So-net無料ブログ作成
ナマズ釣行(2011年) ブログトップ
- | 次の20件

ナマズはサイトフィッシングもまた面白い! [ナマズ釣行(2011年)]

ナイトフィッシングでのナマズ釣りは自身の中で相変わらずの主流だが、最近密かに(!?)早朝の明るくなってからのサイトフィッシングでのナマズ釣りにも魅力を感じている。

ときどき休日の早朝にぶらりと釣りに行く、ちょっと小高い川岸をもつ川幅3mほどの流れのポイントがあるが、ここにくるとまず川の上流に向かって歩いてナマズを見つけることから釣りを始める。

小高い川岸はだいたい水面から10mほどの高さにあり、この位置からだとまず魚に気づかれることなく目視で水中をよく観察できる。

流れにはいつものことながら、まず40~50㎝サイズの鯉たちの泳いでいる姿を目にすることができるが、その鯉たちとは明らかにシルエットを異にする魚をそのうちに見つけることができる。ナマズである。

だいたい一尾でいる姿を目にするのだが、早朝だからだろうか、この時間帯に発見できるナマズは結構オープンエリアに出てきていて、流れの上流に頭を向けて尻ひれをゆらゆらさせながら定位してるその全身の姿を目にすることができる。

ナマズが運良く発見できたなら、はやる気持ちを抑えつつ、すかさずルアーをアンダーキャストでナマズの鼻先1mほどのあたりを目がけて置きに行くように投げ込む。

水面へ着水と同時にほぼ100%(今までの経験上)の割合でナマズはルアーを目がけて素早く向かってきて、そして水面を泳がし始めたルアーにあの独特な捕食音を発してボコッ!!と貪欲に喰らいついて、ここからいつものまた強烈なナマズとのやりとりが始まる・・・。

まわりはすでに明るい中での釣りなので、その重量級の緊張感あふれる一部始終をダイレクトに目にすることができる。この一部始終をすべて目視しながら動作できるというところが、このナマズのサイトフィッシングでのまた何とも言えない面白さである。

いろいろとのめり込んで付き合っていくと、さらに広く、深く、楽しみ方やアプローチの仕方が厚みを増してくるナマズ釣り独特の世界がある。だからそこに気づきを多く持ててこれるようになると、ますますハマってきちゃうんだよね、このナマズ釣りに!(笑)。

↓早朝のサイトフィッシングで釣れた65cmのナマズ。こんなのがサイトフィッシングで釣れてくるから面白くてたまらない!。

P1040520.JPG

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新潟出張で約700km走行したあとに、釣りに行く?!(苦笑) [ナマズ釣行(2011年)]

昨日の昼前から今日にかけて、仕事で一泊二日の新潟出張へ行ってきた。移動の手段はちょっと迷ったが、別口の用事もあったので結局新幹線ではなく車で行くことに。

まず一日目の往きは関越道の始点から一路いっきに約4時間をかけて新潟へ北上。新潟西ICで降りて目的のとあるスーパーの店舗へ向かい、改装のための商品撤去作業(というものがある)を17時から20時半過ぎまで実施。

そしてこの日はある人の送別会も予定されていたので、宿泊先のホテルにチェックイン後再び会場の居酒屋へ向かい、総勢30人ほどで楽しく23時過ぎまで飲食。

その後、各自めいめいに散会したが、小腹がすいていたのでホテルに戻る前にラーメン屋で野菜たっぷりのタンメンとぎょうざ一皿を注文して食べる。(メタボなのに・・・笑)

二日目の今日は朝8時に再び昨日と同じ店舗に集合し、今日は商品の陳列作業(というものもある)を実施。次から次へといろいろな作業がまわりまわってくるのでこなし、そしてやっとお昼の12時過ぎに終了。

そして再び高速道路を使っての帰路へ。

せっかくなので(!)帰りは福島県経由の磐越道&東北道の別ルートで埼玉へ向かう。

帰路はやや距離が長く約350kmほど。さすがに二日間にわたる肉体労働(プラス送別会の酒も!)の疲れもあって、帰りは往きほどに一気には走り続けられず途中途中のSAやPAなどで休憩を取りながらの走行に。結構時間もかかり、結局帰路はなんだかんだと6時間弱ほどかかってやっと自宅に到着して、今日の仕事は終了に。

