So-net無料ブログ作成
Mチューンフロッグの軌跡 ブログトップ
- | 次の20件

8月ナマズ、そして更なるポッパーフロッグMチューンの進化系へ・・・ [Mチューンフロッグの軌跡]

8月ナマズを求めて、今朝のToday'sナマズ!の狙ったポイントは、

田んぼ脇水路から川への合流部のこんな流れ込みのところや、

IMGP6869.JPG

分厚い水をかかえてとうとうと流れる本流の岸際スポット狙いのこんなところなどで、

IMGP6872.JPG

いつものポッパーフロッグMチューンを屈指して釣りを続けるも、

IMGP6873.JPG

早い時間帯から頭上より照りつける夏の日差しと、それと同時に水面からの照り返し照射のダブルパンチの夏の日差しの威力はハンパなく、

IMGP6875.JPG

なにもそんな暑い中ナマズ釣りをやらなくても・・・、って、たしかにそう思う人もいるかも知れないけれどね、真夏の8月のナマズ釣りであっても夜釣りでは無くて明るい中でのナマズ釣りが好きなToday'sナマズ!のこのワタシ、もう、こればかりは好みだからね!(笑)

これで1尾でも釣れればもう大満足なんだけれどね、ポイント数か所巡って、4バイトあり、そのうち2度は合わせを入れたときにガツッ!って一瞬手応えを感じながらもフッキングせずに(できずに)そのまま終了、って、最近こんなケースのナマズ釣りばかり・・・。

バイトはある、あわせも入れている、一瞬の手応えまではある、でも、それで終わり・・・、いったいなんでだろうね、フックは新品セットしているのにね、

すっぽ抜けだけならまだナマズへのダメージ無いだろうからいいんだけれど、一瞬ガシッと手ごたえあるってことはナマズにも衝撃与えているはずだからね、それでフッキングできなくて、そのナマズキャッチできないんだからホント始末が悪いってね

で、今朝の釣りで、いい加減こんなことばかり続くのであらためてポッパーフロッグMチューンの特にリアフックまわりを見直してみたところ、シングルフック2本の接地角度に目が行って、いつもは2本のフックがともに同じ角度で並列接地して基本納まっているんだけれど、並列接地する太軸フックの径×2本分の直径が、ひょっとして合わせを入れたフッキング時、ナマズの口へのフックの貫通の阻害要因になっていた面もあったのではないかとの発想になって・・・(あくまでも仮説ですけれどね!)

それで、このフックにあらためて着目してね、少し左右に開くようにそれぞれのフックのアイ部分のねじり角度を変えて装着してみたらどうだろうとの発想になって、そうして微調整したフックを装着し写真に撮ってみるとこんな感じなんだけれど、

IMGP6886.JPG

今までのシングルフックは細軸タイプだったので、いざというときのために“二本の矢”的発想で並列にセットして極力2本のフックがナマズの口に同時に刺さって×2本分の強度を期待しながらフッキングできるようにと考えてセットしていたんだけれど、最近太軸タイプに切り替えて一本あたりのフック自体の強度が十分に期待できるようになっていたので、なにも従来の発想での並列接地セットにこだわる必要性は低くなっていたんだよね

ということで、今朝のナマズ釣りは結局ボーズに終わっちゃったけれど、こんな感じでポッパーフロッグMチューンのリアフックまわりのセット内容をね、フック角度約45度にしてあらためて調整セット仕様にしてね、

IMGP6885.JPG

ど、どうだろう?!、ってね!(笑)

更なるポッパーフロッグMチューンの進化系へ・・・、はたして進化系になっているのかどうなのか、机上で考えていてばかりではなーんにも検証もできないので、しょうがない、夕方になったらもう一度実地検証にいってみようかな!。(笑)



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナマズルアー用ラバースカート 期待のマテリアル! [Mチューンフロッグの軌跡]

IMGP6795.JPG

今日はそのマテリアルを装着した最新のポッパーフロッグMチューンのラバースカート部のアップ写真をまずはお披露目!(上の写真の右がそれで、左は純正品のラバースカート)

純正品の素材もまたいいんですけれどね、右の素材のこれが、Today'sナマズ!的になかなかイイ感じなんですよ、じつはね!!(笑)

関連する詳細内容については、また次ぎの機会にでもアップしてみます。(笑)

IMGP6799.JPG

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ポッパーフロッグMチューン バージョンアップ完成! [Mチューンフロッグの軌跡]

たぶん、このリアフックへの仕様変更で、対ナマズ釣りに向け、大幅に戦闘力&信頼感(安心感)アップになったんじゃあないかと、そんなひとつのカタチが今日できたので、とりあえずブログにアップします!。(笑)

今までどうしてもリアフックまわりに強度的なリスクを抱えていたところがあり、いろいろと市販のフックを買い集めては試行錯誤を繰り返してきたのだけれど、なかなか、これだというものに行き当たらなくてね、

単純に太軸にして強度アップしたとしても、重量がかさんでしまって浮力の低下や、自重アップによるリーリング時のキビキビとした俊敏性の低下、さらには着水時の衝撃度アップとかね、あとは感性の面とかでもね、なんでもいいという訳にもなかなかいかなくって、やっぱりそれなりに納まりのいいカタチ、シルエットとかいう部分も大事にしてたところもあってね、まあ、いろいろ字ばかりを連ねても分からないので写真で紹介すると(笑)、

今までのリアフックに使っていた基本のフックはこちら、C'ultiva S-61 サクラマススペシャル スプーン専用1/0サイズ(パワークラス 6) ↓↓

IMGP6783.JPG

このリアフックを、

C'ultiva SBL-75M ミノー用バーブレスの太軸 ミノー専用1/0サイズ(パワークラス 7)を用意して、(写真左はフロントフック用)

