スキンシップもちょっとだけだけどさせてくれるようにもなってきたわが家の子ナマズ(一番大きい子ナマズだけだけれどね!)

さてさて、次は直接手からエサを食べてくれるようにまでなってくれれば更にうれしいなぁ、ってね!。(笑)

P.S.

いっそのこと、女房にナイショで120cmサイズくらいの水槽、思い切って買ってきちゃって、それで玄関先にデン!!って設置しちゃう!?(爆)



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の20件 | - ナマズの飼育 ブログトップ