こんな感じの今回の新潟出張。とにかく車で行ったので、実際の総走行距離は約700km、運転に要した時間は約10時間プラスαで、本当は疲れもある筈なんだからあとは風呂にでも入って自宅でゆっくりとすればいいものなのに、夜、ほんの一時間ほど、ナマズ釣りに行ってしまいました(苦笑)。

それでこの日の釣果。

1尾目。

P1040515.JPG

そして、小さいけれど2尾目。

P1040517.JPG

今日はこの2尾で終わり。

平日は行かないんだけれどね、ましてや出張のあったこんな日には。でも、行ってきてしまった今回。そんなにもナマズ釣りって行きたいものなのか?、って、我ながら自問自答やら苦笑やら・・・。

のめり込む奥深さ(!?)、深遠さ(!?)、魅惑・誘惑(!?)、そして、訳のわからなさ(!!!)。そんな!?やら!!!などをまた感じてしまった“今日のナマズ”でありました。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スーパーへ買い物行く感覚でナマズ釣り [ナマズ釣行(2011年)]

三連休の〆はちょっと近所のスーパーへ買い物行く感覚でナマズ釣り。車ですこし走ればすぐにナマズが釣れる環境なので、ついついそんな感覚で行けちゃうところがなんともいい。

台風の大増水もこの夕方にはすっかり納まり、この時期ならではの減水期の川の様相に。

落ち着いた雰囲気の川にはそこかしこにナマズの気配。そして、ここぞというポイントをルアーでトレースすると、けっこうな割合で確実にバイトが。

まあ今回は週末〆の、近所のスーパーへの買い物感覚のショートフィッシング。明日からまた仕事なのでほどほどに・・・。

そんなこんなで今日の一尾。63cmの元気な本流筋のナマズが釣れました。

さてさて明日からもまた仕事ガンバっていきますか。

P1040486.JPG

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あと2cmが・・・。 [ナマズ釣行(2011年)]

とりあえずの今週末9/23(金)のナイトゲームでの、先ほどキャッチした釣果。

2cm足りない68cmサイズ。

P1040477.JPG

別な角度から。

P1040481.JPG

まだまだ大増水中のいつもの川に勢いよく流れ込んでいる幅50cmほどの小さな流れ込みの合流ポイントにて。一投目は何事もなく、そして同じコースをトレースした二投目にガボッと一気に喰らいついてきた一尾。

暗闇から釣り上げてみてビックリ。頭がかなり大きく、胴回りもハンパじゃあない!。今度こそナナマル再来か!!、とまたまた期待に胸も鼻孔も膨らみかけたが、だがしかし、ちゃんと測ってみたらわずかに2cm足りない・・・。うぅぅぅ、悔しい(笑)。

もう少しなんだが、足りないものは足りない。やはりナナマルサイズのビッグワンはそう簡単には釣れないものだ。

でも、なんだかまたここにきてナマズの活性も上がってきているようだ。それに釣れるサイズも大きくなってきている気がする。夏の猛暑の過酷な条件下から、今まさに秋口へと移行している中で諸条件がいい感じでナマズの活性を上げているようだ。

チャンスだね!。

(では来春、あと12cmほど大きくなってからまたぜひ会おう!、元気でな!)

P1040483.JPG

追記

実は最近使っているルアーは、すべてスケルトン仕様でクリアータイプのカラーのものばかり。それも七色(!?)に輝いて見える反射板をボディーの内部に配置させたタイプ。そのルアーにケミホタル25を装着して使っている。

ゼンゼン科学的根拠があるわけでも、調べてみているわけでもないけれど、なんとなくね、釣れる気がするから信頼して使っている。まあ、よく使っているからそれなりに釣果に結びついているだけ、との見方もあるかもしれないけれど、直感だね。なんか釣れる気がするんだよね。

本当にそこに何かしらの必然性やら、機能、効果やらがあるのかどうなのか、ちょっといろいろと調べてみようかな。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