IMGP6787.JPG

ここでポッパーフロッグMチューンへの装着のためにひと手間かけなくてはならないのだけれど、フックのアイ部分の向きを90度分ペンチでゆっくりと捻じ曲げて角度を変えてね( ↓↓ 左の2本)、

IMGP6784.JPG

そうして、この組み合わせで装着したのがこちら ↓↓

IMGP6786.JPG

IMGP6790.JPG

Today'sナマズ!のポッパーフロッグMチューンを使ったナマズ釣り、たぶんこれでね、かなりに実際のフィールドでのナマズ釣りでの状況がいろいろなシーン、ケースで改善されるのではとね、ひそかに思っていたりしています!。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、さっそく近所の川へ、午後からプチ実証検証に行ってみたらね、(笑)

IMGP6792.JPG

IMGP6794.JPG

なんと、ポンポンと、あっという間に・・・!!!、こ、これは、いったいぜんたい、ま、マジですか、って!(笑)

でもなんと、1尾釣ったところで実はメジャーシートを家に忘れてきちゃったのに気がついて、(こんなの初めて!)、この2尾釣ったところで、いやはや何とも落ち着かないものだから、今日はもうこれで終わりにしてね、ちょっとしまりのないトホホな実証検証のナマズ釣りになっちゃいました!

でも、今回のこの仕様になんとか行き着いて、けっこう嬉しい手ごたえを実感した今日のワタシでありました!。(笑)

【使用タックル】

  • ロッド:TULALA Lite Wire 70
  • リール:Abu Garcia ambassadeur REVO BIGSHOOTER COMPACT
  • ライン:VARIVAS 鯰 PREMIUM PE 5号(60LB)
  • ルアー:ポッパーフロッグMチューン #239 スケルトンオレンジ



にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フロッグへのピタホタル装着方法 (1) [Mチューンフロッグの軌跡]

先に、今までポッパーフロッグMチューンの主としてナイトゲームでナマズを狙うときの“ピタホタル”の装着方法にさんざん苦労してきてその解決策がなかなか見いだせなかったという課題に対して、ひとつの“解決策”が見つかったとの記事を ピタッと貼りつかなかった困ったピタホタルだったけれど・・・ とのタイトルでアップしてみてたんだけれど、

そうしてやってみた策で、今シーズンそれなりに何回か現場で実践検証してみてたところ、これがそれなりに機能的で、使いかってもまあ良かったので、まだまだこれはあくまでもひとつの対処療法に過ぎないレベル策ではあるけれど、一応、拙いまとめ方だけれどその手順と策をここに記しておこうかなとね!(笑)

①用意するのはたったこれだけ!、あっ、肝心要の透明フィルムは飲み終わった後の飲料のPETボトル素材です!

①.JPG

②そのPET素材の一片に、ピタホタルにセットで入っている3M社製の両面テープの片面とくっつけて、

②.JPG

(裏から見たところ!)

③.JPG

④貼り付けた両面テープの大きさに、余計なPET素材部分をハサミで切り取って整形して、

④.JPG

⑤そして、いよいよ(って、これだけだけど!)ポッパーフロッグにくっつけるんだけれど、ここでやっぱり瞬間接着剤を持ち出して、まずは貼り付けるテープの面に薄くまんべんなく瞬間接着剤を着け、

⑤.JPG

自分はポッパーフロッグのこのあたりに位置をさだめてセンターをずれないように一応慎重に装着して

⑥.JPG

⑥念には念をということで、さらに装着したPET素材の周辺部にも瞬間接着剤を浸透させる感じでごくごく微量付け足し

⑦.JPG

⑦仕上げに装着したPET素材とポッパーフロッグの接着面をしばし指で圧をかけてしっかりと固着させて、

⑧.JPG

⑧そして、完成です!!

⑨.JPG

要は、両面テープの接着剤との相性のいいPET素材を軟質ビニル素材のフロッグとのあいだに嚙ましたって訳で、たったこれだけのことではありますが!(苦笑)

⑩.JPG

あとは、背中の白地が気になるのであれば、フロッグと同系色に間に嚙ました両面テープに染色を施すか、あるいはPETボトル素材そのものにフロッグのボディと同系色のものがあればそれを見つけてきて使うとかね、まあ、細かな点はいろいろ改良もできそうだしね

とりあえず、これでピタホタルの脱着も可能になったし、実戦で激しく使ってみてもキャストしたとたんに、あれ?、なんていきなりとれてピタホタルだけあさっての方向へ飛んでっちゃうこともなくなったしね、まあ、さっきも書いたけれどあくまでも中途の解決策のひとつレベルではあるけれどね、今シーズンはちょっとこれでナマズ釣りにアプローチしていってみます。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ピタッと貼りつかなかった困ったピタホタルだったけれど・・・ [Mチューンフロッグの軌跡]

あまりスマートでカッコよくはないけれどね、メインターゲット、シーンをナイトゲームでのナマズ釣りに向けたケースでのポッパーフロッグMチューンの最大にして緊急度大の扱いであった課題解決策が、ようやくこのようなパーツの組み合わせと仕様設定とでなんとかなりそうな感じになってきたのでとりあえずアップしてみました!