狩野川水系はナマズの宝庫!? [ナマズ釣行(2011年)]

この連休、お盆休みに帰れなかった地元静岡に暮らす親父の顔を見に、ふるさとの実家に久しぶりに帰省。離れて一人暮らしをしている親父がいろいろと心配だったが、とにかく顔を見ることができて、またいろいろと近況も直に聞くことができて、まずはひと安心。

今回はナマズ釣りをする予定はなかったのだけれど、いろいろと安心できたことも手伝って、実家の近く、里山に挟まれた立地の小さな田園地にちょっとした小川が流れていたので、夕暮れ時に軽い気持ちでちょっとだけ探りをいれてみることに。

この小川、一級河川で鮎釣りや河口でのメーター級のシーバスフィッシングでは名の知れた“狩野川”という名の本流に直接流れ込んでいる細流で、合流点からほんの1kmもさかのぼれば田んぼの脇の用水路になりそのうち山懐に入っていってしまう、そんな川幅2mほどの小川なんだが、しかし、“ナマズという魚はいるところにはいるものだ!”ということをまさに初めて実感した川となった。

ほんの短時間、ナマズがいるかいないかを探ってみるといった程度の試し釣りのつもりだったのだが、蓋をあけてみれば結果として65㎝ナマズ1尾に、50㎝台を4尾、それ以下の小さいのも含めて計13尾のナマズをキャッチ。

その他に60cm台級2尾のバラシを含めて(って、やれやれ、釣って写真に収めていないからにわかには信じられないよね、ホント・・・(苦笑))、他にも相変わらずの多くのバラシもあったから、相当密度濃くナマズが生息している小川だった。

釣りをした距離はだいたい200m区間ほど。きっと水中をのぞき見ることができたなら、そこかしこにナマズが!の状態だったに違いない。

たぶん、この小川ではナマズのルアー釣りを楽しんでいるような釣り人は、ひょっとしたらいないんじゃあないかと思えてきてしまったほどだった。

それにしても、いつもの埼玉のフィールドではこんなに釣れたことなんてなかったから、それがここ静岡の実家の近くでこんな素敵な場所(!)があったなんて、まさにうれしい驚きだった。

いままでの子供時代、狩野川では上流域のアマゴ釣りにはじまり、フナや鯉、オイカワやハヤ、そして河口域のシーバス釣りまでと、いろいろな魚を対象に釣りを楽しんで過ごしてきた川だったんだけれど、なぜかこのナマズとはまったくの“縁”がなかった、不思議なくらいに。

こんなにも身近に生息していながら、この自身の釣りの対象魚として今まで一度も関与をもたずに、また持たせずに、この年になるまで完璧にその存在を秘めていたナマズ。今さらながらに“出会いの縁”の不思議さというものを感じる(笑)。

この狩野川、きっとナマズの宝庫(注:あくまでも今回ふるさとの川で自身が感じた直感だが)に違いない。いろいろな流れ込みの支流や細流に絶えずナマズを送り込む“母なる供給源”となっているだろうから、地図をみたり、グーグルアースで広範囲にリサーチしてみたりしてあらたなポイント探しというものも楽しそうだ。

これから静岡の実家に帰るときには、当然のようにナマズ釣りも“必須”になるね、きっと。(笑)(ちょっと距離があるのがたまにきずだけれどね。体力と気力、大丈夫か!!?。(涙))

まずは50cm未満のオチビナマズたち。このサイズも結構いるポイントだったのでやっぱり豊かな環境なんだね。ミニサイズのジッターバグ買ってきてULタックルでやってみたらこれはこれで面白そう!。

プレゼンテーション2.gif

ついで50cm台のナマズたち4尾連発!。 このサイズが出ればまずは「今日のナマズ」としては満足だね!。

P1040406.JPG

P1040420.JPG

P1040423.JPG

P1040432.JPG

そして65cm級のナマズ1尾。落ち込みへの着水バイト一発で。もしや先日釣ったナナマルの再来か!と一瞬思っちゃったんだけれどね5cm足りなかった。期待感大きすぎだよ、全く。そうそう釣れる訳がない・・・(笑)。

(前述したが同じサイズの2尾のバラシ、やっぱり悔しいな。足場の高いところでナマズと対峙するんだったら玉網は必須なんだなぁ。)

P1040427.JPG

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

まだまだ未熟者・・・ (立て続けにルアー無くす) [ナマズ釣行(2011年)]

水位がガクンと減ったこの時期からの川でのトップウォーターで狙うナイトゲームのナマズ釣りは、ナマズの付いていそうなポイントが至る所に現れてくるために釣りやすくなる半面、今まで水中に没していて影響のなかった木の棒やらビニール袋、ズタ袋などのさまざまなゴミの類が水面に顔を出したり水面スレスレのところに存在したりと、結構やっかいなフィールドの要素も併せもつようになる。

とにかくちょっと油断していたり、注意力散漫なままに(眠かったりしてしようがない時もあるんだけれどね)ルアーを引いていたりすると、とたんにフックを引っかけてしまい、結局ロストしてしまう。

また、あまりにもタイトに狙ってキャストしたりしすぎていても、結局何回かやっているうちに引っかかってしまい、これまたロストしてしまう始末。

今使っているナイロンラインを止めてPEラインに替えれば、たとえ引っかかっても回収できる率はそれなりに高まるかなと思わない訳でもないのだが、いかんせんまだナマズ釣り二年目のビギナー。

ベイトリールを使い始めたのもこのナマズ釣りからとあって、最初の頃に釣具屋の店員さんに“暗闇でPEラインのバックラッシュをおこしちゃったら、まず直せないよ”と脅かされた(!)記憶もまだあるなかで、まだPEラインへの踏ん切りがつかずに相変わらずナイロンラインでの釣りを続けている。

まあ、ラインがどうのこうのというよりも、それ以前にまず暗闇のナイトゲームであろうともいかにルアーを障害物などに引っ掛けないで釣りをするかが一番の肝心なところなんだろうけれどね。

できれば颯爽と、スマートに週末のナイトゲームでのナマズ釣りを楽しみたいんだけれど、ときには今日みたいに暗闇の川辺でいろいろなゴミやら樹木やら、はては護岸用によく使われている金網のフェンスなどに一瞬にしてガチっとフックを取られたルアーの回収に、週末なのに余計に体力を消耗して汗だくになって悪戦苦闘している姿の自分・・・。

今週末の今日のナマズ釣り、2時間ほど川でやっていてナマズを3尾までゲットできたんだけれど、立て続けにルアーを3個もロストしてしまいこころが折れてしまって、後ろ髪ひかれる思いもあったけれど結局中途半端なままに今日のナマズ釣りは終了。

なんともまだまだ未熟者だよね。

P1040381.JPG 

とりあえず一尾目。川岸すれすれに立つコンクリ杭のすぐ脇をトレースした瞬間に、小気味よくバッフッと出てくれた一尾。

P1040387.JPG

そして二尾目。なかなか出なかったポイントで、ちょっと範囲を広げて扇状にキャストを繰り返し、イメージではルアーの発する音と振動で広範からやる気のあるナマズを引っ張り出してきて食わせた、って感じでヒットした一尾。

P1040393.JPG

そして今日はそれなりに釣れそうだと思い始めた頃に、びっくりするような大きな捕食音を発して釣れた三尾目。捕食音を耳にした瞬間、お!でかいか!?って思ったんだけれど、あらわれたのはオチビさんでした。

そしてこのあとすぐに3個目のルアーもロストしてしまい、なんとかスレスレで保てていたココロだったけれど、ポキっと折れちゃいました。もう少しやっていたかったんだけれどね今日は。やれやれ、だったなぁ。(苦笑)

(もう少し広々としたフィールドでナマズ釣りできるところがあればいいんだけれど。このあたりではまだ自分自身で開拓できていないので、次のステップでのテーマだね。)

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夏から秋へ ポイントの切り替え [ナマズ釣行(2011年)]

ちょっとした新しいポイントにて今週末ナマズをキャッチ。夏から秋への環境の変化にあわせようとポイントを少し切り替えてやってみたら釣れました。

川によってはこの時期、このタイミングで、周辺の田んぼへの用水がなくなり、一気に川の水位が40-50cmも減少してしまった身近なフィールドも多く、先週まで釣れていたポイントが今週は無くなっていたり・・・。