IMGP5720.JPG

ちょっと見ずらいかも知れないけれど、キーとなるパーツはこの上の写真の手前に並べたPETボトルから切り取ったプラスチック素材

これをピタホタルの底面サイズにカットし、一枚の両面テープ+瞬間接着剤での接着補完を介してポッパーフロッグ本体に装着して、

IMGP5721.JPG

IMGP5718.JPG

こんな感じで、シール剤との親和性のある素材面をもたせた接合部の基盤をあらたに装着させたわけです。

理想はフロッグの本体に完全に固着させるカタチではなくてね、あくまでもシールを介しての脱着式にしたかったんだけれどね、なかなか理想に叶う接着剤のシール材が見つからなくって、まあ、現状での妥協点ではあるんですけれどね

その、なかなかピタッと貼りつかなかった(貼りついてくれなかった!)困ったちゃんの“ピタホタル”

IMGP5719.JPG

やっとピタッと貼りついてくれるように、ピタッと貼りついてナイトゲームでの過酷なナマズゲームに十分に働いてくれるように、一投目はなんとか貼りついていたのに一度水に濡れてからの二投目のフルキャストでピタホタルがあっという間のさようなら~なんてことばかり起こしたりしないように、

これでやっと大丈夫!、かな!?(苦笑)

IMGP5717.JPG

今シーズンのナマズ釣りではフツーに(ピタホタルで苦労することなく)ナイトゲームでのナマズ釣りができるように、楽しめるように、なんとかこれでお願いね!(笑)

それにしても今シーズンはいつまでもいつまでも寒くって、気温低くって、ぜんぜんナマズ釣りに行けてないこの3月、なかなかすべてが上手くはいかないようで・・・。まあ、今シーズンはのんびりやりますかね!(苦笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

2014NewポッパーフロッグMチューン! [Mチューンフロッグの軌跡]

2014年シーズンのToday'sナマズ!的ポッパーフロッグMチューンのナマズ釣りへ向けて、あらたにこんなパーツを用意してみました(笑) ↓↓

<PLASTIC image ホログラムコロラドブレード#127 サイズ:3.5 ゴールド>

IMGP5157.JPG

2014ナマズ釣りへのキー・サクセス・ヒットカラーに、この金ぴかホログラムカラー!!(笑)

実際に金ぴかホログラムカラーをフロッグのフロント部分に装着してみると、

IMGP5155.JPG

IMGP5156.JPG

ま、まさに、身も心もクラクラ!、フラフラ!、眩く、惑わしいまでの金ぴかホログラムの輝きが・・・

さてさて、2014年シーズン開幕戦第一号マナマズくんは、この金ぴかホログラムカラーに惑わされた一尾くんからスタートの予定です!!(笑)

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウッド製ポッパーフロッグMチューン [Mチューンフロッグの軌跡]

いつか、時間があって、そして、その気になれたら、一度チャレンジして作ってみようかなぁと思っているウッド製ハードタイプ仕様のポッパーフロッグMチューン

まあ、デザインに対する意匠権とかもあるだろうけれど、あくまでも個人で楽しむ範疇でのモノづくりではありますから、そのデザインはちょこっと参考にさせていただいた中でね!

外観イメージは、

IMGP4379.JPG

IMGP4380.JPG

IMGP4381.JPG

IMGP4382.JPG

って感じの基本的シルエットは踏襲させてもらってね、ラバースカートは同じ材質のものを流用するような感じで、その装着方法はフラホッパーの事例が参考になるかな!

でも、できればただ単にシルエットの模倣、引用させていただくだけじゃあ、やっぱりつまらないし、おもしろくないから、何かしらのオモシロ要素も見出してコンセプト化してね、具体的な“設計”に取り入れてもみたいなぁ・・・

なんてね、

だいぶ過ごしやすくなった初秋の夜長に、そんなことを考えてたりしているんだけれどね(笑)、でもいかんせん悲しいかな、時間的にも、こころのゆとり的にも(これ、けっこう重要だよね!)ゼンゼン余裕が見いだせない今、さてさて、実現できるのか?、ってね

どなたか一個でいいからプロトタイプの試作品を作っていただけない?、もしくはウッド製では無くなっちゃうかもしれない(?)けれど、3Dプリンターお持ちの方にお願いできたら、とりあえずの試作はパパっとできちゃうのでありましょうか?

(おやおや、最初からアウトソーシング、助っ人の方に期待しちゃう!?)

ニーズ、ウオンツ、あるけれど、現実にはなかなか実現・具現化むずかしくて、さてさて、どうしたものかなぁ、って感じでありますです、はい。(苦笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

永遠の課題?! 対ナマズ完璧フックシステム [Mチューンフロッグの軌跡]

先に出版された『でかナマズ最強攻略』(コスミック出版)で、幸いにもその中の一部の掲載内容(P.46)のなかで取り上げていただいたりもしたポッパーフロッグMチューン

でも、まだまだ自身でナマズ釣りの実戦で使っている中で当然ながら改良していきたいポイントも幾つかあって、そのひとつが、バイトしてきたナマズへの確実なフッキング処理

ナマズの一連の捕食動作のなかで、ポッパーフロッグMチューンを咥えた瞬間にロッドで合わせを入れているんだけれど、なぜか今のフックまわりの仕様のせいなのかどうなのか自分でもまだよく分かっていないんだけれど、確実に手元に手ごたえを感じていながら次の瞬間にバレてしまったり、あるいは引き寄せているうちに途中でハリから外れてしまってバラしたりがそれなりにあってね、ブログにアップしている直近の釣行記の内容はまさにそのことを嘆くものばかり!(苦笑)

そこで、じつは前々からひとつの気になっていた箇所があったんだけれど、

IMGP4161.JPG

ちょうど、取り上げていただいた誌面の中では上の(↑↑)ピンクの四角い枠で囲った部分に関連するんだけれど、

IMGP4154.JPG

現状ではこのようにスプリットリングを嚙ましてフックの動きの自由度を優先させてもたらすことで、いろいろな角度からのナマズのバイトへの対応面、そしてもうひとつは、ナマズのエサへの捕食時のバキューム動作へのフックの吸い込まれやすさへの対応面を考えての仕様としているんだけれど、この部分の自由度がちょっとフッキングへの瞬時の動きの中でほんのちょっとマイナスの因子にもなっている部分がひょっとしてあるのではないかとの着眼、仮説・・・

それぞれの目的、そして狙いの中で、最大公約数的なものがどうしても求められるものであるならば、それをどのように調整していい塩梅で具現化したらいいか

そんな中で、ここでひとつの対処法を組んでみたのがこちら ↓↓↓

IMGP4155.JPG

ちょっと別な角度から

IMGP4156.JPG

ちょっと写真では分かりにくいかもしれないけれど、フロッグの本体に一番最初に装着させているCultiva Split Ring Hyper #5 (60lb)を今回その本来与えていた自由度を無くして、仮の検証仕様としてひもで固定してみたもの

ここの部分の自由度(=あそび)は、ひょっとしたら無い方がいいのではないか、ってね!。(笑)

さてさて、そうはいってもまだ机上の考えでしか過ぎないので、次の釣行の機会にこの仕様にしたポッパーフロッグMチューンで試してみるので、そうしたらまた実際どうだったかのレポートをアップしてみますね。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

掛けたナマズをバラさないフック仕様へ [Mチューンフロッグの軌跡]

<検討案 ①>

いつも使っている対ナマズ用フロッグルアーのポッパーフロッグMチューン

まだまだ改善したい課題点が多い中で、まずは、一度確かに手ごたえを感じるところまでフックに掛けたナマズに対して取り込み途中でバレてしまう割合を極力減らしたいということで、今週末の実釣機会に向けてリアフックの仕様変更を考えてみた

コンセプトは、ずばり、“掛けたナマズをバラさないフック仕様へ”

まあ、まだあくまでも机上のひとつの見立て、選択、そして直感なだけの検討案なんだけれどね、今までの「C'ultiva S-61 サクラマススペシャル 1/0」(↓写真左のフック)から、あらたに期待してピックアップしたのは「FINA パワーフィネス FF300 2/0」(同写真右のフック)

IMGP3615.JPG

このフック、本来はビッグバスを狙うビッグワーム用のフックということで、パッケージの表面には、

  1. ビッグワームの使用を想定したサイズバリエーション
  2. 根掛かりを抑え、掛けた魚をバラさないハリ先ネムリ形状
  3. フッキング性能を追求したヒネリ形状&ロングテーパー設計
  4. 60オーバーにも負けない太軸仕様

とあって、この中で2、3、4のところに期待したって訳で!

ということで、さっそく新しいポッパーフロッグMチューンのリアフックに2本をセットしてみて、

IMGP3616.JPG

IMGP3617.JPG

こんな感じになりました。(笑)

さてさて、まだ週が始まったばかりの火曜日の夜だけれど、サッカーの日本代表が最後の最後に本田選手のPKのゴールでW杯ブラジル大会出場を決めてくれたシーンでやっと落ちつくことができたりした火曜日の夜だけれど、効果があるのかないのか、あるいは改悪になってしまうのかどうなのか、検討案①の実釣検証は今週末に(予定)、ってね!。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ポッパーフロッグ Mチューン 2013 [Mチューンフロッグの軌跡]

こんな拙いブログにも毎日のようにね、“ポッパーフロッグMチューン”あるいは“mチューン”といったワード検索入力にて覗きにきていただける方々がいらっしゃるので、感謝(!)とともに、やっぱり直近のポッパーフロッグMチューンの最新仕様情報をちゃんとアップさせていただいた方がいいかなぁと思まして(勝手にですが!笑)、こんな写真に替えてアップいたしました。(笑)

もしよろしかったら、見てみてくださいね! ↓↓↓

【直近の仕様を構成している各パーツ類】

IMGP3347.JPG

【それを、こんな取付で各所に配置して】

IMGP3344.JPG

【完成系です!】

IMGP3351.JPG

このポッパーフロッグMチューン、今までの実釣検証からそれなりにナマズへのアピール度はありそうなんですが、ただ2点難点(?!)があって、

  • ケミホタル系の発光パーツがピタッと貼り付けられない!(取り付ける有効な手立てがまだ見いだせない!)
  • 使っているうちにフロッグの材質が材質なのでナマズの歯でボロボロになって行ってしまう!

ボロボロ具合はこんな感じです(苦笑)

IMGP3359.JPG

IMGP3362.JPG

まあ、これも一つの戦歴の証、ナマズが釣れてくれるだけでも嬉しいし、なによりもカエルでナマズを釣る、というこのコア・コンセプトが一番の魅力の部分につながっているんですけれどね!。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(1)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

超強力?! スーパー両面テープ [Mチューンフロッグの軌跡]

ナマズ釣りの釣り人ご用達の両面のテープのはなしです。(笑)

今までポッパーフロッグへはピタホタルが付属の両面テープでは貼り付けることができなかったので、仕方なく瞬間接着剤を使って装着してたんだけれど、でも、とにかくこの方法では手間がかかって面倒くさく、また何回か付けたり剥がしたりしているうちにフロッグの接着面は見るも無残にボロボロ状態となっていってしまうので、何とかならないかなぁ・・・、って。

それで、以前、しいさんからホームセンターなんかで売っている強力な両面テープを探してみれば、とのアドバイスをもらっていたのをあらためて思い出し、今日会社からの帰路に家の近くのホームセンターへと寄って、そして、店員さんへ使途を伝えて数あるアイテムのなかから、そういう時はこれでしょ!、と唯一勧めてくれた商品を買ってきたのがコチラ。↓↓↓

IMGP1443.JPG

IMGP1447.JPG

値段は498円。

商品名は3M Scotch 超強力 PREMIER GOLD スーパー多用途 両面テープ (幅12㎜×長さ1.5m 厚み1.1㎜)。

ピタホタルのなかにも同じ3M社の両面テープが入っているんだけれどね、軟質ビニルのフロッグルアーへの使途は想定していなかったんだろうね。おかげで、だからこっちは余計な出費になっちゃったじゃあないか、って!!。(苦笑)

まあ、“解決策”がようやく見つかったから、なにはともあれ良かったんだけれどね。(笑)

さっそくためしにその両面テープの切れ端をフロッグに貼り付けてみたのがこちら。↓↓↓

IMGP1448.JPG

バッチリ!、ビクともしないくらいにピタッと貼りついてる!!。よし、次回はこれをさっそく実戦投入だ!、ってね。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(おまけ①)