ナマズにとって住む環境の激変に近い変化がどう影響し、それに対して釣り人はどう回答を導き出して対処していくか。

いろいろと変動要因があるナマズ釣り。この変化に対しての仮説と検証も、ナマズ釣りがより面白くなるひとつの要素だよね。

(あいかわらず子ナマズばかりですが、一尾目)

P1040321.JPG

(二尾目)

P1040322.JPG

ところで、ナマズ釣りを始めて最初の一尾をキャッチしたのがちょうど一年前の八月の下旬頃。ナマズ釣りのシーズンを四季おりまぜてやっと一巡して経験している最中ですが、ただ、まだまだ経験不足、生の情報不足。

季節の変化、環境の変化、それに合わせた身近にいるナマズの行動の変化等々の情報がまだまだゼンゼンです。なので変化に対応したタイムリーな戦術、具体的メソッドの考案がまだまだ稚拙・・・。

まあ、こればかりは経験を積んで情報を集めていくしかないので、ボチボチとやって行きますわ(笑)。

(追加の写真)

今回の子ナマズ、こんな魚を食べていました。体長は3cmくらい、タナゴの一種でしょうか?。どんな魚を釣るにしても基本のひとつは“マッチ・ザ・ベイト”。これも何かの参考になるかな。

P1040326.JPG

P1040328.JPG

ここでちょっとよこしまな発想が・・・。60,70アップのナマズを目指すのも面白いけれど、この時期だけのナマズ釣りの楽しみとして、ウルトラライトのロッドとミニトップウォータープラグの仕掛けの夜釣りで狙う子ナマズの繊細な数釣り、というのは?。もちろんシングルフックのバーブレス一本針で。吐き出したエサの“タナゴ”から連想した“タナゴ釣り”の影響かな。

いや、やっぱりそんな釣りは止めておこう!。そんなことを悠長にやっているときに限って、超ビッグナマズが気まぐれをおこしてアタックしてきたりするかも知れない、からネ。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ラバーチューンアップ、早くも企画倒れか!? [ナマズ釣行(2011年)]

P1040289.JPG

少し早くに帰宅できた先ほど、夜の9時30分に塾帰りの娘を駅まで迎えに行くことになったのをいいことに、ちょうど駅方向の途中にあるいつもの川へ寄り道して、先日試作してみた“ラバーチューンアップ”のキャタピーを試してきてみた。

塾帰りの娘を駅まで迎えに行ったのがそもそもの目的だったので、あくまでも時間にしてみればほんの30分ほどの“ついで釣り”。(って、なんか言い訳めいてきたぞ!)

結局、期待の“チューンアップルアー”はその真価を発揮してくれることもなく、その秘めた可能性を感じさせてくれることもなく、一度だけ子ナマズらしきバイトがあっただけで、お約束の時間までにはゼッタイに駅まで向かわなければならない事情(!)もあり時間切れ終了。

でも短い時間だったとはいえ、なんだかんだ言ってルアーを引いてカバーした距離はしめて200mくらいはあったと思うのだが、しかしその水面下の範囲には今日はナマズはお留守だったというのか。(そ、そんな訳ある?!)

ま、まさか、親愛なるナマズを想ってこその“ラバーチューンアップ”だったはずなのに、実際は“完全逆効果”のもしかして暗闇の水面下では一目散に逃げ散るナマズたちだったのか?、あるいは完全無関心、ピクリともしなかったナマズたちだったのか?。

うーん、なにやら複雑な人間社会の現実・厳しさをも感じさせるような、この日のファーストアタックの手ごたえの無さ。

ラバーチューンアップ・コンセプト”、早くも企画倒れか!?(笑)。

 にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

待ちに待った金曜日の夜は雨にも負けず。 [ナマズ釣行(2011年)]

いやー、やっとめぐってきました週末、金曜日の夜、ゴールデンタイム。

人によっては金曜日の夜なんて、それはそれはいろいろな過ごし方、楽しみってあるでしょうけれど、わたしは迷うことなく“ナマズ”。以前はともかく今は“ナマズ”。これでゼンゼン問題ありませんです、はい(笑)。

大好きなお酒は前々日の予定は仕事が終わらず泣く泣くキャンセルでしたが、前日木曜日の夜には職場の仲間たちと終電の時間まで楽しく飲んできましたので、これも問題なし。

そんなこんなでやっと迎えた今週金曜日の夜、にもかかわらず、さあこれからゴールデンタイムとなるはずの夜なのに、迎えたこの夜は無情にもしとしと降り続く雨、雨、雨・・・。

そういえば昼間、仕事で都内の日本橋界隈にいて、そして突然襲ってきた局所的集中豪雨。商談を終えて近くの青空パーキングへ向かっていたその時、まさにそのシーンの真っただ中にこの身を置かれて、バケツの水を横殴りにひっくりかえしたような集中豪雨になすすべもなかった自分。傘持ってたけどほとんど関係なかったから、あの雨には・・・。まあ、昼間にこんな目にあっていれば、その夜もこんな感じでしれたもの

でもやっぱり、一週間の疲れがたまったこのからだでも昼間ずぶ濡れになったこの身でも、しっかりナマズ釣りに行ってきました。

もちろん雨降る夜の川の恐ろしさは身に染みて分かっているので、今回は安全最優先のポイントへ。最初はカッパに身をつつんでやっていたけれど、そのうち蒸れてきて表も裏も訳わからなくなってきたので途中から思い切ってカッパを脱いじゃいました。

そばにある人家の住人もみな寝静まっているだろうとはいえ、雨降る漆黒の闇夜の川岸で、ときどき、・・・・“よっしゃっー!、やっぱりいるじゃん!”、・・・・・“あああっ、クソっ!!、なんでだよぉ~”の声とともに、時間のたつのも忘れて一途にナマズと遊んでいる釣り人に、はたからみたらヘンな人に映ってしまうかもしれないそんな姿の人に、まさになっていた自分でした。

P1040256.JPG

1尾目。かわいいサイズが最初に来てしまいました。おなかパンパン!。

いくつかバラシて、川を変えて、

P1040263.JPG

P1040261.JPG

同じ魚です。2尾目のナマズ。

結構フッキング失敗ばかりのこの日でした。まだまだだなぁ~。

 

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村
nice!(0)  トラックバック(0) 

それにしても渋すぎ・・・ [ナマズ釣行(2011年)]

ナマズ釣りは週末ごとに訪れる自分にとっての貴重な機会。

平日心身ともに仕事でヘロヘロになりながらも、週末になればまたナマズを釣りに行けると思えるとこれが何とか乗り切っていけるから不思議。結構この構図が今の自分のいろいろな支えになっていたりしているところもあるから思わず苦笑してしまう。

神経を集中させ張りつめた暗闇の静寂のなか、とつぜん水面を割って躍動するあの衝撃とスリル。そして驚くほど大きなサイズのナマズにまた驚き、歓喜。

おいおい、こんな刺激的な釣りの世界がこんな身近なところにあったのかよ!?、って・・・。
この感覚もナマズ釣りの魅力のひとつ。

でもまだまだ悲しいかな、毎週末、夜な夜なナマズを求めて釣りに行っていると、ときどき“不安”も胸によぎったりするから困ってしまう。夜のナマズ釣り=得体のしれない迷宮に入り込んで戻れなくなってしまうのでは、って・・・。

ちっぽけな不安だよねこんなの。
そんな不安、微塵にも感じなくてもすむようなナマズの魅力をもっともっと知りたいね。まあこれからかな(笑)。
ポイント移動して5か所目でやっと来た一尾。でもちっちゃ!
ポイント移動して5か所目でやっと来た一尾。でもちっちゃ!

さらにナマズを求めて移動してもう一尾。でもちっちゃ!。渋すぎる・・・。
さらにナマズを求めて移動してもう一尾。でもちっちゃ!。渋すぎる・・・。

 にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


nice!(0)  トラックバック(0) 
- | 次の20件 ナマズ釣行(2011年) ブログトップ