一応、一回当たりの使用量を1.5cmとすると、約100回分使えるから、一回あたりは約4.98円だね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(おまけ②)

先日実際に釣りで試してみたんだけれど、フロッグとの接着面は大丈夫だったんだけれど、なぜかピタホタルとの接着面で使っているうちに剥がれてとれちゃった!。これで完璧!、ってものは既存品ではなかなかないのかなぁ~。しかたがないのでピタホタルと両面テープの間に瞬間接着剤を少したらして補強したけれどね。でも、フロッグの方はボロボロにならなくなったのでこれはこれで良かったかな。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ベリーフック 実釣効果!! [Mチューンフロッグの軌跡]

今年2012年のマイ・トレンドはお気に入りのポッパーフロッグMチューンを用いてのトップウォーターでのナマズ釣りスタイル。

確かにこのフロッグルアーで釣る創造的で、アクティブなスタイルのナマズ釣りがオモシロくて、今はまっちゃっているのだが、しかしながら、かたや直面する大きな課題がバイト後のフッキング率のどうしようもない低さ。

その解決策をいろいろとナマズのバイトシーンから想像し、考えてみて、視点のひとつとして、やはり食い上げ時(着水バイト含む)のときのまさにその時のフッキング策へ行きついた。

そう、しごく簡単な、そしてごくごくフツーに見られるいわゆる“ベリーフック装着仕様”の発想へ。

ではなぜ今までそのベリーにフックを装着してこなかったか?

実は先にナマズの五感を刺激する目的での集魚機能強化&モチベーションアップ機能強化(笑)を考えていて、それでこのベリーの位置に#3.5サイズのゴールド・ブレイドの装着の優先選択としていたから・・・。

でもやはり毎度毎度のフッキング率のあまりにもの低さに追加判断の行きついた策のひとつとして、このベリーフックの装着仕様で一度ためしてみよう、ということだった。

ということで、このタイミングにきてやっとこのような仕様のポッパーフロッグMチューン(改)を作ってみることに。↓↓↓

IMGP1431.JPG

写真ではちょっと分かりづらいかもしれないけれど(そして決して見てくれはスマートではないけれど)、既存仕様の#3.5ゴールド・ブレイドの後ろの位置にスプリットリング一個を介してのC’ultiva SBL-75 ミノー専用1 BARBLESSの一本装着仕様へ。

そして今晩10/18(Thu.)の夜の21時過ぎに、今日一日の仕事の疲れと、そして結構まともに降っている雨とでこんな平日の日にナマズ釣りに行くのはどうなのよ?!とのためらいもあったのだけれど、少しだけとココロに言い聞かせて、とりあえず、ポッパーフロッグMチューン(ベリーフック仕様)の実釣検証へ。(苦笑)

結果

1尾目/フッキング位置:ベリーフック

IMGP1387.JPG

IMGP1393.JPG

2尾目/フッキング位置:テールフック

IMGP1396.JPG

IMGP1397.JPG

3尾目/フッキング位置:ベリーフック

IMGP1399.JPG

IMGP1406.JPG

なんとまあ!、今晩ちょっと1時間ほどやった中での釣果内容からみると、3キャッチのナマズのうち2尾までもがベリーフックで釣れた結果に・・・。

どうやらポッパーフロッグMチューンの課題であったフッキング率改善へのひとつの解決策は、このベリーの部位へのシングルフック一本装着のこの仕様で、とりあえずはなんとかなりそうな感じになってきたかも知れない、ってね。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ポッパーフロッグMチューン(改)はこんな感じで! [Mチューンフロッグの軌跡]

しいさんからコメもらいましたのをきっかけに、概略ではありますがいっきょ公開です。

本当は昨日記事をアップしたんですが、“〇〇〇村”の総合メンテナンス始まるちょうどそのタイミングに重なっちゃってゴチャゴチャになっていたりもしていたんでいったん削除してたりしたんですが、せっかく書きましたToday'sナマズの“今日の軌跡”でもありますので、あらためて記事自体をまたアップさせてもらいました。

それと、昨日“残存情報”にて見に来てくれていました方がた、どうもスミマセンでした!!

では、下の写真記事にてあらためまして、ということで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(2012/09/25作成記事)

【使ってるパーツはこんな感じ】

IMGP1247 (640x360).jpg

【ちょっと写真撮りに引っこ抜いてみました】

IMGP1250 (640x360).jpg

【そして今回お尋ねの場所ですが・・・】

IMGP1248 (640x360).jpg

私が使っているのは、たまたま家にストックしていた「DAIWA SW-Snap ハードタイプT2 65lb」

それをこんな感じで装着させています。

スリムトップ形状の方を下側にもってきて、スプリットリング#3を介してコロラドブラス#3.5を付けるわけですが、まずはここまでを一気に作ってしまいます。

【そして、フロッグボディ下部に穴をあけて、ここから引っ張り出して・・・】

IMGP1251 (640x360).jpg

穴の開いている位置が見えますか?、ちょうどPOPPER FROGの3つ目と4つ目のPのあいだ、ですね!。この位置が良さそうです。

【穴あけと引っ張りには、こんな小道具を使ってやってます】

IMGP1255 (640x360).jpg

針金はこんな感じで、片一方の先端をUの字状にして、ここに引っ掛けて引っ張り出す要領です。

まずは本体のパーツをボディーの中に通してPOP形状の口のところから引っ張りだします。この時、口から入れた針金をお尻の穴から出しておいて、そこに本体パーツの先端を引っ掛けて針金といっしょに引っ張り出します。

そして次に、このブレードを装着するスナップの細い方の先端を引っ張り出すのですが、このときボディーの中は直接は視認できませんが、室内灯などにかざしますと中空ボディーの中もなんとなく見えて、引っ掛け作業も簡単にできますので大丈夫です!

【そして、引っ張り出したら、それぞれにすかさずスプリットリングを嚙まして引っ込んでしまわないようにして!】

IMGP1253 (640x360).jpg

こんな感じですね。

ブレードの装着向きは裏表両方で実釣にて試してみたんですが、リーリング時の直進操作性などでやっぱり凸の方の曲面をTOPに向けた方が良さそうでした。

【そして出来上がりです!】

IMGP1257 (640x360).jpg

もし、わからないところあったらまた連絡ください。

あっ!、もっとおもしろくて、ナマズに効果的な方法あったら教えてくださいな!。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(追記) 

【フックの切断用にはこんなニッパー使ってます!】

IMGP1271 (540x304).jpg

フックはさすがにライギョ用なだけにかなり強固で、切断(それも2本もあって!)はけっこう大変です。そこで自分も写真のようなニッパーを買ってきました。これくらいの奴であれば大丈夫です。

ホームセンターで売ってたやつなんですが、たまたまPB商品のこのニッパーがありまして、PBなだけに値段も安かったので助かりました。

切断には最初、ニッパーではさんで、それで石などの上において、ニッパーの側面をハンマーでガツンガツンとやって一気に切断したりしていたんですが、最近はハンマーなど使わずにニッパーの握りのところに足をのっけて瞬間に力をかけてエイッ!!とばかりに切断しています。コツをつかめばライギョ用のフックもこんなニッパーであっという間に切断OKです!(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(追記)

☆☆☆ 2013年最新ポッパーフロッグMチューンはこちら

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2代目 ポッパーフロッグMチューン(改) 完成! [Mチューンフロッグの軌跡]

やっと今日からお盆休みの初日(って言っても今日はフツーの土曜休みだけれど)。

でも、これでしばらくは休みがとれるので、昨日までの仕事で溜まりにたまった“蓄積疲労”に対して少しずつ回復させていけると思うと少しホッとして、そのひょうしにすべてが弛緩していってしまいそうな今。相当、蓄積疲労が溜まっていて重症みたい・・・。(苦笑)

まあ、そうはいってもボーっとしているのもあまりにももったいないし、嫌なので、例のポッパーフロッグのチューンナップに取り掛かりました。

手順的には、

  1. まずはお尻の穴からフックセットをズボッと引っこ抜いて、
  2. そして、躊躇せずに、頑丈なニッパーとトンカチを使って一気に太軸のフック2本をぶった切って、
  3. ・・・・・・、

まあ、今回は記すのやめておきます。とにかく、今、蓄積疲労がすごいんです・・・(泣)。

いつか機会があったらそれなりの詳細を記してみますね。ちなみに工程的には14工程ほどでちゃちゃ、って作れちゃいます。

そうして、完成したのがこちら ↓↓↓

IMGP0854.JPG

今回、一気に2個の新品のポッパーフロッグMチューン(改)(P-かえるくん2号、3号!)を手にすることができました。

さてさて、体力、気力(知力、これは無理・・・)の“充電”が完了してからになるけれど、そうしたらまずはこの2代目の“試し釣り”から行ってみましょうか!。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ポッパーフロッグ・Mチューン改3バージョンへ(7/25追記あり) [Mチューンフロッグの軌跡]

(またまた、POPPER FROG 6.0cm #スケルトンチャート(改)の続きの話。)

今週末は結局、新規ポイントリサーチの釣行で鯉の新規ポイントゲット!!、って、あれ、そんなミッションだったかなぁ、って感じの、1尾のナマズにすら対面することもなく何事もなかったかのようにこうして終わろうとしている日曜の夜の今だけれど、まあ、そこは次回の釣行へ向けての準備として、ポッパーフロッグMチューン改2バージョンのフックの強化をしておくことにしました。

というのも、前回の60cm前後の幾つかの釣果のあった時に、2本セットしてあったフックの一本の方が気づかないうちに伸びていたんだよね。

68cmをキャッチした時にはなんともなかったフックだったんだけれど、なんらかの要因で伸びてしまうギリギリのところにあったのかも・・・。

ということで、銘柄は変えずに、1/0サイズから太軸の3/0サイズへ仕様変更しておくことにしました。↓↓

IMGP0642.JPG

そして今回あらたに以下の2ヶ所、

  • ラバースカートへのファインラバー組み合わせによるボリュームアップ
  • ケミホタル装着用のプラスチックプレートの頭部への装着

この2点の手を加え、さらにパワーアップ!(になったかどうかは、まだ分からないけれど・・・笑)

まあ、そんなこんなで、P-フロッグ・Mチューン改2バージョンは、次から下のようなP-フロッグ・Mチューン改3バージョンとなって、またあらたに実践投入されることになりましたとさ。(笑)

IMGP0676.JPG

さて、どうなりますことやら。乞うご期待くださいませ!。

(ナイショの追記)

さてさて、これでいつでも70upがきてもダイジョウブ!、ってネ!。(笑)

■2012/07/25追記

フックを太軸の3/0サイズに換えてみたけれど、3/0を2本セットとしたことで、ちょっと自重が増した分フック周りの自由度が損なわれてしまったかも。かと言って3/0を1本ではまたいろいろとリスクが高くなってしまうので、これはやはり元の1/0サイズに戻して“3本の矢”ではないけれど2本装着することで“いざという時の強度発揮”に期待するしかないか。なかなかフック周りでの100%の理想型はカンタンには得られないね・・・。(苦笑)

それと、なんと使っている最中に30cmほどの子ナマズを釣り上げて写真を撮っていたら、何故かビックリ!のスプリットリングがフロッグ本体から外れてしまうというトラブル発生!。な、なぜ?!、って。

キャスティングの最中に岸の草木にひっかかってはガシガシと何回かやり取りしている間に少しづつズレていって、そしてついに外れてしまったみたい。途中のチェックも必要なんだろうけれど、スプリットリングを介してのフックの装着方法自体の根本的な改善対策が必要?!。

(↓ 画像無いけれど、このあと気がついたらナマズとフロッグが離れて目の前にあって、フックは子ナマズの口に・・・)

IMGP0679.JPG

こんな稚拙な装着方法じゃあ、とてもじゃあないけれど70upなんて、だよね、まったく!。(苦笑)


にほんブログ村
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カエルが面白い! P-フロッグ Mチューン改2へ [Mチューンフロッグの軌跡]

POPPER FROG 6.0cm #スケルトンチャート

最近よく使い始めたルアー。

ヘビーカバー対応の、というコンセプトではなく、ナマズの食性摂餌行動(主にヒゲセンサー対応かな)へのマッチングというコンセプトから・・・。

だから少しだけ手を加えて仕様をいじったりして、いろいろと検証したりしているところ。(笑)

そして、このMチューン(勝手に命名!笑)の第1ステップ:改1バージョンで、先日68cmが釣れ、さらにこの連休初日の釣果として、

1尾目の59cm

IMGP0504.JPG

2尾目の54cm

IMGP0507.JPG

と、結果2尾のナマズがこの“カエル”で釣れました。

しかしながら、実は結構いい感じでいろいろなところからバイトを何回も引き出すものの、そのバイトがあってからの次のフッキング率の悪いこと、悪いこと・・・。

もう呆れるばかりのフッキング率の悪さに、このMチューン改1バージョンでの大きな課題がクローズアップされてしまいました。(泣)

そこで、この“課題克服”のため、稚拙ながら考えた“ポッパーフロッグ Mチューン改2バージョン”の仕様がこんな感じ。↓↓

IMGP0604.JPG

IMGP0608.JPG

ポイントは、見ての通りです。

そして、このMチューン改2バージョンに変えてからの釣果です。

3尾目 50cm

IMGP0549.JPG

4尾目 59cm

IMGP0555.JPG

5尾目 60cm

IMGP0559.JPG

6尾目 61cm(かな!)

IMGP0572.JPG

7尾目 これも61cm

IMGP0582.JPG

まあ、おんなじようなサイズばかりが揃っちゃった釣果だったけれど、課題のフッキング率の改良はバッチリだったかな!!。(笑)

“ポッパーカエル(フロッグ)”でのTOPでのナイトゲームのナマズ釣り、

おもしろいですよ!!(笑)

おまけ

IMGP0565.JPG

IMGP0574.JPG

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ポッパーフロッグ(改)でナマズも いいかも! [Mチューンフロッグの軌跡]

昨日週末金曜日の夜は、新潟に単身赴任する同僚のこの3連休での家への帰宅にあわせて大宮駅新幹線改札口で合流し、駅前の“炭火焼 牛たんや”でキンキンに冷えた生ビールとともに焼きたての牛たん料理に舌づつみ。

ということで、昨夜はなんとか家に帰りついてから、かろうじて風呂につかり昼間の汗を洗い落とし、そして、そのまま就寝・・・。(まあ、しょうがない!(笑))

しばらくして、不思議なもので、ちゃんとパチリと目が覚める。目覚ましなんてかけていなくたって、ちゃんと目が覚めた。

時間はまだ真っ暗な午前3時半過ぎ。外はかなり激しく雨の降っているあいにく(?!)の天気だったけれど、カッパの上を着込み、そのまま雨降りのなかを車に乗り込み近場のポイントへ向かう。

今週末は、例のポッパーフロッグ(改)の待ちに待った実践投入の機会!。

4時過ぎに現着し、車のリアハッチからロッドを取り出しポイントへ向い、雨でかなりの水量と水流の勢いの増した流れ込みへポッパーフロッグ(改)を送り込む。

一投目は何事もなく、そのまま手元まで。そして、二投、三投と少しづつトレースするコースをかえてポッパーフロッグ(改)を繰り返し送り込む。

そして、勢いよく流れる流れ込みの少し先の緩衝域をかすかに視認し、そこへコースをかえての第四投目

約4mほど先を操作するポッパーフロッグ(改)をいきなりひったくるようにガツンと引き込み、食らいついてきたナマズ!

IMGP0443 (1).JPG

サイズは68cmでした。

IMGP0455.JPG

IMGP0470.JPG

やったね!、ポッパーフロッグ(改)での初ゲット!!

カエル(ポッパーフロッグ(改))でのナマズ釣りもいけるかも、ってそう認識できる一尾になったかな!。(笑)

このあと、車で移動しながら5箇所のポイントをピンポイントで打っていくと、6バイト2キャッチ1バラシ。

2尾目 48cm

IMGP0480.JPG

3尾目 55cm

IMGP0486.JPG

IMGP0493.JPG

面白いかもしれないね、ポッパーフロッグ(改)でのナマズ釣りって!

今回実践投入してみてまた新たな改良の必要なポイントも見えてきたこともあり、さらに改良を施しながらちょっとしばらくはこのルアーにのめり込んでいってもみようかなと思えた、“先ほどのナマズ釣り”でありました!。(笑)

IMGP0498.JPG

IMGP0475.JPG

おまけ

IMGP0334.JPG

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ポッパーフロッグ (改) スイム確認! 他 [Mチューンフロッグの軌跡]

今週末のナマズ釣りに向けた新規チャレンジ・ルアーのポッパーフロッグ(改) 

先日の夜の雨の中、まずは一度チャレンジということで実戦投入してみたんだけれど、結果は2バイトながらもノーフィッシュの結果に。

ひとつ失敗したのは、まず現地について、いつものルアーのように発光体(今回はピタホタル)を付けようとしたら、ポッパーフロッグの素材がゴムなので両面テープが貼りつけられず、結局暗闇の中を視認できない状態でやらざるを得なくなってしまったこと。

ポッパータイプのフロッグなのでいろいろとアクションも加えてやってみようと思っていたんだけれどね、今回はメクラアクションみたいな感じでの実戦になってしまいました(泣)。

(でも次回に向けた装着方法をどうしようか?。今、いろいろと思案中・・・。笑)

せっかくの雨の中でのナマズ釣り、なんとか1尾は釣りたいなぁということで、選手交代!(やれやれ・・・)、いつものレギュラー陣を使ってとりあえず流れ込みのポイントで1尾をキャッチ。

IMGP0296.JPG

サイズは54cmでありました。

 

さて、今回のタイトルの「ポッパーフロッグ(改) スイム確認!」ですが、

こんな感じでちょっとやってみました!(笑)

IMGP0352.JPG

IMGP0400.JPG

水に浮かべて、少しアクションかけてみて、そしてナマズの身になってみて(笑)、水面に泳ぐポッパーフロッグ(改)を見てみると、まあ、なんともカエルそっくりに見えてきて、いかにもの白っぽさ、ふっくら感、ぷにょぷにょ感、そしてシルエットが、ゴクリと生唾飲み込みたくなるような(あっ、あくまでもナマズの身になってみて、ってことですよ!)、いい感じではありませんか!!(笑)

スイムテストと水中からのシルエット確認、まあ、いいんじゃあないの!、って感じで、次回また実践にて継続検証だね!。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ポッパーフロッグでナマズ チャレンジ! [Mチューンフロッグの軌跡]

一昨夜釣り上げた65cmのナマズが、偶然にも足を伸ばした状態での全長約12cmほどのトノサマガエルを目の前で吐き出し、以来、「ナマズとカエル」の食性に関わる関係式が自身のなかで今、にわかにクローズアップ!

さっそく近所の釣具屋(某(?)キャスティング)へと走り、店内でけっこう品揃えしているフロッグ系のルアーの中からいろいろと選択し買ってきたのは、結局、直感でビビッとくるものがあった(笑)、この暗闇の中でのナマズ釣りにも高いアピール性の期待できそうなポッパータイプ仕様で、そしてトノサマガエルの腹部の白さもアピールできそうで、また好みのスケルトンカラーでもあるこのルアー ↓

IMGP0253.JPG

  • POPPER FROG #59 スケルトンチャート 
  • Length:6cm Weight:18g

そして、さっそく、最近のマイ・トレンドのサクラマススペシャルS-61 ↓ をひっぱり出してきて、

IMGP0266.JPG

このフックをダブルで装着させるチューンを施し、おまけに“お約束”の金ぴかブレードも付けてみたりして、

IMGP0261.JPG

サクッと、こんな感じに仕立ててカタチにしてみました。(笑)

今までにフロッグタイプのルアーを買ったことも、ましてや使ってみたこともないんですが、一昨夜のナマズが吐き出したトノサマガエルのイメージが自身の中でどんどんその存在価値を高めていきつつある中で、その実証・検証に今回のこのポッパーフロッグ(改)、さっそく今週末のナマズ釣りに実践投入してみようかな、って思っています。

「フロッグだからこそ釣れるビッグ・ナマズ」、「フロッグだけに反応するビッグ・ナマズ・・・」(どこかで見たことあるようなコピー!?)、そんなイメージを持って、ね!!。(笑)

→続編「ポッパーフロッグ(改) スイム確認 他」へ続く

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ナマズの食性!(今晩の捕食物) [Mチューンフロッグの軌跡]

日付の変わった7月4日の水曜日。

今日は年に一度の定期検査のための通院で、会社は有給休暇を使ってのお休みに。

ということで、

まあ、ちょっとだけ行ってくるかぁと、先ほどのAM2:00に家をでてAM2:25に帰宅した時間帯で、近所の川のポイントへナマズ釣りに。(笑)

まあ自分なりのひとつのスタイルの、お気楽ナマズ釣りの典型パターンなんだけれど、今さらながらにこんな感じでナマズ釣りが楽しめちゃうというのも、ホントに嬉しい限り!

そして、外はナマズ釣りには絶好のシトシト降りの雨。カッパもいらないくらいの小雨模様なので、これまた湿気の高い夜にはありがたい。

そして、現着して、1投目からバイトがあっての3トライ目できた今晩の釣果一発!

IMGP0229 (1).JPG

先日のナマズから4cmサイズアップの65cmナマズ。 (★上州屋川越店ナマズダービー2012エントリー予定/ストック 2-①)

そして、深夜のシトシト雨降りの暗闇の中、ひとり今宵の釣果に嬉々としながら写真を撮っていると、なにやらナマズの口の前方に白っぽい物体の存在が・・・。

よくよく目をこらして見てみると、なんとそこには3種類の、たった今釣り上げたナマズが吐き出した捕食物が!。

(↓↓↓ (注)気持ち悪いのが苦手な人は見ないでくださいね!)

IMGP0242.JPG

トノサマガエルに、ミミズに、そしてカエルの頭の先になにやら黒くて幅広の、これはたぶんヒルかな。以前小魚を吐き出したのは見たことがあったけれど、カエルをはじめ、この3種類をいっぺんにというのは初めてだね。

ためしに、カエルをひっくり返してみたのがこちら↓↓。少し消化されはじめている状態でありました。

IMGP0243.JPG

ちなみにカエルのサイズを測ってみると、足までいれて全長約12cmってところ。

IMGP0244.JPG

たぶん、釣り上げたナマズの腹がよくパンパンなのは、きっとカエルとか小魚とか、なんでもかんでもいろいろなものがびっしりと詰まっているからなんだろうね、きっと・・・。

そんなこんなで、

今宵のナマズ釣りはそこそこのサイズが釣れてくれたのと、そして面白くて貴重な、リアルな捕食物が見られたのとで、なかなかにおもしろい時間を過ごせたひとときになりました!。(笑)

(追記)

さて今晩の睡眠不足は、病院までの片道約2時間の電車の中でじっくりと取ることにしよう、っと!。(笑)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:日記・雑感
- | 次の20件 Mチューンフロッグの軌跡 ブログトップ